Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー東阪大合唱(Rooftop2015年12月)

今をトキメク5バンドが大移動!年の瀬、東京と大阪で暴れまくる!

2015.12.01

フレッシュな5バンドによる自己紹介

──それぞれのバンドの自己紹介をお願い致します。
さわいかん:横浜から来ました小悪魔系ダンスロックバンドderonderonderonVo.さわいかんです。よろしくおねがいします。deronderonderonの楽曲的なルーツはニューウェーブやニューレイヴです。踊れる楽曲が多いのですが、ただ単純に「楽しいだけ」じゃつまんないので、言葉で刺すことを意識した毒味成分の強い楽曲が多いです。と言いつつ、中学生の頃からカクバリズムが好きです。特にSAKEROCKとYOUR SONG IS GOODが大好きでした。その頃から今にかけて、「星野源」推しとして星野源のおっかけをしておりました。「いつか星野源と共演したい。」「いつかYOUR SONG IS GOODと対バンしたい。」そんな単純な想いで2年前くらいに結成したバンド。それがderonderonderonです。
橋本:Helsinki Lambda Clubです。由来は、「〜クラブにしたいよね」ってところに始まり、あまり意味のないものにしようとしたらこうなりました。ただ、今こんなにクラブを冠するバンドが増えるとわかっていれば付けなかったと思います(笑)。音楽性は、自分でもよくわからないですけど、90'sのUSオルタナとか00’sのUKガレージとかを下地にしつつ、かっこつけない日本語で歌いたいこと歌ってるって感じだと思います。
高島:誰もひとりぼっちにしない音楽をテーマに活動してます。
太田:DAISY LOO(デイジールー)、2012年に神戸で結成。バンド名は当時僕と藁科(Ba.)が気に入って読んでいた小説の登場人物から。 音楽はポップス。クラシックでストレートなロック。
カマチュー:バンド名はシンプルで普遍的な名前がいいなと考えていたら、サンデーカミデ先輩(ワンダフルボーイズ、天才バンド)が名付けてくれました。子供っぽさと大人っぽさ、古臭さと新しさが共存しているバンドです。
 
DENIMS.jpg
DENIMS
 
──今回の企画は大阪と東京と、5バンドの共催という形で行なわれますが、どのような企画になるのでしょうか。
さわいかん:元々はderonderonderonとHelsinki Lambda Clubが去年12月に行った共同イベント”デロデロカリスマクラブ”とDENIMSとDAISY LOOの共同イベント”ファンクラブ”の合体イベントみたいなノリだったんですが、「だったら名前も違うのにしよう!」となり、僕の思いつきの「東阪大合唱」が採用されました。僕が言い出しっぺなのですが、そもそもこういう共同イベントをちゃんとやりたいと思ったのは理由があります。いま、若手バンドが「ゆるやかな」連帯を持ってイベントをする。ということを誰ももしていない気がしてて。「ゆるやかな」というのが結構重要でして、もちろん「俺たちバンドマン友達ウェーイ!」「パーティーいぇーい!」みたいなイベントはいっぱいありますけど、そういう馴れ合いは大学生がやってたらいいんですよね。だいたい、いい歳したバンドマンが馴れ合ってどうするんだよ。かつて、the telephonesやTHE BAWDIESなどが世に向けて醸し出していた絶妙な連帯感に憧れがありました。それを参考にしつつ、バチバチしすぎるわけでもなく、ゆるゆるしすぎるわけでもなく。次を担う5バンド間の絶妙な緊張感やワクワクを感じてもらえるイベントになればと思います。馴れ合いじゃ、次は担えないと思ってまーす!
橋本:元々は去年の年末にderonderonderonと共同企画をやって、もっと規模を拡げたいねって話をしていて、かつ勢いはあるけど特定のシーンに属していないバンドと一緒にやれたらと思ったので、自然とこういうメンツになったと思います。それぞれの音楽性は決して一緒じゃないんですけど、このメンツでやることで不思議な面白さみたいなのは生まれると思うし、お客さんにも何かが起こりそうっていう興奮を感じてもらえると思います。
──年末を狙った理由はあるのでしょうか?
さわいかん:締めくくり感をちゃんと出したいと思い12月に設定しました。あと、去年Helsinki Lambda Clubと行った共同企画”デロデロカリスマクラブ”も12月だったのでこの共同企画の恒例感はずっと毎年続けて12月にしようとヘルシンキ側と話し合った気がします。
橋本:僕としては単純に去年の企画から一年だしって感じもあるのですが、今年勢いは出たけどハネきったわけではないバンド達でもあると思うので、今年の決算というか、来年を良い一年にするぞっていう決意や確証を得られそうだなとも思うので、年末で良かったなと思います。
 
THE-BOY-MEETS-GIRLS.jpg
THE BOY MEETS GIRLS
 
──他の4バンドに対する思いをお願い致します。
さわいかん:
Helsinki Lambda Club
ぼくがバンドを始めてから一番最初に仲良くなれたバンドです。基本的にバンドマンが嫌いです。機材に詳しいし、機材にお金注ぎ込んでる割には曲がクソだったりするやつが多すぎるんです。あと、音楽の話しかできないバンドマンが多すぎる。まずは曲がどうかでバンドを判断するんですが、彼らの企画に去年春頃に呼んでもらった時に、一発で曲に惚れて、すぐ仲良くなれました。初めてできた同世代バンドマンの繋がりだったから嬉しかったです。曲も好きで人柄も好きで、なんかたまに喧嘩腰だしそれがすごいグッとくるし、音楽性はすごく絶妙で好きです。勝手に運命的に出会ったバンドだと感じてます。
DAISY LOO
deronderonderonと下北沢SHELTERの共同企画"憧れのDIE都会"に出演してもらったことのあるバンド。補足すると"憧れのDIE都会"とは、横浜のバンドderonderonderonがイキの良い都内以外のバンドを招集するという企画です。そして企画主のderonderonderonは一番手でライブをして、その後の出順は開演後にくじ引きで決めます。合い言葉は「都内のバンドがんばれ」。
話はそれてしまいましたが、悔しくもDAISY LOOは、今回の「東阪大合唱」で解散してしまいます。Vo.太田くんのライブでの歌う姿には、胸を迫るなにかをとても感じるのです。それぐらい曲の強度がとてつもない。東阪大合唱では、漢のライブを見たいです。解散すんなよ。しゃらくせえ。
DENIMS
誠に申し訳ないのですが、DENIMSと対バンしたことはありません。でも、実はライブは何回か行ってて、すごく楽しくて憧れるライブをするんですよね。梅田シャングリラでやっていたツアーファイナルめちゃくちゃ楽しかったんです。個人的に、DENIMSって今の関西シーンでは結構重要な柱になってると思っておりまして、ぼくはDENIMSより全然後輩ですが、言うなれば「曲良し、見た目良し、キャラ良し、テクニック良し」と、文句無しなんです。じゃあその柱、次はどこへ向かう?という個人的な疑問を抱きつつ、初めての対バンとても楽しみ。関西の兄貴としてその背中でアツい物語を綴ってくれるでしょう!
THE BOY MEETS GIRLS
名古屋のポストPOPスター、THE BOY MEETS GIRLS。彼らもぼくらが初期の段階から仲良くなったバンドで。似たようなギターロックバンドが無駄にはびこる名古屋シーンで完全に異彩を放ってるやつらがいる!という感じでとあるイベントで仲良くなりました。「ここまでやっていいの?」って思っちゃうくらいに、一貫してポップ。それでいてなんかロック。そして、歌のキーが高い。
早めにJ-POPの世界へ羽ばたいてほしいです。でも、その前におれらを倒してみやがれ!(+LOVE)。個人的には、aikoに楽曲提供してほしいです。
橋本:deronderonderonは一番付き合いが長いし、出会ったときからさわいかんにシンパシーを感じていたので、あまり客観的には見られないですが、そもそも前提として良い音楽をやっているバンドなので、来年は良い景色を見せて欲しいし、一番可能性があるバンドだと思います。THE BOY MEETS GIRLSもderonderonderonと一緒にやってきた仲間だし、お客さんを巻き込む力に優れたバンドなので、でっかいところでやってるところとか見せて欲しいですね。さっきからすごい他人任せみたいですけど(笑)。DAISY LOOも思い出深いバンドだし、今回の大合唱で解散ということなので、色々と込み上げるものがあります。僕としては、こういうトリックとかに頼らずまっすぐに良い音楽をやるバンドが今世の中に広がったら、とても夢があるなと楽しみにしていたのですが。でも、解散を決めたことで改めて見えたこととかやれることとかが出てきたはずなので、最後本当に楽しみにしています。DENIMSは、今年出会ったバンドで一番好きになったバンドかもしれないです。最近は、同世代のバンドの音を聴くのに抵抗があるというか、素直に聴けないことが多くなってきて非常に疲れるんですけど、DENIMSは人柄とかを知る前から音だけで最高なバンドだなって素直に思えたんですよ。今後も一緒にやっていきたいバンドです。
高島:DAISY LOOは初めましてですが、他3バンドは一度は共演をさせてもらってて。でもまだゆっくり話したりできてないので、この旅でみんなと仲良くなりたいです。
西田:THE BOY MEETS GIRLSだけまだライブを見たことのないバンドで、すごく楽しみ。 他の3バンドは言うまでもなく最高。イベントが待ち遠しいです。
カマチュー:イケてるバンドです。
──他の4バンドのここでしか言えない秘密などご存知でしたらお願い致します。
さわいかん:お互いに実は初対面って人が案外多い。
橋本:初めてDAISY LOOと一緒にやったときに、バンドは大好きだったけどみんなイケメンでこわいし、僕もかなりの人見知りなのでほとんど話せずに終わったんですけど、翌日に太田くんからメールが来て、「良かったこと伝えたかったけど、直接だと嘘くさくなりそうで言えなかった」みたいな趣旨が書いてあって、イケメンなのに不器用か!と思って、そこで更に好きになりました(笑)。
西田:この度のツアーで、何か秘密を見つけることができればと思っています。
カマチュー:DAISY LOOの太田君と遊んだ時、鞄も持たず手荷物が小説だけでかっこいいと思った。ミニマリストなのかな。
 
 
DAISY-LOO.jpg
DAISY LOO
 
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

デロンとヘルシンキとデイジーとデニムスとボーイミーツの「東阪大合唱」
出演:
deronderonderon
Helsinki Lambda Club
THE BOY MEETS GIRLS
DAISY LOO
DENIMS
 
「東京編」
2015.12.28
会場:下北沢SHELTER
前売り:2500円(+1d) / 当日:3000円(+1d)
開場:18:00 / 開演:18:30
予約:バンド予約/ e+
 
「大阪編」
2015.12.29
会場:心斎橋Pangea
前売り:2500円(+1d) / 当日:3000円(+1d)
開場:18:00 / 開演:18:30
予約:バンド予約/ e+
 
6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻