Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューB-DASH(Rooftop2015年4月号)

今こそライブハウスで体感して欲しい「適当アドリブめちゃくちゃ語」の世界!

2015.04.01

 2014年9月、SHELTERを舞台にスタートしたB-DASHのワンマン・シリーズ企画『かけこみしぇるた〜2』。「適当アドリブめちゃくちゃ語」で一大ブームを巻き起こした彼らが今、ワンマンに懸ける意気込みとは? 今なお貫かれているそのスタンスの元には、底抜けに明るい素顔があった。中学校の同窓だという彼らは、友達にイタズラをしかけ続けるような純真な遊び心でファンを楽しませることを忘れない。彼らのルーツに触れつつ、『かけこみしぇるた〜2』の魅力を3人に語ってもらった。[interview:上里 環(下北沢SHELTER)]

『かけこみしぇるた〜2』とは?

──『かけこみしぇるた〜2』というワンマン・シリーズ企画も4月で3回目になります。まず、SHELTERでワンマンをやることになった経緯から教えて下さい。
GONGON(g, vo):『SERVICE』という自主企画をSHIBUYA-AXや新木場STUDIO COASTでやっていたのですが、その後夜祭のようなイベントとして『かけこみしぇるた〜』をやるようになったのがきっかけですね。
──それまでもSHELTERで企画をやったりしたことがあったのでしょうか。
GONGON:あったっけ? 『かけこみしぇるた〜』がきっかけだったと思います。ライブ制作の人のチョイスで。それ以前はイベントに呼ばれたりして出ていました。『かけこみしぇるた〜』は別のイベント制作会社に委託していたのですが、今回自分たちで『かけこみしぇるた〜2』をやることになった時は思い出も相まって、是非SHELTERでワンマン企画を定期的に続けていこう、ということになりました。“『SERVICE』の後夜祭”ではなく、また別の独立した新企画として打っていこうということで“2”を付けました。
──なるほど。タイトルは似ているけど、“2”を付けることで意識的に差別化しているんですね。この企画、ただ演奏するだけのワンマンではなく、2部構成の合間で毎回さまざまなイベントが用意されていますね。
GONGON:一発目はLIONHEADという3人組のお笑い芸人の1人、モジャさんに登場してもらい、ひとネタ盛り上げてもらいました。B-DASHのお客さんにもピッタリ合い、ひとしきり踊りまくった会場を2部に向けてさらに煽ってくれました。いろんなロック・バンドのライブにも登場しているので、ご存知の方もいるかもしれませんが。
──会場も爆笑に包まれて、ライブの雰囲気を心得ていると言うか、さすがという感じでしたね。まだ記憶に新しい今年1月のワンマンではどうだったのでしょうか。
GONGON:ステージにスクリーンを用意して映像を流しました。B-DASHのとあるライブ映像を見ながらメンバーがアレコレ喋る、といった内容です。いつのライブかなどは詳しく話せないので、当日会場にいた人はラッキーでしたね。
 

一夜限りの限定企画『ARASEの逆襲』

──僕も一緒に拝見させてもらいましたが、確かに詳細は話せませんね(笑)。さて、第3回目となる今回はどのようなイベントをご用意されているのでしょうか。
GONGON:前回の映像でARASEネタが結構ウケたこともあり、今回のサブタイトルを『ARASEの逆襲』にしました(笑)。
──「よくぞ俺(ARASE)を笑い者にしてくれたな!」的な感じでしょうか(笑)。
ARASE(ds):ギャハハハ!(笑)
GONGON:前回はさんざんイジってやりましたからね。今回はARASEからの恐ろしい逆襲が待っているんじゃないかなって気がしています。まぁ、タイトルから想像してもらえれば(笑)。
TANAMAN(b):あとは菅原そうた(GONGONの実弟)のスペシャルVJ LIVEがあります。これについてはこれから徐々に内容を発表していく予定ですのでお楽しみに。ここでもARASEを巻き込んだ企画を用意しています。
ARASEイヒヒヒヒヒ…!(笑)
──あれ? この流れって、逆襲というよりまたARASEさんがイジられてません?(笑)
GONGON:いや、きっとARASEは今度こそ僕とTANAMANをネタにして逆襲を果たすと思いますよ。「逆襲」ってそういうことですからね。
──なんだかバンド内のパワー・バランスがだいたい把握できたのですが、3ピースでイジられ役になっちゃうと状況を覆すのって難しいですね。残りのどちらかを味方にするか、2人をいっぺんにやっつけなきゃなんないですから(笑)。
TANAMAN:バランス的にはいいんで大丈夫です(笑)。
GONGON:ARASEのイジられキャラはお客さんにも徐々に浸透していってますからね。
ARASEギャハハハハハ!(笑)
──でも今度の『かけこみしぇるた〜2』でARASEさんがお客さんにバッチリ格好いいところを見せられれば、逆襲は達成されますからね。
GONGON:そうなんですよ。公開処刑のようにさらし者にするつもりはなくて、ARASEに逆襲の場を作ったのです。
ARASE本当に瀬戸際だよ…(笑)。
 

集まれ! 子どもたちっ!

──そんな今のB-DASHのライブをどんな人に見て欲しいですか?
TANAMAN:小学生とか、子どもたちにもっともっと見に来て欲しいですね。そのためにキャッシュバックや学割のサービスも毎回やっています。
GONGON:それにB-DASHのワンマンは今、下北沢のSHELTERでしか見られませんので是非、という感じですね。
──B-DASHのメンバーはみんな同じ中学の出身ということですが、学生時代のエピソードなどありますか?
GONGON:当時、僕がビデオカメラを持ってオリジナル・ドラマを作っていたのですが、ARASEがカツアゲされる役で登場してましたね。僕の弟の初映像作品もARASEをネタにしたものだったので、思い出してみるとARASEのキャラはその当時から変わってないんですね(笑)。
 

『ARABAKI ROCK FEST.15』に行く皆さんへ

──最後に『かけこみしぇるた〜2』に行こうか迷っている人たちに一言ずつ意気込みをお願いします!
GONGON:『かけこみしぇるた〜2』を始めてから回数を重ねるごとに僕らとお客さん、ハコとの一体感が増していることを実感しています。まだチケットも間に合いますので、迷っている人は是非ふらっと遊びに来て欲しいですね。
TANAMAN:小さなお子さんのいる保護者の方々にも親子で楽しんでもらえるような企画をたくさん用意していますので、軽い気持ちで来て欲しいです!
──それでは、今回の主役ARASEさん、お願いします。
ARASE近所の区の運営しているスタジオから、中学生くらいのバンドが練習でB-DASHを演奏しているのが漏れて聴こえてくることがあるので、そんな子たちにも是非生のB-DASHを体感して欲しいですね。…というのは建前で、タイトルがなんせ「ARASEの逆襲」なので、ここはちょっと偉そうに「お前ら、覚悟してかかって来いよ!」とでも言っておきましょうかね(笑)。このインタビューでも説明したように、ワンマン・ライブの裏ストーリーが進行してますので一度も見逃して欲しくないし、未体験の人にも温かい会場なので是非足を運んで欲しいです!
──4月25日は『ARABAKI ROCK FEST.15』も開催されていますが、SHELTERではなく、ARABAKIに行く人たちにもメッセージをいただけますか。
GONGON:このインタビューを読んでなお、ARABAKIに行く人たちは「ARASEの逆襲」を体感できなかったことを一生後悔しろよ!
 
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

B-DASH presents『かけこみしぇるた〜2』vol.3
特別編 ARASEの逆襲
2015年4月25日(土)下北沢SHELTER
【出演】B-DASH/DJ:IIDA TETSUJI aka DJ邪悪/SPECIAL GUEST:菅原そうた(マルチクリエイター)
OPEN 17:00/START 18:00
前売 2,500円/当日 3,500円(共にドリンク代別)
チケットはe+、ローソンチケット、SHELTER店頭にて発売中
*高校生は学生証持参で500円キャッシュバック!
*中学生以下のお子様をお連れの保護者の方はお子様1人につき500円キャッシュバック!
*未就学児童は入場無料
 
Others
2015年5月3日(日)高崎Club FLEEZ
2015年5月4日(月)仙台PARKSQUARE
 
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo