Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュータイゾ&靖乃(Kra)×MIKI&AYA(Mix Speaker's,Inc.)【完全版】

V-ROCKを基軸とした新宿LOFT主導の企画「master+mind」が主催するROCKフェスティバル【Rock is Culture 2016】にKraとMix Speaker’s,Inc.が出演!

2016.01.29

テーマは“やっつける”!!

——既に楽屋とかでお互いにいろいろとお話ししていると思うのですが、ツアー中に聞きたかったけど聞けなかったこととかってありますか?
MIKI:気になってることがあって…。俺もそうだなって思ってて、keijiくん(MSIのGt)もそうだなって言ってた話なんですけど、タイゾくんとのってぃとkeijiくんがMA-1のジャンバーを着て、入りしてきた日があったんですよ。「あっ、3人ともMA-1だ」って思ってたんですよ。俺の勝手な予想なんですけど、それが嫌だったのかは分からないんですけど、帰る時になったら、タイゾくん、ライダースになってたんですよ。
一同:(笑)
MIKI:タイゾくん、MA-1被りが嫌で着替えたのかなって勝手に思ってた(笑)。
タイゾ:違います!
MIKI:3人もいたから、ちょっと嫌だなって思ってライダースに着替えたのかなって、俺は見ててちょっと思ってた。「3人一緒だったからタイゾくん、嫌だったのかな〜」ってkeijiくんも気にしてた(笑)。
靖乃:タイミング的にちょいちょい被ってたからね。
タイゾ:いやいやいや、誤解です! そんなことはないです。あんまりそこまで気にしないですね。むしろ「あ、一緒だなぁ。ふ〜ん。」くらいで。
靖乃:ただ、同じバンドのメンバー同士で、カーキのMA-1着てて、スウェットパンツ履いてて、ハットまで被ったら、「どうしようかな」って考える時はある(笑)。どっちかがやめるしかないかぁって。
MIKI:keijiくんが、まぁまぁ気にしてましたね。
一同:(笑)
靖乃:多分、好きな系統が似てるんよね。
MIKI:あー、そう思う。
靖乃:このツアーを回ってみて、keijiさんとタイゾが近いところにおる感じは凄い感じたかな。
タイゾ:そうですね。仙台の打ち上げで初めてちゃんとしゃべったんですけど、まず、声の小ささが似てたんですよ。
一同:(笑)
AYA:(笑)そうや。
タイゾ:「あっ、心地いい音量だな」って思いながら、マンツーマンで結構いろいろお話しさしてもらって。
靖乃:結構サシで長いことしゃべってたもんね。
タイゾ:そうだね。ほっとんどくだらない話をしてたんですけど。
——ギターの話ではなく?
タイゾ:あー、もう一切してないですね。
一同:(笑)
タイゾ:あんまりなんないんですよね、ギターの話って。なります?
AYA:あー、どうやろ。人によるっすかね。僕、タイゾくんの機材が気になってたんですよ。でも初日やったし、そんなに面識もなかったから、テックさんに聞きました(笑)。
タイゾ:(笑)聞いてくださいよ。
AYA:「このタイゾくんのこれってどうやって使ってるんですか?」って(笑)。
靖乃:テックから情報を得る(笑)。
AYA:情報を得ます(笑)。
タイゾ:初めてこのことを知りました(笑)。
MIKI:機材で言ったら、あとはやっぱりseekじゃないの? 結良さんの(笑)。
AYA:seekは影響を受けて、買いましたからね、その日に。
靖乃:楽屋で発注したんやっけ?
MIKI:そうそう、楽屋で。
AYA:リハの時に結良くんに機材を聞いて、そのままポチって買って(笑)。
——すごい行動力ですね(笑)。
AYA:2年振りにベースの会話をしたらしいですからね(笑)。
——(笑)面白いですね! 他にはありますか?
MIKI:あとは、Sさんはのってぃのピンクのスティックが似合わねーなって思って観てたぐらいですかね。
靖乃:1回使ったもんね。
MIKI:で、「Sさんは、そのスティック似合わへんで」って俺がSさんに言いましたね。
一同:(笑)
MIKI:「自分、それで叩いたらあかーん」って。くらいですかね(笑)。
——Sさん、ちょっと傷ついたんじゃないですか?
MIKI:大丈夫です。そういうのは言われ慣れてるんで(笑)。
——AYAさんは何かありますか?
AYA:大体話してますもんね。
靖乃:うん。結構しゃべったよね。個人的には、NIKAくんをもうちょっと化けさせたいみたいな感じはちょっとありますね(笑)。あのね、ずっと男前なんですよね、あいつ。ずっとイケメンなんですよ。
AYA:あー、ネジが緩んでないみたいな(笑)。
靖乃:そう。入りから、「お疲れ様でした」って帰るまで、ずっとイケメンやから。
AYA:崩したいって(笑)。
靖乃:ちょっと壊してやりたいかなっていうのがありつつ(笑)。
——ステージ上でMIKIさんと景夕さんが絡んでも変わらないんですか?
MIKI:変わらない。
AYA:基本のスタンスは変わってないですね。
靖乃:仙台のライブの時ってMSIがトリだったよね?
タイゾ:うん。
靖乃:MSIのライブの「MONSTIME」の曲の煽りの時に、俺らが入ってったんですね。ステージ上でよく目が合うんで、NIKAくんと一緒に並んで前っつらに出てって煽ったりするのが多かったんですけど、その時にたまたま並びに結良がいてて、一緒になって肩組んで前っつらに出てったんですよ。たまたまその前日に結良がぎっくり腰をやってて。ただ、その日はNIKAくんが別移動で入ってきたから、本番前にそういうやりとりを全くすることなく、煽りでちゃんと会ったんですよ。で、煽りの時に会って、すぐに肩組んで折り畳みを始めて(笑)。俺は知ってるねんけど、こいつ(NIKA)は知らんし、その向こう(結良)は苦笑いをしてるしっていう空気感が凄い楽しくて(笑)。
一同:(笑)
靖乃:で、あえて言わへんかったんですよ。別に止めようと思ったら止められたけど、ちょっと結良がどんな顔をするのか見たろって思って(笑)。ステージ上でバタバタしていじくり倒して、その日は何も言わんで、次の日に言ったんですよね。
MIKI:それこそ郡山の楽屋で言ったんだよね。
靖乃:そうそうそう。その時の空気感って言うか、慌ててる感じをもっと増やしていけたらね(笑)。ハプニングがいっぱいあったらもっとおもろなるかなって感じがちょっとしてて。すっごい恐縮してましたけどね。土下座する勢いで「結良さん、すみません!!」って(笑)。あーいうハプニングとか、ツアーならではの空気感みたいのが、もっともっとこの10人は出せそうな気がするので。ある意味、多分、彼がもっと砕けても大丈夫なポケットは残りの9人は持ってる気がするので。もちろんMSIの5人も持ってると思うし。だから変にいろいろと背負い込まんで楽しめる感じを一緒に作れたら、もっとおもろいもんができるかなって感じはちょっとしてるんですけど。
——すっごい楽しそうなツアーですね。
AYA:楽しかったですよ。多分2月1日は楽しくなりますよ。
——そうですね! その日の打ち上げでは恒例のイエガー(試験管で飲むショットのお酒)でNIKAさんを攻めますか?(笑)
MIKI:あんなもん、すぐ潰れますよ(笑)。多分ね、取れないぐらいのってぃがいっぱいボールを投げたら、すぐそうなるよ。
AYA:連投せなあかんよね(笑)。
靖乃:もう、バンバン投げる(笑)。
MIKI:バンバンにテンパルよ。もう分かるよね。
AYA:分かる、分かる。
——噛んじゃってしょうがないんじゃないですか?
MIKI:噛んじゃってしょうがなくなっちゃう(笑)。
靖乃:じゃあ、テーマは“やっつける”ってことで(笑)。
 
DSC01252.jpg
DSC01231.jpg
 
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

RiC_flyer.jpg
 
SHINJUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY
master+mind presents【Rock is Culture 2016
2016年2月1日(月)新宿LOFT
OPEN 18:00/START 18:45
前売り 4000円/当日 4500円(共にD別)
【出演】
Kra / Mix Speaker’s,Inc. (A→Z順表記)
【チケット発売】
LOFT店頭(Bチケット)・ローソン(Bチケット/L:78504)・e+(Cチケット)にて発売中!
【入場順】
Aチケット(受付終了)→Bチケットの並列→Cチケット
【スペシャル企画発表!!】
※ 最後にスペシャル企画有り!
※ OPEN時と転換中にスペシャル映像の放映有り!
※ 各メンバー考案のオリジナルドリンク販売有り!
【主催・企画・制作】
新宿LOFT
【後援】
テレ玉
【協力】
HOT STUFF PROMOTION/TOWER RECORDS 新宿店/ライカエジソン/自主盤倶楽部/little HEARTS./ZEAL LINK/ブランドエックス
【問い合わせ】
新宿LOFT 03-5272-0382
 
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo