Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューマカロニえんぴつ(web Rooftop2016年1月)

一歩ずつ確かなキャリアを積んでいく「マカロニえんぴつ」の深み

2016.01.15

昨年1月、1st mini album『アルデンテ』にて衝撃的デビューを果たした、メンバー全員が現役音大生によるバンド「マカロニえんぴつ」。そんな彼らが、満を持して2nd mini album『エイチビー』をリリースさせた。
 前作からより深みと成長を感じる事が出来、いかに良い調子で活動をしているかが伝わる作品である。そんな作品の楽曲を手掛けるVo&Gはっとりにインタビューを敢行。
 今回のインタビューを通じ、私は良いバンドに出会う事が出来たなと昨年末に改めて思いました。
(新宿ロフト 樋口寛子)

どんなライブをしたらお客さんの心を掴めるのかをより考えるようになりました

—昨年1年はどんな年でしたか?
はっとり:昨年1月に1st mini album『アルデンテ』をリリースしてから、バンドのエンジンが掛かってきて。バンドの運営を自分達でやってきた流れからスタッフがついて全国リリースする流れが出来た事もあり、バンドがまた1つ始まった感じがしましたね。
—そうなるとライブも増えたのではないでしょうか
はっとり:良いイベントにお誘いして頂く機会が増えましたね。また、ライブについて自分達で見つめる機会がとても多くなりました。どんなライブをしたらお客さんの心を掴めるのかをより考えるようになりました。
—1st mini album『アルデンテ』が発売された影響は皆さんにとってとても大きそうですね。
はっとり:リリースしてからお客さんも増えましたし、最近知ってくれる方もいます。またミュージックビデオで撮った「鳴らせ」がインディーズの新人にしては異様な回転数でしたね。それで知った方もとても多かったです。
ーはっとりさん自身の最近の近況はどうでしょうか?
はっとり:最近は割と調子が良いですよ(笑)。自分で「調子が良いな」と思える時があまり無いのですが、最近はライブのクオリティが上がってきた事もあり、平均点は上がっているので酷いライブがなくなったと思います。終わる度に収穫もあれば反省もあるので、そのバランスがとても良い感じです。
—その感じは1年前と比べると違うのでしょうか?
はっとり:違いますね。「歌」に対しての考え方や自分が「何を言いたいのだろう」と考えざるをえなくなりましたね。前よりも音楽を深く楽しめるようになりましたね。
 

「荒削りではあるけど勢いがあったね」と言ってもらえたので、一生懸命やった結果良かったのかなと思いました

—2014年末に初めて新宿ロフトに出演して頂いたのですが、その時の心境を聞かせてください。
はっとり:憧れの会場なので、そんな場所に自分達が出る事に正直実力がまだ追いついていない中「大丈夫かな」と、とても嬉しいのですが不安でした。でもいざ出演してみたら、「荒削りではあるけど勢いがあったね」と言ってもらえたので、一生懸命やった結果良かったのかなと思いました(笑)。
—あの時のライブを拝見しましたが、荒削りながらも「やってやるぞ!」という勢いを感じました。そして翌年は初めてホールステージに出演しましたが、初めてのホールステージはどうでしたか?
はっとり:その時の公演は「おとそライブ」だったのですが、緊張の方が勝っていましたね。BARステージの時とは景色が全然違うなと思いました。悔しさが残るライブでしたね。
—その後、新宿ロフトの出演回数も増えてきて大分慣れてきたのではないでしょうか?
はっとり:昨年2月に出演した時が自分らの中では一番良いライブが出来、マネージャーも納得だったライブだったんですよ。その前のいくつかのライブが不調だったのですが、その時のライブがメンバー全員の調子が良くて、バンド感がとてもありましたね。
—その後も新宿ロフトに出演していますが、どうでしょうか?
はっとり:その2月のライブからライブの平均点が上がってきた事もあり以降、その2月の新宿ロフトでのライブがとても印象に残っています。
—1/27ロフト公演も楽しみですね!
はっとり:2nd mini album『エイチビー』もリリースされたので、もっと自信を持ってバンド感をつけたいですね。
 

僕が案じているモラトリアムな感情を「サウンドオブサイレン」という歌にしました

 
—では先日リリースされた2nd mini album『エイチビー』に関してお伺いしたいのですが、『エイチビー』に収録されている楽曲達はこの1年以内に出来たものでしょうか?
はっとり:この中で一番古い楽曲は2曲目「チューハイ少女」です。これは昨年一月に作ったのを覚えていて、他の曲はその後に出来た曲です。一番最後に出来たのはリード曲になった「サウンドオブサイレン」です。この曲のレコーディングは苦労しました。(笑)。
—一番最後に出来た曲がリード曲として選ばれたんですね。
はっとり:前作のリード曲「鳴らせ」の時もそうだったのですが、1番新しい曲をリード曲にしたら、その時の自分の気持ちが一番ダイレクトに伝わるかなと思っています。ファン層が同世代だったり自分らより若い方が多いので、今の自分の心境をそのまま歌にしても通じてもらえるのかな?と思って、社会人一方手前のもうすぐ学生が終わってしまうという僕が案じているモラトリアムな感情を「サウンドオブサイレン」という歌にしました。
—今作は「マカロニえんぴつ」としてより深みを増した作品に感じました。バンドとしてや個人としての成長をより感じる事ができました。今回の作品を作るにあたってこだわりを聞かせてください。
はっとり:前作と比べた時に「歌詞」の部分を大きく変えようと思いました。1枚目が良い意味でストレートで、今作でもストレートな事を歌っているのですが、もうちょっと違う視点で書いてみようと自分なりの表現方法でどんな言葉を使うかという事に頭を使いましたね。言い廻しに韻を踏むとか歌詞の表現方法にこだわりました。
—確かに言葉の部分で深みが増した印象を受けました。
はっとり:ちょっと背伸びをした印象もあるのですが、前より成長をした感じを出したいなと思って、ちょっと大人になろうと思って作った所はありましたね。
—はっとり君の歌詞は自身の体験がベースになっているのでしょうか?
はっとり:全部が全部そうではなく、本や映画なりのインスピレーションを受けて主人公を自分の中で仮定して、ストーリーを作った歌もありますね。
—はっとり君の視点でも今回の作品でメンバーの成長は感じましたか?
はっとり:僕がアレンジをある程度作ってしまうのですが、僕のアレンジをそのままやるというより、細かい所でそれぞれメンバーのこだわりが詰め込まれていますね。
—各メンバーのプレイヤーとしての意見も組み込まれているようで、バンドとして良い状態ですね。
はっとり:アレンジで言うとキーボードの大ちゃんが今回魅せていると思います。特に5曲目「ハートロッカー』は、ピアノを前面に出した曲なのでピアノも全部大ちゃんが考えていて。遊び心という意味では一番ピアノが面白い事をしていると思いますね。イントロのピアノのフレーズはミスマッチ感が逆に気持ち良いかな(笑)。音での遊びが満載な曲になりました。
—12月にリリースする事を意識して書いた曲はありますか?
はっとり:4曲目「愛の手」は、12月の空と歌詞にも書いてあるので、曲も全体的に冬の冷たい感じなので季節を意識しましたね。
—アルバムタイトル『エイチビー』の由来を聞かせてください。
はっとり:前作の『アルデンテ』は、「マカロニ」にちなんでタイトルをつけたのですが、今回はバンド名にある「えんぴつ」にちなんで「エイチビー」とつけました(笑)。心臓に穴が空いているみたいな、心を抉るような、前作よりもグサッと深い所まで刺していけたらなという思いがありましたね。そんな思いがジャケットのイラストにある穴にも表現されています。
—えんぴつにも色んな種類がありますが、何故「エイチビー」にしたのでしょうか?(笑)
はっとり:親しみやすいかな?って(笑)。あんまりアウトローにしても聴いてもらえないし、僕らはポップなメロディーを作り、聴きやすい楽曲を作っている事もあり、ポップから外れたくないのと、親しみやすさからも外さずにやってきたのでみんながよく使う「エイチビー」だなって(笑)。
—ジャケット含めてポップですよね。
はっとり:一見ポップなジャケットだけど、蓋を開けると「結構、刺さるな」というギャップを自分らで意図的に作っている所はあります。
 

特に自分と同じような境遇にいるような、同世代には響いてくれるような歌詞も書けました

—今だから話せるような、レコーディング中にあった印象深い出来事がありましたら聞かせてください
はっとり:前作が短期間の中での初めてのレコーディングだったのですが、今作は2回目という事もあって慣れてきましたね。
—今回、一番苦労した楽曲はどの曲でしょうか?
はっとり:リード曲「サウンドオブサイレン」ですかね。当初はこの楽曲がなく、6曲目「keep me keep me」がリード曲候補だったのですが、イントロから始まる攻撃的な曲なのでライブ映えがする曲かなと思ったのですが、もう1つ殻を破った曲を作ってみようという話になり、その後「サウンドオブサイレン」が出来ました。結果、イントロも掴みの良い曲が出来て、特に自分と同じような境遇にいるような、同世代には響いてくれるような歌詞も書けました。
—メンバーのレコーディング秘話がありましたら聞かせてください。
はっとり:2〜3日合わせてすぐにレコーディングという曲もあったりしたので中々普通の人じゃ出来ないよな、、、という事もあったので、よくついてきてくれたな、、、と思いました。流石、全員音大生だなと思いました(笑)。
ーミュージックビデオのこだわりを聞かせてください。
はっとり:前作も今作も同じ監督にお願いしていまして、ディレクションは御任せしていますね。映像に関しては素人なので僕らは介入しなかったです(笑)。今作は僕が走っているという画なのですが、苦しさが出ているので良いなと思いました。抜け出せない苦しさと、一歩先の不安から逃げているような感じを、走るという画がとても曲に合っていたのが良かったです。
 
このアーティストの関連記事

「エイチビー」

DLCR-15121 1400円(税別)

amazonで購入

1.サウンドオブサイレン
2.チューハイ少女
3.言い訳ばかりの男
4.愛の手
5.ハートロッカー
6.keep me keep me
7.恋の中

LIVE INFOライブ情報

1/14
@HEAVEN'S ROCK 宇都宮「New Creation vol.1」
1/27
@新宿LOFT「ロフト三つ巴ライブNEXT 2016」
~SHINJUKU LOFT 40th ANNIVERSARY pre live~
1/14
@HEAVEN'S ROCK 宇都宮「New Creation vol.1」
2/07
@名古屋「でらロックフェスティバル2016」
3/05
@新宿 「見放題 東京 2016」
3/23
@名古屋CLUB UPSET「マカロックツアーvol.2~走り書き編~」
3/24
@大阪2nd line「マカロックツアーvol.2~走り書き編~」
3/31
@下北沢SHELTER「マカロックツアーvol.2~走り書き編~」
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo