Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー<良質な曲を伝えたい!>ロフト40周年イベント「DREAM MATCH 2016」特別対談:ヒグチアイ(web Rooftop2016年9月)

『DREAM MATCH 2016』主催者・ロフト樋口と出演者による特別対談第6弾!! 今回は、生命力溢れ、パワフルな歌が魅力のヒグチアイが登場!!(web Rooftop2016年9月)

2016.09.07

ガツンと歌ったり、心地よく響かせたり、染み入るように届けたり、寄り添うように聴かせたり...と、出演アーティストたちの様々な伝達方法も興味深い、9月25日に渋谷O-EASTにて開催される、新宿ロフト40周年イベントの一環、『DREAM MATCH 2016』。
若手、中堅、ベテラン、弾き語り、バンド、ユニット...と、幅広いタイプのアーティストが集いながらも、全てキチンと歌が中心にある演者というトータル性と芯を感じさせてくれるイベントだ。
新宿ロフトの名物スタッフ・樋口寛子がオーガナイズした、彼女のメガネにかなった歌ものアーティストが多数出演する同イベント。その樋口寛子を交え行ってきている、この『DREAM MATCH 2016』対談も、早くも6回目を迎える。
今回の登場はヒグチアイ。鍵盤の弾き語りスタイルのシンガーソングライターだ。 今年11月には待望のメジャーデビューも決定している彼女。当日は、あの持ち味とも言える生命力溢れるパワフルな歌声で、集まった方々の心に向け歌を放ち、きっと多くの人を魅了していくことだろう。

「シンプルに良い歌を、しかも凄くパワフルに歌い、伝えてくる、そんなアーティストだな…”と初見のアイちゃんを観て思った」(ロフト 樋口)

 
━奇しくも同姓のお二人ですが(笑)。樋口さんはヒグチさんのどの辺りに、他にはない魅力を感じたんですか?
樋口 : 曲の良さもですが、彼女の歌のパワーですね。歌力(うたぢから)とでも言うか。そこに魅了されました。「シンプルに良い歌を、しかも凄くパワフルに歌い、伝えてくる、そんなアーティストだな」と感じました。
━最初のロフトでのステージはバーステージだったとか。
ヒグチ :そうなんです。「憧れのロフトで演れる!!」ってことで大感激だったことを覚えています。「あのロフトで自分も歌えるんだ、、、」って。ロフトの名前は有名で、地元の長野に居た頃からよく聞いてはいたし…。私、スピッツが好きなんですけど。彼らのエッセイの中でも出てくる、いわば憧れの場所でした。そこに自分が出れるんだ…って。
━ところでヒグチさんは、弾き語りのライヴハウスでの活動はいかがですか? やはり路上やカフェ等とは違った雰囲気や空間なのでは?
ヒグチ :それはありますね。カフェでのライヴももちろんですが、私がライヴハウスで演ったり、バンドと一緒に出たりしているのは、それをきっかけに次に繋がってくれたらいいなとの気持ちがあってのことなんです。あとは、どこか今の弾き語り界隈に蔓延している、「今、これで食べていけてるんだから、このままの活動でいいか…」といった諦めから抜け出したい気持ちもあるし…。確かにカフェや路上で活動していれば、そこそこ生活は出来るんです。だけど、私はけしてそこだけに留まっていたくなくて。そこに居続けていても自分の音楽もなかなか広まらないだろうし、けっしてそこから多くの人には届かないと思うんです。だから私、比較的ライヴの本数も多いんですが、毎回、「ここから抜け出してやる!!」って気概で臨んでるんです(笑)。ホントもっともっと沢山の人に出会いたいし、多くの人に自分の歌を届けたいし、聴いてもらいたいんです。
━お互いロフトでの想い出深い出来事があったら教えて下さい。
ヒグチ :音速ラインさんとの共演ですね。私、学生時代、あの方たちの曲のカバー等もしていたんです。あとはやっぱり樋口さんかな。実は私、2〜3年前に自分の活動に行き詰まりを感じていて。そんな時に樋口さんは色々とライヴ出演に誘ってくれたり、「イベントを一緒にやろう!!」と声を掛けて下さったりしたんです。それがあったからモチベーション的に留まって、ここまで続けてこれたところもあって。ホント、感謝してもし切れないです、樋口さんには。
樋口 :私のアイちゃんの印象は、<どんなアーティストと一緒にやっても勝てる方>ですね。身一つで自分の歌いたいことを歌っていて、ちゃんと歌が自分の中に入ってくる。そこが魅力だし、共演のバンドにとっても起爆や刺激になってるんじゃないかな。「うわっ、ひとりなのに凄い!!」「俺も負けてられるか!!」って。それもあって私の場合は、あえてバンドとのブッキングが多いのかも。とは言え、その共演バンドも誰でもいいわけじゃなく、歌やメロディがキチンと中心にあるバンド、そんなバンドさんたちとよく一緒にやってもらっています。おかげさまでお互い相乗効果も出てるんじゃないかな。ノラせる、踊らせる、そんなバンドよりかは、歌をキチンと聴かせる、伝える、そんなアーティストたちと一緒に出てもらうことが多いですね。
━樋口さん的に印象深いヒグチさんのライブってありますか?
樋口 :やはりうちの系列のネイキットロフトでやったアイちゃんとの企画かな。大阪/東京の2か所でやったんです。それこそ色々なアーティストに出てもらいましたね。今回の音速ラインやBrian the Sunの森君、それから岡本さんにも出てもらいました。
 
 

「当日出会えて、私を観てくれた方は全てファンにしてやる!!ぐらいの気概で臨みます」(ヒグチアイ)

 
━今回の『DREAM MATCH 2016』ですが、誘われてみていかがでしたか?
ヒグチ :誘われて、ホント嬉しくて、即、「出たいです!!」って返事をしました。「でも、本当に私でいいんですか…?」って(笑)。「みなさんに比べ樋口さんとのお付き合いは比較的最近なのに、ごめんなさい…」って気持ちもあります。
樋口 :アイちゃんには、流行り廃りに関係なく、時流に流されることがない歌を伝えて欲しいと思い、声をかけさせてもらいました。
ヒグチ :共演アーティストさんのラインナップも凄いし、沢山出ますからね。そんな中、私が勝っていくにはどうしたらいいか、を今から考えています。”当日出会えて、私を観てくれた方は全てファンにしてやる!!”ぐらいの気概で臨みますから。それこそ、みなさんの心に何かしら残したいんです。私のやっていることは特に新しいことでもないんで、そんな中、私を観て、どう思ってもらえるか? そこを大切にします。当日は弾き語りなので、当然バンドさんよりも音量的には劣るところはあるかもしれません。だけど、そんな中でも私がみなさんに負けないところや勝てるところがあると思うんで、当日は是非そこを観てもらいたいですね。なので当日は、是非私ならではの伝え方を観て下さい。
━『DREAM MATCH 2016』への意気込みを教えて下さい。
ヒグチ :勝ちに行きます!! とは言え、当日はホントみなさん凄い方ばかりだし、ロフトの40周年という節目の大きなイベントなので、正面からではとうてい太刀打ちできないところもあるので、みなさんやロフトの魔力の背中に乗って、いつも以上に高く飛ばしてもらえたらなと。これまで想像もつかなかったイベントに出させてもらえること自体とてもありがたいことなんですが、そんな中でも自分が勝っていかなくちゃと
━で、ヒグチさんはいよいよ秋にはメジャーデビューが控えています。
ヒグチ :私、8年間活動しているんですが、これまでも「ヒグチアイ売れるよ」と言われてきたわりには、日の目を見ずに、ここまで来ちゃいました(笑)。だけど、これって私のやっている音楽が悪いんじゃなくて、自分自身が悪いんじゃないかとずっと思い続けてきて。そんな中での今回の11月のメジャーデビューでもあるんです。それもあって、樋口さんを始め、それでも好きで居てくれている人たち、お世話になっているライヴハウスの方、ミュージシャン仲間には、メジャーデビューして変わっていくけど、私は常に続いていく、そこを強く伝えたいし、今後も見続けてもらえたらなと。みなさんとは9月25日にお会いできるのはもちろん、それ以降も会えたら嬉しいです。「実は私、1人になった時、ヒグチアイを聞いているんだ」、そんな自分が弱いようで、けして他人に「ヒグチアイが好き」なことを言えない。そんな内緒にしたい音楽で、いつまでも在り続けたいですね。
 
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報


 

2016.09.25(Sun)
SHINJUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY MUSIC FES DREAM MATCH 2016
TSUTAYA O-EAST
 
【出演】
スキマスイッチ、ヒグチアイ、藍坊主、成山剛(sleepy.ab)、堕落モーションFOLK2、音速ライン、SAKANAMON、Brian the Sun、つじあやの、メレンゲ  全10組出演!!
【出展】
「路地裏の僕たち」
※フジファブリック初代Vo&G志村正彦の故郷、山梨県富士吉田市在中の同級生を中心とした団体
【時間】
開場 13:15 開演 14:00
【料金】
前売 ¥4,800 当日 ¥未定 ※ドリンク代別
【会場】
TSUTAYA O-EAST(〒150-0043 渋谷区道玄坂2-14-8 / 03-5458-4681)
【チケット】
・一般発売
イープラス、ローソン、ロフト店頭、Yahoo!チケット、Live Pocketにて一般発売
主催:SHINJUKU LOFT
企画制作:LOFT PROJECT / VINTAGE ROCK std.
協力:LivePocket-Ticket- / LUCK'A Inc
お問い合わせ:VINTAGE ROCK std.(03-3770-6900 / 平日12:00〜17:00 / http://www.vintage-rock.com
 
「SHINJUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY DREAM MATCH」
写真展開催
9/16~9/24 LOFT9 shibuya カフェ内
※入場無料
 
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo