Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー大川竜弥(32歳・無職)

無職の履歴書

2014.03.19

フリー素材になろう!

rooftopint_okawasan_3.jpg――壮絶ですね……。それ以降は無職、ということですか?

大川 そのあと別の会社で契約社員もやってるんですけど、それもすぐ交通事故に遭って働けなくなっちゃったので、ある程度まとまって働いていたのはそこのライブハウスが最後ですね。

――無職になったことで不安はなかったですか?

大川 もちろん不安は不安でした。ただ、IT系の会社にいたときまでは仕事が上手くいかなくても何とかなってきたんですよ。でも、ライブハウスで自分でイベントをやったりするようになったときに、上手くいかないことが増えてきて。会社にいれば稼げるけど、個人事業主という形で商売したらてんでダメだなっていうコンプレックスがあったというか。それを解消したかったので、個人でやることになったのは逆に良かったかなと。

――前向きですね!

大川 そうですね。不安はもちろん今でもありますけど、あんまり気にしてはいないですかね。

――無職になったとき、まず何をしようと思いました?

大川 ライブハウスにいたときから個人でライターの仕事を請けていたんで、それを続けつつ、またネットの世界に行こうかなって。ネットで有名になれば何とか暮らしていけるんじゃないかなと。

――何を見てそう思ったんですか?

大川 例えば津田大介さんとか佐々木俊尚さんってネットでは超有名人だけど、世間一般で有名かって言われればそうでもないじゃないですか。まあ、お2人は超有名人ではあるんですけど、もうちょっと規模が小さくても有名になれば、文章を書いたりとかイベントに出たりとか、そういったもので自分が暮らしていけるくらいは稼げるんじゃないかなっていう安易な発想があったんですね。それでツイッターやフェイスブックも始めたんですけど。

――でも津田さんも佐々木さんも、それぞれ本業があったうえでネットでの知名度を獲得された方ですよね。

大川 そうですね。だから僕も何か実績がないといけないなって思ったんです。ネット系の人って実績がないままちょっと知名度があがると、うさんくささが凄いじゃないですか。テレビとかに出ていても実際何をしてるかイマイチ分からない人もいますし。

――いますね〜、そういう人。

大川 そうなったらいけないなって思ったんですよ。そこで何かひとつ看板が欲しいと思ってやったのが、フリー素材のモデルだったんです。こういうことをやってる大川、っていうのがあれば、何となく納得感があるじゃないですか。

――まずはモデルという肩書きをつけようと。

大川 はい。あとは僕、言ったもん勝ちの仕事が好きで。フリーのライターも「僕ライターやってます」って言って仕事が来てOKが出れば誰でもなれるじゃないですか。フリー素材のモデルも、顔が出せれば誰でもできることなんで。なおかつ、フリー素材から知名度を獲得していくっていうのが新しいなって思ったんですね。まあいるにはいるんですけど、それを軸に駆け上がっていった人って今までいないなと思って始めたんですよ。他の方法で有名になったとしても、こういう人いるよねって思われたらおいしくないじゃないですか。

――それでもいろんな選択肢があったと思うんですけど、敢えてフリー素材のモデルを選んだきっかけはあったんですか?

大川 知り合いが「PAKUTASO/ぱくたそ」をブログで紹介していたのをたまたま見かけて、コンセプトが面白いなと思ったんですね。そこから写真素材のサイトを見始めたんですけど、他は法人が運営してるんですよね。でも「PAKUTASO/ぱくたそ」は個人が運営していて、ちょっと独特の色を着けて他にはできないことをやってるっていうのが面白くて。追々そういう個人のサイトが数字なり知名度なりで法人に勝ったらかっこいいんじゃないかって思って。自分が目立つのもそうなんですけど、サイト自体がそういうことになったら良いなって。それで「PAKUTASO/ぱくたそ」を選んだんです。

――実際モデルをやり始めて何か変わりましたか?

大川 やって1年くらいは分からなかったんですけど、1年経つとネットで自分の写真を見るようになったり、どこかに行ったときに「あの写真の人だ!」って言われるようになったりして、写真素材が自分の宣伝材料というか、名刺みたいになるんじゃないかなっていうのが実感として得られました。写真を見て撮影の仕事を下さることも出てきましたし。

――7!!(セブンウップス)「Mr. ハロー」のPVにも出演されてましたね。

大川 そうですね。そういう風に形になってきて、何となく間違ってなかったのかなと。

――でも、まだそこから生活できるくらいの収入は得られていない訳ですよね。

大川 まだお小遣い程度というか、生活の足しになる程度です。

――今、他に収入の手段は?

大川 ライターの仕事とか、何もないときは日払いの仕事に行ったりしてますけど。それでギリギリ暮らせるくらいかなっていう感じですね。

6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻