Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューほのかりん(Rooftop2018年1月号)

失敗も挫折も音符の肥やしにする2018年注目のダークホース

2018.01.04

悲劇のヒロインみたいな歌を唄う段階じゃない

──「東京」はりんさんが東京の街中を歩くMVもとても良かったのですが、『ミスiD 2018』の自己紹介映像で唄った弾き語りの「東京」が個人的にグッときたんですよね。

りん:あれはすごく反響が大きかったです。でも、緊張しすぎてめちゃくちゃ速く唄っちゃったんですけどね。

──むしろあの速さの弾き語りバージョンを音源化していただきたいくらいの出来だと思うんですけど。

りん:実はそういう話もしてて、あの弾き語りのほうが好きだった人も多いみたいなんです。でも、今度出すアルバムには入れないかな。

──バンド形態とは別に弾き語りのライブもいけるのでは?

りん:それは路上でやります。まだそういうのをやる段階じゃないっていうか、スタンスを探してる部分があるんです。自分をどう見せたいのか定まってないところがあるし、つくってきた曲がどれもバラバラなのもあるんですけど。

──そのバラバラな曲のなかに他にどんな曲があるのか、アルバムが楽しみですね。

りん:実はすっごい好きな曲があるんですけど、それはアルバムには入れません。

──大好きな曲なのに?

りん:いつか出せるまで待とうと思って。絶対にいまじゃないんですよ。自分が好きすぎて、もったいぶっちゃうくらいの曲だから。

──そこまでもったいぶると、ファンの方は余計に聴きたがるんじゃないですか?

りん:たしかに。それは「残念だったな!」って感じで(笑)。あと、「メトロ」も絶対にアルバムに入れないし、配信もしない。…って勝手に思ってますけど。

──では、いま聴かせたいのはどんな曲なんですか。

りん:うーん。私はもともと悲劇のヒロイン型なんですよ。だからそういう歌が好きだし、そういう歌を唄うのも気持ちいいけど、でもいまじゃないって思う。このあいだライブで唄った「Envy」は、歌詞はちょっとあれだけど、メロディや曲調はポップでかわいいし、そういう曲をいまは聴かせるべきだと思ってます。

YY1A6730.JPG──ご自身を冷静に客観視できているからそういう発想になるんですかね。

りん:どうなんでしょうね。感情のままに突っ走っていっちゃうタイプなので、もしかしたら「やっぱこれ!」って好きすぎる曲を出しちゃうかも。まぁそこはスタッフさんと相談ですけど、私が見てるものとスタッフさんが見てるものは絶対に違うと思うので。でも、何にせよ自分が届けたいことは同じなんで。

──いちばん届けたいものとは?

りん:私は感情を殺すために音楽を聴いてたし、歌を唄ってたんですよ。いつも感情とともに音楽があったんです。嬉しかったら嬉しくて唄うし、悲しかったら感情を殺すために唄うし、怒ったら怒らないために唄う。そういう生活をしてきたから、音楽で仕事をする発想がなかった。だから私の歌もそういう感情のひとつとして聴いてほしい。

──耳障りの良いポップソングにはなり得ないと。

りん:なりたいけど、たとえば「メロンソーダ」は喜怒哀楽でいえば「怒」なんですよ。「東京」は「哀」。

──「東京」には「愛」もありますよね。待ちわびる相手に対する。

りん:やさしいんですよ、私(笑)。やさしいところが出ちゃいました。

──生きる糧として音楽を聴いてきたから、りんさんのつくる歌もそれと同じように聴いてもらえたら嬉しいということですね。

りん:そうですね。私自身がニュートラルであるために音楽を聴いていた感じだったので。ハッピーになるための曲より、辛い時に聴いて辛い気分がなくなるような曲をつくりたい。

──『ミスiD 2018』のグランプリ発表イベントで「死ななくて良かった」と発言して、後日、ツイッターで「生きること、それが簡単にできるよって死にたいみんなに伝えたかった」と発言を補うようにつぶやいていましたが、そういったことを歌を通じて伝えたい気持ちはありますか。

りん:どう伝えたって死にたい人は死にたいし、歌で止められるものなら止めたいけど、生きる道を見つけるのは絶対に自分にしかできないことだから。そこを重点にしたくないですね。

──月並みですが、今年はどんな年にしたいですか。

りん:ブレがひどいから、ちゃんとした軸を持ちたいです。あと、悲しい曲をつくりすぎたっていうのもありまして、やっぱりそういうのが好きなんですよね。あまりに重すぎの曲は歌詞を変えましたけど。自分はマイナスの感情から曲を書くんですけど、そのマイナスをどうマイナスっぽく見せないかをいま頑張ってるところなので、それも今年の課題ですね。

 

このアーティストの関連記事

1st Degitalsingle
メロンソーダ

2017年9月20日発売
¥250
レコチョク、iTunesで配信中

2nd Degitalsingle
東京

2017年10月18日発売
¥250
レコチョク、iTunesで配信中

LIVE INFOライブ情報

新宿LOFT PRESENTS『バッテキ!第12話』
出演:ほのかりん / 吉川友 / Over The Top / おやすみホログラム / 篠崎愛
2018年1月15日(月)新宿LOFT
OPEN 18:00 / START 18:30
前売 3,000円 / 当日 3,500円(共にドリンク代別)
チケットは、ぴあ(Pコード:102-414)、ローソン(Lコード:74364)、イープラス、新宿LOFT店頭にて発売中
問い合わせ:LOFT 03-5272-0382

The Mash企画『ファーストツアー中間企画っ』
出演:The Mash / ほのかりん / 虎の子ラミー / 羊文学
2018年3月3日(土)下北沢DaisyBar
OPEN 18:00 / START 18:30
前売 2,300円 / 当日 2,800円(共にドリンク代別)
チケットは、ローソン(Lコード:73213)、イープラス、DaisyBar店頭にて1月20日(土)より発売
問い合わせ:DaisyBar 03-3421-0847

haku
lpo