Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー岡田麿里(監督・脚本)(Rooftop2018年2月号)

『さよならの朝に約束の花をかざろう』
100%というのは挑戦することで達成できるもの

2018.02.01

  『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『凪のあすから』など数多くの名作を世に送り出してきた脚本家「岡田麿里」。「100%の作品を」ということで脚本だけでなくアニメーションでは初めての監督を手掛け制作された、映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』。美しく澄んだこの世界や愛・繋がりを描いた今作はどのように産まれたのか。その一端を伺いました。[interview:柏木聡(Asagaya/Loft A)]

C061_01.jpg


当たり前だけど100%にはならない

——P.A.WORKSの堀川(憲司)さんから「“100%の作品”をやってみないか」ということで始まった『さよならの朝に約束の花をかざろう(以下、さよ朝)』。当初は脚本での依頼だったと思いますが、監督も兼任されることになった経緯を伺えますか。

岡田:仰る通り、私は脚本担当で監督は別の方にという予定でした。監督をしていただく予定だった方にプロットなどを見せてお話をしているときに、その方から「自分だったらココをこうしたい」という話をされたんです。そこはそれほど大きな部分ではないんですけど、自分の中では結構大きく変わってしまうところがあったんです。でも、それは脚本として関わるということではよくある話で。

——妥協というわけではないですけど、共有していくために変更しなければということがありますよね。

岡田:そうなんです。特にアニメはそのパートを担当される方にその時のキャラの感情も含めて状況を説明していかないといけないので、そういった時に監督が納得していないといけないんです。なので、直すことにはそれほど意識はなかったんですけど、堀川さんが「それでいいんですか」みたいなことをおっしゃられて。

——そうなんですか。

岡田:その時は譲った形でも面白いんじゃないかなと思っていたんです。ただ作品の企画自体がすぐには通らなくて時間がかかってしまったんです。そのうちに相談していた監督が別作品でのお仕事が忙しくなって時間を取れなくなってしまって、その時に「100%って言われたけど、当たり前だけど100%にはならないんだな」って思ったんです。

——そうですね。誰かに監督に入っていただくということですと。

岡田:その頃に『さよ朝』で副監督に入っていただいている篠原(俊哉)さんやよくいっしょに仕事をさせてもらっている長井(龍雪)さんから「監督やってみれば」という話をされていて、たまたま合致してしまったんです(笑)。

——それは運命だったんですよ。

岡田:緊張しながら堀川さんにお願いしたところ、驚いていましたが条件付きでO.K.をもらえたんです。その条件が劇場作品です。

——その条件が劇場作品というのも凄いですね。

岡田:印象的には劇場の方が難しいんじゃないかと思われることも多いんです。ただ、今回は助けてくれる方がたくさんいたのと、劇場であれば製作期間も長く取れるので、その間に勉強しなさいということもあったのかも知れません。最初にその条件をもらった時にビビってしまいましたけど。

——自分からの発信ではあったけども(笑)。

岡田:そうなんですよね(笑)。自分で監督もすることで、アニメという共同作業の世界では個人の100%というのはあり得ないんですけど、100%望む形には近づきました。参加してくれたスタッフのおかげですね。

 

01.jpg02.jpg

 

子供のころに市民会館で観たような作品

——作品のアイデアは元から温められていたものだったんですか。

岡田:書いてみたいなと思っていた作品です。

——私の中で岡田さんのオリジナル作品は現代劇のイメージが強かったんですが、今回はファンタジー作品だったことが意外でした。この世界感にしようと思ったのはなぜですか。

岡田:もともと、ファンタジーが好きというのもありますが、子供のころに市民会館で観たような作品をやってみたいなと思ったんです。そういった作品は基本ファンタジーだったなと。自分が心を飛ばせる世界・想像しないといけない世界に、自分が好きなキャラクターの気持ちや感情の話を盛り込めたら不思議な手触りになるんじゃないかなと思ったのもあります。

——ファンタジーにしたのは原体験からなんですね。それも含めて100%の作品と。

岡田:100%というのは挑戦することで達成できるものだと思っていて。

——自分の創作意欲を盛り上げるためには大事なことです。

岡田:単純に好きだということですけどね。それこそ、ゲームも好きなので。吉田(明彦)さんにキャラクターデザインをお願いしたのもファン心理です。すごく素敵な絵を描いていただけたので、吉田さんの絵ならこういう話にしたいという、こういう性格にしたいというのもありました。

——本当に透き通った世界観ですてきでした。設定ではイオルフの民が織物に記憶を折り込むという設定がオタク心をくすぐって面白かったです。

岡田:マキアとエリアルのふたりを追っていく物語ということで、彼らの記憶をどんどん紡いでいくということで布というのもありますが、外の世界からは切り離された中で生活している中に塔がある世界にしたいと思ったんです。そこで布がかかっていたら綺麗だなと思って。

——ビジュアル的な意味もあったんですね。

岡田:ここまで映像を意識して脚本を書いたことをなくて。オリジナルのファンタジー作品なので、最初は自分にしか答えがないので不安でした。ただ、スタッフの皆さんには「監督のオーダーに答えるためにいるんです」と言っていただけて頼もしかったです。本当にスタッフに恵まれました。

——初めて完成した作品を見たときはどうでしたか。

岡田:すごかったです。自分で言うのもなんですが(笑)。

 

03.jpg04.jpg

 

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』

2018年2月24日(土)全国公開! 

監督・脚本:岡田麿里/アニメーション制作:http://P.A.WORKS

 
haku
lpo