Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューKözi(ZIZ)×SHINPEI TANAKA(HAIR DRESSER)(web Rooftop2016年11月号)

一緒にひとつの作品を作ってる

2016.11.11

一緒にひとつの作品を作ってる

 
──Közi さんがShinpeiさんにヘアメイクをお願いしたキッカケは?
Közi:さっきもちょっと言ったけど、ヘアメイクの現場はさんざん見てきてるけど、彼はただヘアを綺麗に見せるだけじゃないアート的な発想を持ってる人なんですよ。オブジェ的に捉えたりとか、lloyのヘアメイクとかも見てて、普通のヘアメイクも出来るけど突拍子もない方向に行ける人だなと。
──Köziさんの髪の毛作るのにカーテンのブラインドみたいの使ってませんでした?
Shinpei:使ってましたねぇ。
Közi:あれ普通のただのブラインドだからね。ああいうヘアメイクは基本的に正解とかないから、事前にあーじゃねー、こーじゃねーって打ち合わせたよね?
Shinpei:やりましたね。
Közi:例えばそのブラインドも刺す位置や角度で全然見え方が変わるじゃないっすか?写真で見た時のとか。彼、写真も撮る人だから、そういう感覚も解ってる。なんか洋物のファッション誌って、オシャレな写真とか多いじゃないですか?そういうのを例にあげて、通じるものが多かったし、そういうものを超えて面白くしようよって。でも正解がないから、これでいいんだろうか?みたいな。それこそバンドでみんなで曲を作り上げてく過程をすったもんだやるようなことを、Shinpeiとならやれると思ったからですね。
──なるほど。ShinpeiさんはZIZってバンドのKözi さんをどういうふうにアプローチしようと思ってますか?
Shinpei: 僕はZIZというか……Közi さんに対してになってしまうんですけど、Közi さんのビジュアルイメージのソースって、話しに出た海外のファッション誌であったりとか、モードブランドのコレクションのヘアメイクとか、現代美術とか……インスピレーションの源が凄く深くて広くてそれが、引き出しの多さに繋がってるんですね。だから僕はその引き出しを開けて、誰にも真似出来ないようなKözi さんの深い部分をビジュアルに表現出来たらと思ってますね。あとは、Közi さん自身がこうしてみたいってイメージを強く持ってるので、それを自分がどれだけクオリティ高く具現化するかってことですかね。やっぱり頭の中にあるイメージだけだとそれが実現可能かどうかってのもわからないから。そこをディスカッションしつつ、何でも形に出来るようにしたいなと思ってヘアメイクを受けてますね。腕の見せどころですから。
──Közi さんはZIZではどういうふうに自分を表現していきたいですか?
Közi:今いくつか同時進行でやってる中で、自分の中でのメインはやっぱりZIZなんで、やっぱりフロントに立って歌ってるっていうのもあるし……とは言え、ZIZは統一するビジュアルイメージってないし、バラバラに好きなことをやってるんですよ。音楽性に関してもそれぞれ作ってくる曲もバラッバラな感じだけど、
そのバラッバラのゴチャゴチャした感じを俺がフロントで歌って、ガチャガチャした状態のまま、纏められたら、それがZIZかなって思ってる。個人的には好き勝手に自由な状態でやれる場であって、ビジュアルイメージでいうと自分の中で今まで築き上げてきたパブリックイメージも加味しつつ、やっぱり俺も普通じゃないのが好きなんで。普通じゃないって言ってもいろいろあるけど、メイクとか顔面は自分でやってるけど、それ以外の頭周りとかって出来ないんで、彼のは工作ですよね、頭の上で。
Shinpei:そうですね、図工に近い。美術でもあるんだけど。
Közi:まぁ美術ですよ。自分は顔面、上はお願いしますみたいな(笑)。やっぱり得手不得手というか、そこはプロフェッショナルな彼に……って言っても、さっきもShinpeiが言ってたけど、やっぱりなんでも出来る訳ではないから、俺もそうだけどお互いこれどうだろ?とか、作り上げてく作業も結構好きなんで過程も含めて、一緒にひとつの作品を作ってるなって思いますね。
──他にもヘアメイクさんはいっぱいいるじゃないですか?そういう人にお任せっていうのとは違う?
Közi:違いますね、全然。他の現場でヘアメイクが入る時もあるけど、そういう時にはお任せで、みたいな。
──ディスカッションをしながら出来るっていうのがShinpeiさんの良さであったり、次もっと面白いものを持ってきてくれるかもって期待値がお願いする理由?
Közi:そうそうそう。で、それが出来る現場がZIZ。
──面白いですよね、ZIZ。
Shinpei: そのとっ散らかった感じをセンターのKözi さんでバランスとったりするのが僕の役割ですかね。
──Közi さんって衣装も奇抜じゃないですか?衣装はこれを着るからねって聞いてから頭を作る感じなんですか?
Shinpei:そうですね、やっぱり音楽なんで、まず曲を聴かせてもらいますね。
──曲ですか!
Shinpei:今回ミュージックビデオ2曲担当させてもらったんですけど、それぞれ曲の雰囲気も全然違うから、Közi さんがそれぞれ映像のイメージを言葉で解りやすく伝えてくれて、2人でディスカッションしつつ作ってったって感じですね。
 
このアーティストの関連記事

JEEZSO8

ライブ会場のみでの販売

新作EP「JEEZSO8DOVEDOPE」

全国主要CD販売店にて発売中

ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻