Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー村田らむ(Rooftop2015年9月号)

新刊『ホームレス・スーパースター列伝』、遂に完成!
いい人も悪い人もみんな主役、十人十色の人生に脇役はいない!

2015.09.01

 過去に2冊の本が自主規制となっている村田らむの新刊、3年ぶりの書き下ろしルポタージュ『ホームレス・スーパースター列伝』が遂に完成。そもそもなぜホームレス取材を始めたのか? なぜお涙頂戴路線ではなくギリアウト路線を突っ走るのか? 「一人ひとりを主役だと思って本を作った」という村田らむにじっくり話を聞いた。さて、今回は無事に販売を続けられるのか...ロフトブックスの運命やいかに!?(interview:成宮アイコ)

ホームレスに「慎ましくしろ」と怒る人は自分が川で生活すればいいじゃん(笑)

──まず、本が完成した率直な感想をお願いします。
らむ:ありがたいですねぇ、全般的に自由にやらせてもらったので。あと、表紙を山口明さんにやってもらえたのが良かったです。いいデザイナーさんに作ってもらえるのはやっぱり嬉しいですね。
──ロフト事務所で表紙の打ち合わせを2、3時間されていたので盛り上がってるなぁと思ったら、大半は違う話をしていたらしいじゃないですか。
らむ:実際の打ち合わせは10分もなかったんじゃないかな(笑)。「写真組み合わせて、ちょっと赤羽的な感じで」とか言って、あとは業界の裏話ばっかりしてましたよ。でも分かりやすくてめちゃいい表紙になりました。
──今回の本は一人ひとりにじっくりスポットが当たっていますけど、どなたが印象に残っていますか。
らむ:多摩川で夫婦で暮らしているお父さんと、淀川でシジミを獲って漁業をしているお父さんが、かっこよすぎてたまらんなぁと思いましたよ。行ってみてくださいと言うと問題ありますけど、あれはとてもいい光景でしたね。やっぱり川沿いはいいですなぁ。
──実際、取材の後にまた会いに行った人っています?
らむ:テレビの取材で「この人を紹介してください」とか言われるんですけど、同じ人がいつもその場所にいるとは限らないですし、すぐ移動しちゃうし、約束ができないんですよ。だからと言って、携帯電話を持っていて連絡が取れるレベルのホームレスだと需要が少ないと言うか、もうちょっと分かりやすいレス感が欲しがられるんですよね。
──携帯電話を持っている方は多いですよね。発電機もあってWiFiが飛んでいるでかい家に住んでいたり…。
らむ:ホームレスがそこそこの生活をすると「もっと慎ましくしろ」と怒る人が多いんですよね。僕は何でもいいと思うんですけどねぇ。そんなに怒るなら、じゃあ自分が川で生活すればいいじゃんって(笑)。でもホントに家賃が払えなくてどんづまったら、多摩川なり西成なりに行けば何とかなりますよ、そうそう死ななくて済みます。
 

もっといろいろ見よう・聞こう!と思ったのがきっかけ

──らむさんは、軍艦島の写真集、ゴミ屋敷や樹海の本などいろいろと出されている中で、ホームレス本は過去に2冊も自主規制になっていますけど、それでも作り続けるのはなぜでしょう。一番面白いジャンルだからですか?
らむ:まぁ、頼まれるっていうのが実は一番大きいんですけど。確か、一番最初にホームレス取材に行ったのは雑誌の企画でしたね。好きなことをやってもいいって言われたんですけど、僕はもともと熱量のある趣味が何もなかったんですよ。車がどうとか釣りがどうとか、みたいな。多少詳しい趣味はあっても書くほどではないし、コネも知識もないし、それで何を取材しようかなぁと思った時に、さほどみんなが行ってなくてインパクトがあって…と考えた結果ですね。それにホームレスは取材費がかからずタダで済むし(笑)。
──もとから気になってはいたんですか。
らむ:地元にはそんなに多くのホームレスがいなかったんですけど、初めて東京の上野公園に行った時にテント村を見つけて、これは話を聞きたい! と思いました。あの時上野公園を見てなかったら、こうしたホームレス取材に行こうとは思わなかったですね。
──本の中に「(ホームレス村を)歩いていて緊張する感覚がいい」とありましたが、小さい頃からそういう感覚はありましたか。
らむ:小さい頃は病弱でほぼ外に出てないんです(笑)。で、そのままイラストレーターになっちゃって。自分の中にあるものだけで作品を作って、机の上で完結しちゃう仕事をしていたら、ふと「このままじゃいかん!」と。それでもっといろいろ見よう・聞こうと思ったのが20代の時ですね。でも積極的な性格じゃないので、取材っていう形じゃないと声がかけられないんですよ。もしかしたら、自己啓発なところがあるのかもしれないです。
──それにしてはもの凄い振り幅じゃないですか。一番話しかけづらいところに行きましたね(笑)。
らむ:昔、スナックでバーテンをしてたんですけど、40人入る店なのに女の子が3、4人しかいなくて、客が必ず余るんですよ(笑)。余ったおっさんたちはカウンターに座って不機嫌な顔をしているから、何とかせにゃいかんと奮闘して話す技術が鍛えられましたね。あとは、深夜ラジオを腐るほど聞いてたから、そのパーツ、パーツを使って会話を組み立ててるだけ(笑)。本来は全然話し上手じゃないんですけど、話を続けさせるのは得意で、それゆえに絵でプロになれたっていうのはあるかもしれないなぁ。この人に頼めばいい絵が上がってきそうだっていうのは大前提だけど、相手に「話していてしんどくなさそうな人」と思わせるのも重要だと思うんですよね。そりゃあ確実にいいものが出来上がるなら、めんどくさい人にも頼むかもしれないけど…百田(尚樹)さんとか(笑)。…確実に上がるならね(笑)。
 

まともに生きなきゃいけないと思うから大変になっちゃう

──今回の本の帯がめちゃくちゃ感動的だったので、てっきり誰かがカモフラージュして書いてるのかなと思ったら、らむさんご自身があとがきで書いている言葉でした(笑)。らむさんの本って、同じ内容のままちょっと書き方を変えるとお涙頂戴にもできますよね。実際、『ホームレスが流した涙』という本は推薦図書にして欲しいというレビューもついていました。その方向でジャーナリストの大先生への道を選べたかもしれないのに、ギリアウト路線を選ぶのはどうしてですか。
らむ:だって、浪花節と言うか「泣かせるぞ〜」っていう作品ってヤじゃないですか(笑)。泣かせるなら泣かせない体にしておいて泣かせたいんですよね。コメディ映画なのに凄くクる、最後は泣いちゃった、みたいな。「○○○なのに泣ける!」っていうのが好きなんです。
──誤解されやすいことに憤慨はしないんですか? ちゃんと読んで! って。
らむ:ちゃんと読んでくれてるんですよ、ただバイアスがめっちゃかかってるだけで。手垢で真っ黒になるまで読んでくれるけど、それは粗探しするためなので、まぁまぁ(笑)。
──ズバリ! 明日からホームレスになりました、どこへ行きますか?
らむ:う〜ん、迷うとこだけど、山谷や西成だと炊き出しがあるけどなぁ…でもやっぱり川沿いかなぁ。川沿いに住んでる人のDIY感がハンパなくて楽しそうなんですよね(笑)。
──川沿いでガッツリ家を建てる派ですね。
らむ:決め込んだらそうするかも! ボーリングで基礎を作って、しっかりと(笑)。でも簡単にはいかないよね、だいたい家を建てている人って元土方さんが多いから、鉄骨を上手いことやっててみんな凄いですよ。
──じゃあ、稼いでる今のうちに材料の準備をしましょうよ!
らむ:余裕がある時にもう建てちゃえばいいんですよ、超豪華なやつを(笑)。ホームレスになっても家さえあれば何とかなりますし、ご飯に関してはそんなに困ることはないですから。ガリガリのホームレスってまず見ないし、西成なら100円のお弁当屋さんもあるし、盗んだものかもしれないけど露天でいろいろ売ってるし。
──露天で眠剤も買えるし(笑)。でもこの本を読んでると、本当に困っても何とかなるような気がしますよ。
らむ:まぁ誰でもいつなるか分からないし、絶望している人は絶望しているから絶望しているだけで、一見幸せに見える金持ちだって自殺しますからね。まともに生きなきゃいけないと思うから大変になっちゃうだけで、生物として生きるだけなら何とかなるんですよ〜。
──大阪で「ホームレスのおっちゃんに登壇してもらう」という夢を叶えてしまいましたが、次の野望はありますか。
らむ:ホームレス登壇トークライブ in 東京!
──ネイキッドロフトで断られたという企画ですね(笑)。このシリーズで2巻も出ますか?
らむ:2巻も出して欲しいですよ、全6巻くらい(笑)。いや、ジョジョみたいに何部作にもして。
──シリーズ化を目指しましょう、ロフトブックスで!
らむ:あー、ロフトブックスが一番ですよ(棒読みで)。
 
このアーティストの関連記事

ホームレス・スーパースター列伝

村田らむ 著
A5判/216頁
定価:1,600円+税
発行:ロフトブックス
絶賛発売中

amazonで購入

タブーに切込み波乱を巻き起こす村田らむのホームレス本の最新刊は、ロフトプロジェクトのロフトブックスから発売!! タイトルは衝撃の『ホームレス・スーパースター列伝』!! 114人のホームレススター名鑑!! ホームレス出演のトークライブ完全収録!! 徹底的にホームレス三昧の一冊です!!

LIVE INFOライブ情報

2015年9月1日(火)新宿歌舞伎町 ロフトプラスワン
村田らむ『ホームレス・スーパースター列伝』発売記念イベント!!
【出演】村田らむ、大島てる、B・カシワギ、成宮アイコ、小沢カオル(漫画家)、藤倉善郎(やや日刊カルト新聞)
OPEN 18:00/START 19:00
前売 2,000円/当日 2,500円(要1オーダー500円以上)
前売券は店頭にて販売中!!
問い合わせ:ロフトプラスワン 03-3205-6864
haku
lpo