Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー池畑潤二×陣内孝則(web Rooftop2016年9月)

自分の根っこを再確認することに意義がある

2016.09.26

 いよいよ目前に迫った『SHINJUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY ROCK OF AGES 2016 ~Big beat together with spirits, stay alive~』に向けての対談最終回は、バンマスを務める池畑潤二と40年来の朋友、TH eROCKERSとして参加する陣内孝則。九州時代の話や映画「爆裂都市」裏話など、この二人でなければ語れない話が次々に飛び出した。
(インタビュー:今井智子)

 

ロッカーズはロフトで始まりロフトで終わった

 
ーーロッカーズとルースターズは共に80年メジャーデビューで、足並みがほぼ一緒ですよね。
 
陣内:ルースターズとは仲よかったよね。一緒にやってたし。
 
池畑:人間クラブの頃からね。そんなに話はしなかったけど、同じステージだったり。違うところで、同じようなことを。
 
陣内:北九州と博多って、東京から見ると隣町同士みたいに見えるけど、100km以上離れてるからね。人間クラブ、ルースターズは北九州、僕らから見るとね。博多はモッズがいて俺たちがいて、その下にモダンドールズとかいて。
 
池畑:北九州は、ちょっとハコっぽかったというか。セミプロみたいな。女性を侍らせてバンドをやりながら(笑)。そういう方々がいたので、俺たちもそこに行っちゃいけないなって。
 
陣内:博多に「ぱわぁはうす」というライヴハウスがあって。そこがサンハウスとかブロークダウンエンジンとかね。そこはもう一緒だったね、そういうバンドと。
 
池畑:ただライヴハウスって、ただそういうところに出るだけ。じゃあその先どこに行こうという話がないんですよね。当時はやっぱりコンテストがあって。
 
ーーヤマハのエルモーションですか。ロッカーズはそこで優勝ですよね。
 
陣内:そうですよ。1回目はモッズが優勝して、俺らは2回目で。
 
池畑:俺は人間クラブで入賞。
 
陣内:人間クラブが取るかなと思ったけど、俺に華があったんでしょうね(笑)。
 
ーーやはり!
 
陣内:そうでも言わないと(笑)。ほんとにヘタくそだったから。よくこんな下手くそなバンドがグランプリとかもらえるなと。
 
池畑:ロッカーズに破れた人間クラブ(笑)。その時、何か考えなきゃって。2ヶ月後にはルースターズができてる。
 
陣内:ルースターズは玄人うけする格好よさがありましたよね。僕らはキッチュな魅力というか、インチキ臭さもあったんだけど、ルースターズは足腰しっかりしてたから、これは続くだろうなと思いましたよ。
 
池畑:ロッカーズは昔から、ロックンロールぽい。俺たちはちょっと違うから。
 
ーーロッカーズは陣内さんの派手なアクション付きのヴォーカル・スタイルがインパクトありましたけど。
 
陣内:それがいけないんですよ。そっちに気が行っちゃったから。歌を磨こうって気持ちが全くなかったんですよ。歌を磨くぐらいなら、気の利いたMCができるようになりたいとか気の利いた動きがしたいとか(笑)、そればっかり考えてたんで、本気で歌手として自立できるようなことやったら、また違った道だったかもしれないんですけど。変化球ばっかり考えて直球磨くってことしなかったんで(笑)。
 
続きは10月1日配布開始10月号ルーフトップ紙面をご覧ください
 
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

roa_bb_flyer-thumb-250x353-64380.jpg
 
SHINNJUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY
ROCK OF AGES 2016 〜big beat together with spirits, stay alive〜
2016年10月1日(土) 中野サンプラザ
【会場】中野サンプラザ
【時間】OPEN/15:00 START/16:00
【チケット】¥6,900(全席指定)
チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、楽天チケット、新宿ロフト店頭にて発売中
 
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻