Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー景夕&タイゾ(Kra)×結&LiN(ユナイト)【完全版】

新宿LOFTの40周年企画で11月15日に2マンを行なうKraとユナイトのスペシャル座談会を決行!!ついに全文公開!

2016.11.11

音楽に興味を持ったきっかけ

——みなさんが音楽に興味を持ったきっかけは何ですか?
景夕:俺は、記憶が存在する一番最初の頃からピアノをいつの間にかやらされていて、ずっとピアノ人生だったのが嫌でしたね。アニメとか流行の音楽とかもあんまり聴けなかったし、知らなかったんで。友達同士で遊ぶようになって、中学生くらいになるとカラオケに行くようになるんですよ。俺も付いて行くんですけど、邦楽の曲を知らないんですね。みんなが歌ってるのを聴いて、「あっ、この曲いい!」っていうのをそこで覚えて歌って…。なんかこの話だけしてるとCDを買ってもらえないみたいな、すごい可哀想な感じですけど(笑)。元々知らなかったから欲しいものもなかったんですけど。そこでいいなって思ったのがLUNA SEAとかで、そこからヴィジュアル系に入っていきましたね。
——家で聴く音楽はクラシックばかりだったんですか?
景夕:そうですね。お姉ちゃんがTUBEとか聴いていたんですが、俺は音楽自体をあんまり聴いていなかったですね。「なんで1日のほとんどがピアノ漬けでやってる時間の中で、他の音楽を聴かなきゃいけないんだろう?」っていう感じはありました。
——本格的にピアノをやっていたんですね。ご両親も音楽をやっていたりですか?
景夕:いや、やってないんですよ。
——そうなんですね。景夕さんが小さい頃にピアノを習わせたら、「あっ、才能がある!」ってご両親が思ったんですかね?
景夕:そうみたいなんですよ。多分、習っていた先生のところで初めてコンクールで優勝した時くらいから。そこから先生もすごく厳しくなっていったんで。
——ピアノはいつ頃までやっていたんですか?
景夕:中学を卒業して、高校は遠いところまで通っていたし部活もあったので、その時は一時止めていたんですけど、高校を卒業する時に、「この先どうしよう…。ピアノくらいしかできることがないしな」って思って、音大に行こうと思ってたんですよ。実は芸大の先生のところに習いに行ってたんですよね。でもヴィジュアル系のインディーズが好きで仕方なくて、MALICE MIZERを観た時に、「俺、バンドやりたい!」って思って、急遽、デスクトップミュージック(打ち込み音楽)を習える学校に行きたいって思ったんです。そういう短大があるって聞いて、そこからこっちの方面に進んだんですよ。
——音楽への分岐点だったんですね。ではタイゾさんは?
タイゾ:元々母親がビートルズとかを好きだったんで、小さい頃から何気なく部屋で音楽が流れてたりしてたんですけど、自分でレンタルCD屋とかに借りに行くようになったのは、小学校3年くらいとかからですね。
——早いですね。
タイゾ:『ミュージックステーション』とか、ああいう音楽番組のランキングとかって、サビくらいしか流れないじゃないですか? 「この曲いいな」って思ったやつを、母親と一緒に近くのレンタルCD屋に行って借りてみたいな。当時はネットとかがなかったので、タイトルだけ覚えて「これかな?」みたいな感じで。だから目覚めたっていうよりは、普通に小さい頃から聴いてた感じですね。バンドに目覚めたのは、これもたまたまで、中学の時にテニス部だったんですけど。あ、おLiNと一緒だったんですけど。顧問の人がめっちゃ嫌な奴で、「辞めてやる!」って思って辞めたんですけど、友達はみんな部活やってるし、放課後が暇なんですよね。で、何となく家でテレビを観てた時に、母親に「ギター買ってあげようか?」みたいなことを言われて、俺はその時に他にやりたいこともなかったから、「じゃあ、安いやつでいいから買ってよ」みたいな感じで、初心者セットのエレキ・ギターを買ってからですね。
——お母さんの方からギターを買ってあげようかって、珍しいパターンじゃないですか?
タイゾ:そうですかね? 元々母親がアコギとか弾いていたみたいで、アコギは小さい頃から家にあったんです。でも触ったりすることもなく過ごしてきたんですけど、急に(笑)。
——嫌な顧問の先生ということでしたけど、その先生きっかけで、みたいな感じでもあるんですね。
タイゾ:そうですね。
——その先生がいなかったら、テニスの方に進んでたかもしれないですよね。
タイゾ:それはゴリラみたいな奴に任せます(笑)。そいつも一緒にテニス部だったので。
——3人はかなり仲が良かったんですね。では結さんは?
結:僕は、母親がピアノの先生をしていたので、小さい頃からずっと家で音楽が流れていて、自然と小学校に上がる頃には歌うことが好きになっていて、休み時間とかに1人でカセットテープを流して歌ったりとかもしていて(笑)。
一同:へー!
結:それで、母親がピアノの先生なのでピアノを教わることになったんですけど、僕の場合は母親が教えてくれていたのでやっぱり甘えとかが出てしまって、今では後悔してるんですけど、1年ちょっとで辞めてしまったんです。中学に上がって発表会とかがクラスであったりした時も、友達と2人で歌ったりして、歌はずっと好きできていたんですね。バンドを始めるきっかけになったのが、僕は高校の時にサッカー部で、ずっとサッカーをやっていたんですけど骨折をしてしまって、その時にサッカーが嫌になって一回部活を辞めたんです。当時、仲が良かった友達が軽音楽部で、一緒に帰りたくて待ってたから自然と軽音楽部の部室に行くようになって、ある時にボーカルがいない時があって「ちょっと歌ってみない?」って言われて歌ったら、バンド演奏に合わせて歌うのがめちゃめちゃ楽しくて、それからバンドやろうって決めて今に至る感じですね。
——そうなんですね。
結:俺、今すごいことに気付いたんですけど…。俺以外、みなさん音楽関係の専門学校に行かれてるって事実に気付いて、「すげー!」って思って。
タイゾ:何がすげーんだよ(笑)。
結:僕の場合はバンドをやりたかったけど、“働く” “バンドをやる” “大学に進学する”とかいろいろと選択肢がある中で、親に働くか大学に行くかにして、バンドだけの音楽だけでいけるなんて、そんなに簡単なものじゃないからダメって言われてしまって、悩んだ結果、とりあえず大学に進学して、その間に一緒にプロを目指せるメンバーを探して音楽をやってやろうって思ってたんですよ。だから建前上は、大学でいろいろ勉強したいって親には言ってたんですけど、そういう理由だったんで、みんなちゃんと音楽をやりたくて音楽の専門学校に行ってるのがすごいなって思いました、今(笑)。
景夕:でも俺も似た様な感じだったんですよ。音響学科っていう学科だったんですけど、デスクトップミュージックの授業以外はほぼ出ていなくて、その間にメンバーを探そうと思って見つけたのが、元AUBEの優一で、よく町田のスタジオに行ってましたね。
結:あっ、景夕さんも町田近辺だったんですね。
景夕:俺、その時は埼玉に住んでて。
タイゾ:遠っ!!
一同:(笑)
景夕:すごい遠いんですよ。スタジオに行くのに1時間半か2時間くらいかかって。で、それくらいかけて帰ってたので大変でしたね。そいつらとやって、「俺やっぱ、バンドをすぐにでもやりたい」って思って、あと半年くらいで卒業って時に「俺、もう辞めるわ」って言い始めたんですけど、親としたら大学を卒業させたいからそこで口論になり、俺が折れて(笑)。でも、優一とのバンドもその後すぐに辞めたので、結局は大学を辞めずに良かったなって。
——そうなんですね。ではLiNさんは?
LiN:バンドじゃなくて音楽はタイゾと一緒で、クラスのみんなが、突然音楽を聴き始める時期みたいなのがあるじゃないですか? その流れに身を任せてCDを借りに行ったりとかなんですけど、バンドってなると…。俺、バンドとバンド以外の区別とかは、分からないからしてなかったんですよ。みんなJ-POPっていう感じで。で、そのゴリラをきっかけに、タイゾと仲良くなって。
結:(ゴリラさんは)めっちゃ重要人物!(笑)
一同:(笑)
LiN:俺はテニス部を先に辞めてたんですよ。先輩に靴とかラケットをぶん投げられたりしていて。
タイゾ:あ〜、ありましたね。
LiN:すごい不細工な奴に。
一同:(笑)
LiN:「何だ、この世界は」って思ってすぐに辞めて、そうしたらタイゾも辞めて。で、タイゾの家に遊びに行ったら、X JAPANの曲をめちゃめちゃ弾いてたんですよ。その時に初めて生でギターというものを見て、さらに完璧に弾いてたんで、「こいつは何者だ!?」って思って(笑)。楽器ブームみたいのって来るじゃないですか? それを俺の周りではタイゾが一番最初にやってたんですよ。「これ、格好いい!」ってなって、お年玉かなんかでギターを買って。
——ギターを始めたきっかけは、タイゾさんですか?
LiN:そうなんです。
タイゾ:懐かしいね。黒のレスポールかなんかを買ったよね?
LiN:そう。とにかくX JAPANから入って、速い音楽以外は全部ダサイみたいな。
一同:(笑)
タイゾ:そういう時期あるよね。
LiN:速ければ速いだけいいとされてるみたいな。hideさんって、みんなから人気じゃないですか? 俺は、結構そういう所に行きたがらない性癖があるんですね。それでPATAさんがいいなって思って、PATAさんがレスポールを使ってたので、レスポールを買ってやってましたね。
タイゾ:気付いたら、モヒカンになってたんですよ(笑)。オレンジの。
LiN:なってないよ(笑)。
一同:(笑)
——本当ですか?
LiN:いやいや、そんな、やる勇気はないです。
——タイゾさんがなってたりとか?(笑)
タイゾ:いや、なってないです(笑)。
 
Kra_3.JPGユナイト_3.jpg
 
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

SHINJUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY 40YEARS×40LIVES
master+mind 〜Sense of Pulse #12〜
2016年11月15日(火)
OPEN 18:15 / START 19:00
前売り 3800円 / 当日 4300円(共にD別 / 未就学児童入場不可)
【出演】
Kra / ユナイト(50音順表記)
【チケット発売】
LOFT店頭(Bチケット)・e+(Bチケット)・ローソン(Cチケット/L:74084)にて発売中!
【入場順】
Aチケット(受付終了)→Bチケットの並列→Cチケット
【主催・企画・制作】
新宿LOFT / master+mind
【会場 問い合わせ】
新宿LOFT 03-5272-0382
【master+mind サイト】
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo