Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー破れタイツ(吐山ゆん&西本マキ)(Rooftop2015年11月号)

関西発! “ガールズ映画監督ユニット”がルーフトップに初登場!

2015.11.02

 吐山ゆんと西本マキの2人で構成される"ガールズ映画監督ユニット"、破れタイツ。華美な服装と親しみやすい関西弁とは裏腹に、監督・脚本・出演をすべて務め、いとうせいこうの主催する『したまちコメディ映画祭』で2回のグランプリを獲得した実力派。今年の年末には阿佐ヶ谷ロフトAとロフトプラスワンウエストでのイベントを控え、ますます注目の集まる2人。今回のインタビューでは、そんな彼女たちの素顔に迫った!(interview:平松克規[Loft PlusOne West])

女の子2人で映画監督? その実態とは?

——破れタイツを結成されたきっかけは何なんでしょうか。
西本:2人とも京都造形芸術大学の映画学科に通ってたんですけど、私は監督コースで、ゆんちゃんは俳優コースだったので、知り合うのが遅かったんです。でも映画制作のゼミで一緒になって、地方出身の子が多い中でどっちも関西出身でお笑いがめっちゃ好きってところで意気投合しましたね。授業の作品って暗いテーマのものが多いんですけど、「もっと面白いもん作ろうや」って彼女が誘ってくれたんですよ。
吐山:それで作った最初の短編映画『じ ぞ う』が、いとうせいこうさん主催の『したまちコメディ映画祭』(以下、『したコメ』)でグランプリ含め3冠を獲ったんです。それがきっかけで本格的にコメディ映画を作り始めましたね。
——映画監督なのにコンビ名がついてるのが不思議なんですが、何か深い意味でもあるんですか?
西本:いや、「2人でやるんならコンビ名つけようや!」っていう高校生みたいなノリです。まず最初に紙にコンビ名を書いて、それを選抜する時間がありましたから(笑)。その中で「破れタイツ」っていう言葉は語呂がいいし、エロそうだけどエロくないっていうのがちょっとおいしいなと思ってつけましたね。
——形から入っていくんですね(笑)。
西本:そうですね。『したコメ』が9月にあって、10月からは次の年のこと考えるんですけど、まず衣装から考えますから。
——2人でやる利点っていうのはあったりするんでしょうか
吐山:2人で思い出を共有して作ってる部分があるので、考えもアイデアも2倍に膨らむっていうのは楽しいですね。
西本:ネタ出しの段階でも、ゆんちゃんの言った情景が湧いたり、私の言ったボケの意味がすぐに分かってもらえるので得なんですよ。私の言うボケが突拍子すぎて、すぐはねられることもありますけど(笑)。
——DVD(破れタイツ作品集『破れタイツ』)を拝見させていただいたのですが、会話にもボケとツッコミがしっかりとあって、お笑い好きっていうのにも合点がいきました。やはり会話劇にはこだわってるんですか。
吐山:そうですね。自分たちが入れたいワード、トレンドを反映させるために会話の部分にはこだわってますね。
西本:現場でもイメージした言い方と違ったら、けっこう詰めてやってもらいますから。
——ちなみにお笑い芸人さんだとどなたが好きなんですか?
吐山:みなさん好きなんですけど、ひとつ挙げるなら私はダウンタウンですね。
西本:私はダイアンが好きです。西澤(裕介)さんのボケが好きです。これ書いとって下さい(笑)。
——(笑)どっかで見る可能性もありますからね。
吐山:届け!(笑)
西本:届け、この想い!(笑)
 

チャレンジを重ね、新しい存在へ!

——『したコメ』で2回もグランプリを獲ってますが、環境は変わったりしましたか。
吐山:やっぱりたくさんの人と知り合えますし、私たちの経歴の中でも『したコメ』が一番謳えるものなのでそれは大きいですね。でも他のところにも飛躍していきたいです。もっとチャレンジしたいです。
——具体的にチャレンジしていることはあるんですか?
吐山:チャレンジしていることはいっぱいあるんですけど……。なんか周りの人から見たら、「今それやらんでええんちゃう?」ってことに手を出してしまうんですよね。やっぱり形から入っちゃうので(笑)。
——(笑)たとえばコメディ以外の作品を撮るとかは考えてたりするんですか。
吐山:ゆくゆくは違うジャンルのものも作りたいと思ってるんですけど、今はコメディ映画を量産したいですね。やっぱり『したコメ』が結成のきっかけなので。
——今も新作を作られてるんですか?
西本:実はちょっと前まで新作を撮ってました。それは前回の『したコメ』でグランプリを獲った『女子!読み切り!コミックワールド!』のスピンオフ的な作品で、20分くらいの短編ですね。でもそれを撮る前から、自分たちの気持ちは長編に向いてて……。
——やっぱり長編を撮りたいと。
西本:はい。今までで一番長い作品が『破れタイツ』の45分なんです。“ガールズ映画監督ユニット”を名乗るからには、長編を撮らないとダメだと思ってるんで、自分たちの今の気持ちは長編に向いてますね。近い未来の目標が、もっと多くの人に見せられる作品を作ることなんです。だからみんなに見てもらうためにも長編を撮って、こんなのも撮れるんだよ! ってことをアピールしていきたいんです。
——ラジオ(『ソラトニワ』)にも出演されていますが、これもチャレンジの一環なんでしょうか。
吐山:そうですね。私たち全部ひっくるめてエンターテイナーでありたいんです。だから映画と違う一面を見せられる場所は、今後増やしていきたいですね。
——西本さんのブログに「売れたい」って書いてあって、映画監督でそんなことを真正面から書く人も珍しいなと思ったんですけど……。
西本:映画じゃ食べていけないってことは2年目くらいで分かったんで(笑)。映画監督だったら誰に憧れてますか? って聞かれることが多いんですけど、この人っていうのは全然いないんです。もちろん皆さん尊敬してるんですけど。こんな目立ちたがり屋の映画監督もいないと思うんで(笑)。
吐山:新しい存在になっていきたいです!
 

イベントはいろんな“破れタイツ”を見られるチャンス!

——ロフトプラスワンってお店は以前からご存知でしたか?
吐山:破れタイツとして活動し始めて、ロフトさんに出させてもらうタイミングに初めて知りましたね。
西本:東京でいろんな人が出ている場所だっていうことも。
——今までLPOWには4回出演していただいているんですけど、どういった経緯で出演されたんですか。
吐山:DVDの発売記念イベントをできる場所を探してたんです。ちょうど新宿で有名なサブカルの聖地のロフトプラスワンの大阪版がオープンするって聞いて、1回電話してみましたね。そしたらオープンした次の日が空いてますって言われて。
——やってみてどうでしたか?
吐山:システム的に出演者に利点があるようなシステムなので、自分たち単独でやるイベントに関してはめちゃくちゃやりやすいし、良い場所だなって思います。
西本:DVD発売記念イベントが自分たちにとって初めての単独イベントだったんです。ライブハウスに行くこともあんまりない人生だったんで、飲食しながら映画を見るのも新鮮で楽しかったですね。
——阿佐ヶ谷ロフトAでもイベントを行なうんですよね。
吐山:関西だとお客さんも知り合いの割合が多くなってしまうんですけど、東京だと映画のイベントで知り合った方とか、私たちのことを知ってても作品は見たことない方々も多いと思うんです。だから新しい反応が見れるんじゃないかというところが凄く楽しみにしてます。
——東京、大阪も含めて今後ロフトで定期的にイベントを行なっていくようですが、どんなイベントにしていきたいですか。
吐山:映画も上映したいですけど、自分たちの違う側面を見せていくイベントにしたいですね。
西本:私たちって自主映画を見に行くタイプの人間じゃないんですよ。だからこういう映画以外のことをやって、映画を見ない人にもここから好きになってもらえるようなイベントにしたいですね。
——外に開けていく感じにしたいと。
西本:あと、私たち映画を作るペースがスローなので、動き出してる作品を出せる場にしたいですね。「イベントのために1本作ろう」とか焦らせてもらおうと思ってます(笑)。
——イベントを締め切りにしてしまおうと(笑)。では最後に、イベントに来ようか迷っている方にメッセージをお願いします。
西本:女の子2人組で、動いて喋る映画監督を見る機会ってそんなにないと思ってるんです。映画はやっぱりスクリーンで見るものだと思うし、かつその映画を見た上でそれに関する話ができるっていうのは、私たちからしても凄く良い場だなと思ってます。そんな機会ってあまりないと思うので、是非この機会に破れタイツの作品を見てもらって、好きになってもらって、私たちの声も届いたらなと思ってます!
吐山:普通のミニシアターだと、トークの時間が限られてコーナーとかができないので、イベント時間丸々破れタイツのいろんな側面を見られるチャンスです。破れタイツの映画は嫌いだけど人間は好き、人間は嫌いだけど映画は好き、とか破れタイツのどっかに引っかかってくれるのを願ってますし、そうなるようにイベントを盛り上げていきます。ちょっとでも興味のある方には足を運んでいただきたいです!
 

LIVE INFOライブ情報

ソラトニワ presents  うちら!ガールズ映画監督ユニット 破れタイツ!
出演:破れタイツ(吐山ゆん・西本マキ)、GAG少年楽団・宮戸洋行、映像制作団体 BABEL LABEL
2015年11月22日(日)阿佐ヶ谷ロフトA
OPEN 24:00/START 25:00
前売 1,500円/当日 1,800円(共に飲食代別・要1オーダー500円以上)
 
好評を博した大阪公演に続く第2弾! 映画界の未来と監督のスタイルを変える歴史的女子会イベント! 代表作『破れタイツ』を始め、『したまちコメディ大賞2014』でグランプリを受賞した『女子!読み切り!コミックワールド!』、さらに新作の『ストーカー』も初上映! 豪華ゲストを迎えてのオールナイト!
 
ソラトニワ presents メリー破れタイツクリスマス!
出演:破れタイツ(吐山ゆん・西本マキ)、他
2015年12月18日(金)ロフトプラスワンウエスト
OPEN 19:00/START 20:00
前売 1,500円/当日 1,800円(共に飲食代別・要1オーダー500円以上)
 
10月は大阪、11月は東京・阿佐ヶ谷。そして12月には最新作『ストーカー』をひっさげて再び大阪!上映会という名の女子会を繰り広げてきたガールズ映画監督ユニット、破れタイツ。今度はクリスマス会!? 映画のみならず、トーク&ゲストも!? 前売りチケットは11月14日(土)発売予定!
 
復刻
ロフトアーカイブス
haku
lpo
lpo