Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューsmorgas(Rooftop2015年9月号)

ミクスチャー・ロックの雄、オリジナル・メンバーの5人で市松模様のステージへ凱旋!

2015.09.01

 かつて私はHi-STANDARDや海外のパンク・シーンに夢中になっていた。普段着で爆音を鳴らす音楽に酔いしれた。あれから20年が過ぎ、ヌンチャクの歌詞に出てきたムラケンも大人になったのだろうか? Hi-STANDARDの横山 健は『ミュージックステーション』に出演し、BRAHMANも20周年で大型イベントを企画、電車の中刷り広告になっていたり、彼らが先頭に立ってシーンを底上げしている。そしてラウド・シーンもまた、新世代バンドを巻き込みながら現在進行形で勢いを増している。
 そのシーンの真っ只中にいた結成18年目のsmorgasに、私はどうしても話を聞きたかった。なぜ今もバンドを継続しているのか。何がバンドを続ける原動力になっているのか。そんなことをsmorgasの来門(MC)とアイニ(MC)にぶつけてみた。そこには今もピュアに音楽を楽しむバンドマンの姿があった。[interview:柳沢英則(新宿LOFT)]

smorgasのメンバーは選ばれし5人

──今日はよろしくお願いします。早速なんですが、smorgasの結成はいつですか。

アイニ:1997年ですかね。

来門:でも、その前からアイニはsmorgasをやってたよね、3人で。

アイニ:そうですね。実は96年くらいから母体となるバンドがありました。今のメンバーでやり始めたのが97年ですね。

──どういった経緯で始めたんですか。

アイニ:僕は西麻布の「Space Lab YELLOW」とかでクラブ・ミュージックをずっとやってたんです。当時たまたまライブハウスに行って、ちょうどHi-STANDARDが流行ってる時期だったんですが、「うわ、ライブハウスもヤバいな!」って衝撃を受けたんです。BACK DROP BOMBとかも当時来てたので、“ミクスチャーとラップ”っていいなと思って、自分がやっていたクラブ・ミュージックと上手く合わせて新しいスタイルができるかな、ということで始めました。

──来門さんは途中から入ったんですか。

来門:そうだよね。

アイニ:やりながらいろいろと考えてて、最初は俺がギター弾きながら唄ってたんですけど、それじゃ物足りないと言うかパワー不足だし、ギターとボーカルを入れてもうちょっとリズムを強くしたいなと思って。それでメンバーを探してたんですよ。そしたら彼を見つけちゃいました(笑)。

──当時、来門さんは何をしてたんですか。

来門:その時はちょうどアメリカから帰ってきたくらいでしたね、高校はあっちだったんで。アイニの弟と遊んでたんですよ、高校の先輩だったってこともあって。そしたら「兄貴のバンドが唄うヤツ探してるから、一回行ってみてよ」って言われて、リハに行ったんだよね。梅ヶ丘のリンキーディンクにね。

アイニ:最初、「どういう感じか見ててよ」って言ったんですけど、カウント入って音が鳴った瞬間に彼はもう上半身裸でしたね(笑)。

──その時はおいくつでしたか?

来門:いくつだろう、今が23歳だから……。

──そんな若くないでしょう(笑)。アイニさんは海沿いに住んでるんですか?

アイニ:湘南に、もう10年くらいになりますか。

──どんな理由で海沿いに住むことに?

アイニ:それも少し音楽が関係してて。初期はクラブ・サウンドを混ぜてちょっとニューヨークっぽく、と自分の中で思ってたんですけど、いろいろバンドマンとかと関わっていくにつれて…ELLEGARDENとかと一緒に回るようになって、「西海岸サウンドもいいな」と思い始めて。やっぱり海沿いのサウンド作るには海のそばに引っ越そうと、それだけです。

──住んでみてやっぱり良かったですか。

アイニ:住んだらやっぱり最高で、全然陸地に帰ってこれないですね。

──ライブの時だけ出てくると(笑)。smorgasのDVDを見るとLOFTの映像も出てくるんですが、あれは何年くらいですか。

来門:どのくらいですかね。LOFTにはずっとお世話になってますからね。LOFTでのsmorgasのライブってハズしたことなくて、本当に楽しいですよね。僕が25歳くらいの時かな。

──では、今度のライブは10年以上ぶりなんですね。

アイニ:結成初期のほうも何度か出させてもらって、レコ発もやったことあったかな。忌野清志郎さんとも一緒にやったことありましたね。

OKMB8510.jpg──新宿LOFTってどんなイメージありますか。

来門:周りが周りですからね…(笑)。今はここら辺も綺麗になってきたし、どんどん変わっていくんでしょうね。

──2010年にオリジナル・メンバーで再結成されましたが、どういう経緯だったんですか。

アイニ:きっかけはSENSHO君(SENSHO1500、g)の結婚式ですね。

──そこで久しぶりに集まったんですか。

来門:そうですね。で、みんなせっかく集まるんだからってことでsmorgasで3曲くらいやったんですよ。

アイニ:そしたら…なんでだろう。自然と「またやるか」ってことになったんですよね。

──久しぶりにオリジナル・メンバーで音を出してみて、何か思うことはありましたか。

来門:やっぱり嬉しかったですね。SENSHO君も(あらき)ゆうこちゃん(ds)も同じこと言ってましたけど、二度と会わないと思ってたから、もう一度そのメンバーでギグできるのが凄く嬉しくて。ソロとかユニットでの活動はしてきたんですけど、バンドはsmorgas以外やってないんで、全然違いますよね。

──その時が8年ぶりですよね。それほど長い時間を経て出す音って凄いですよね。

アイニ:一発で8年前に戻れた感じがありましたね。それが驚いたと言うか。俺はいろんな人とバンドやったりセッションしたりして、それなりにイイ感じだなと思ってたんですけど、8年ぶりに音を出してバッとまとまったってことは、やっぱりsmorgasの5人っていうのは選ばれし5人だったのかなって感じましたね。

 

このアーティストの関連記事

FIVE IN TO THE ONE

eq-records EQCD-0001
定価:2,100円(税込)
IN STORES NOW

amazonで購入

1. WHEN WE AROUND HERE
2. SO WHAT YOU SEE
3. AGAINST POWER OF SYSTEM
4. MAKE UP THE STYLE
5. MONEY
6. EMOTION RIDER
7. A CODE OF THE CHAMPION

LIVE INFOライブ情報

新宿LOFT presents
歌舞伎町爆音祭 其ノ十八 〜ラウドにいこうぜ!〜
2015年9月9日(水)新宿LOFT
出演:smorgas/ATOM ON SPHERE《KEN LLOYD(vo / FAKE?, OBLIVION DUST)、SHIGEO(vo, g, programing / The SAMOS, ex.SBK)、桜井誠(ds / Dragon Ash)、ケイタイモ(b / ex.BEAT CRUSADERS)》/DALLJUB STEP CLUB/fox capture plan
OPEN 18:15/START 18:45
前売 3,000円/当日 3,500円(共にドリンク代別)
チケットは、ぴあ(Pコード:272-677)、LAWSON(Lコード:70942)、e+、LOFT店頭にて発売中
問い合わせ:LOFT 03-5272-0382
 
SOUL-D! presents「GROOVE BOX vol.1」
2015年11月8日(日)伊那GRAMHOUSE
出演:smorgas/SOUL-D!/SALED/DJ.Eiichi Orihashi(BLACK SUMMIT)
OPEN 18:00/START 18:30
前売 2,500円/当日 3,000円(共にドリンク代別)
高校生以下 1,000円
問い合わせ:GRAMHOUSE 0265-73-6923
 
haku
lpo