Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【Rock is Culture 2015】開催記念特別対談 Mix Speaker's,Inc.×Moran【完全版】

新宿LOFTが放つV-ROCKの祭典【Rock is Culture】が来年も開催!
バンド・カラーを強く持つ互いの『ライヴ・ワールド』を見逃すな!

2014.12.18

お互い個性が強いから、今回2マンをやってみて「もうないわっ!」ってなるかもね(笑)

seek:僕、一番楽しみなのは、まずMoranのライヴを見ることですからね。メンバーさんがviviさんとIvyさんになってからまだライヴを見てないですから。うちもNIKAくんが入って12月の東名阪ワンマンやるだけで、イベント出演としてはこれからなんで、お客さんを根こそぎ取りたいなって思ってます(笑)。
Soan:それ言っちゃいます?
MIKI:目、キョロキョロしてたよ、今(笑)。
seek:(笑)新体制になってどれぐらいですか?
Soan:2年半ぐらいですかね。
seek:お2人のイメージは昔からそんなに変わってないのかなって思ってるんですけどね。この間出た新曲のMVをネットで見たんですけど、やっぱりちゃんと自分たちの色を持っての新曲だなって感じがしましたし、どんな感じになっているのか楽しみです。でも2マンってまた、見せ方が難しいですよね?
Soan:そうですね。でもMixもMoranも、持ち時間が長ければ長いほど強いバンド同士なんじゃないかなって思うんで、イベントでは数回しか共演したことがないんですけど、ほんと手強い相手っていうイメージしかないんですよ。世界観も凄いしっかりしてるし、コンセプトを毎回持ってきっちりとステージ上で演じ切るってところが、他のアーティストより群を抜いていると思いますし。俺たちは俺たちの良さみたいなものを全面に出さないとそれこそ圧倒されてしまうので、そこだけはきっちりと考えて、ぶつかり合いってわけではないですけど自分たちのカラーをしっかり見せられたなって思いますね。かつ、keijiくんが誕生日とのことなので、プラスアルファで一緒に楽しめたら、より良い1日になるんじゃないかなって思います。
seek:それこそお客さん視点からいくと、全然対バンしてないからね。
MIKI:でも俺、結構Mixのお客さんからMoranが好きって聞くよ。
Soan:本当? じゃあもしかしたら重なってる部分があるのかもしれないですね。
seek:お客さんの混ざり方もどんな感じになるのか想像つかないから、これをきっかけにやってみたら楽しそうやなって思います。ねっ!
Soan:じゃあseekくんとHitomiで何か…。
——セッションですか?
Hitomi:誕生日の人を差し置いて! そこは誕生日の人でしょー、どう考えても(笑)。
Soan:でもトリプル・ボーカルってちょっと他ではないよね? 1バンドにすでに2人ボーカルがいる状態じゃないとね。
seek:僕はIvyさんがベース弾いてくれたら4人目のボーカルに…。
MIKI:増やしてどーすんだよ(笑)。
一同:(笑)
seek:僕、viviさんとIvyさんがどんなキャラかもすげー気になってるんです。Twitterとかで写真を見て、こういうキャラクターなのかな、普段はこういう感じなのかなってイメージはするんですけど。Siznaさんはもうぶっ飛んでるじゃないですか。
Soan:ステージ上はぶっ飛んでますね。
seek:新しい髪型もなかなかぶっ飛んでるなぁって。インストアイベントの写真とか見て攻めてる感じが、「よー勇気ある、この人!! こういう人好き!」って。
一同:(笑)
seek:SiznaさんもOver The Edgeで一緒にセッションやらして頂いて面識があるんですけど、他の2人が全然面識ないから、楽しみだなぁって。
——最後にみんなでセッションとか出来たらいいですね。お互いの衣装を着たりして。
seek:全然いいですけど、多分Moranが嫌なんじゃないかなって。
MIKI:俺もそう思うんだけど(笑)。
一同:(笑)
MIKI:俺らは何でもっていうのがあるけどね。
Hitomi:衣装を着るっていうだけの問題じゃ済まないことがいろいろとあるんじゃないかなって(笑)。
Soan:顔と衣装が多分合わなくなっちゃいますよね。
Hitomi:特にseekの衣装とかって、身長がもうすごいことになってるからね(笑)。
MIKI:今回のseekさんはすごいですからね。ヤバいっすよ。
Soan:ミッキーがそこまで言ったら、本当にヤバいんだなって(笑)。
MIKI:なかなかのいかれ具合ですよ(笑)。
(みんなでMixの新しいアー写を見ながら。)
Soan:つまりは俺、これを着るってことだよね? (Sさんを指差して)
MIKI:でも別にそうじゃなくてもいいんじゃない。例えばケンちゃん(keiji)の衣装を着るとかね。
Soan:あー、同じパートじゃなくてもいいってことね。
——keijiさんが誕生日だから、みんなでkeijiさんの今までの衣装を着るっていうのはどうですか?
seek:それもいいっすね。ケンちゃんに、「衣装を全部持って来いよ」って、持って来さして。
MIKI:めっちゃ嫌がるじゃん!(笑)
seek:「持って帰れよ」ってことを誕生日の人にさせるわけですね。
一同:(笑)
Soan:seekくんの衣装、格好いいですね! 発想がすごいですね!
seek:発想は全部AYAくんですね。僕、今までMixになってから衣装を考えたことがないですからね。AYAくんに絵を渡されて、「次、これな」って言われて、「はい」って言うだけなんで。
Soan:へー、すごい格好いいっすよ、これ!
——最後にみんなでセッションとか出来たらいいですね。
seek:そうですね、みんなで何かやりたいですね。あとはLOFTで打ち上げが出来れば最高ですけど。
——是非やりましょう! MIKIさんはこの日への意気込み的なことってありますか?
MIKI:そうですね、2マンだからといって、決して単純に流されてはいけない勝負だと思いますね。
Hitomi:歩み寄りようがないよね(笑)。
seek:お互い個性が強いバンドだと思うんで、やってみないと混ざるかどうか分かんないですよね。やってみた結果、「もうないわっ!」ってお互いなるんかもしれないですけど。
一同:(笑)
seek:お互いそんだけのぶつかり合いは何かしらあるんじゃないかと。お客さんの記憶には残るんじゃないかなって思いますけどね。
Soan:それこそ昔のっていう言い方じゃないですけど、カラーの強いバンド同士でね。今回は2つですけど、そういう感じになるといいですよね。
seek:メンバー同士はこんだけ昔から知ってるし、仲もいいっていうのもありますけど、バンドとしてお互いの個性がかなり強いと思うんで。だって絶対、Hitomiさんのお客さんがですよ、俺のこと見て「格好いい」って思うわけないじゃないですか(笑)。「何なのこの人! 何で骸骨なの!」ってなるじゃないですか。でも、そういふうに思われたら僕の仕事としては正解っちゃ、正解なんですけどね(笑)。「どんなヴィジュアル系聴いてきたらこうなったの?」って、Moranのお客さんをならしたいですね。
MIKI:何これ!? って思わせたら正解かもしれないですね、僕らは。
seek:そうですね。NIKAくんとしてのMix Speaker’s,Inc.がどんなステージになっているのかは、まだ僕らも知らないですからね。こっから年明けまでの間にバンドとしてひとつ強い絆を作っておきたいなって思いますけど。いろんな意味も含めて楽しみですね。
 
 
このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

Shinjuku Loft 「master+mind」presents【Rock is Cultire 2015】
2015年1月19日(月)新宿LOFT
OPEN 18:00/START 18:45
前売り 3600円/当日 4100円(共にD別)
 
【出演】
Mix Speaker’s,Inc./Moran
 
【チケット発売】
■ 先行発売(Aチケット)
受付終了
■ 一般発売
…LOFT店頭(Bチケット)・ローソン(Bチケット/L:78693)・e+(Cチケット)にて発売中!
 
【入場順】
1. Aチケット
2. 各Bチケットの並列
3. Cチケット
【主催・企画・制作】
新宿LOFT
 
【後援】
テレ玉
 
【協力】
HOT STUFF PROMOTION/TOWER RECORDS 新宿店/ライカエジソン/自主盤倶楽部 /little HEARTS./ZEAL LINK/ブランドエックス
 
【問い合わせ】
新宿LOFT 03-5272-0382
● master+mind HPはこちら
● 【Rock is Culture 2015】HPはこちら
● 新宿LOFT HPはこちら
 
松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo