Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューircle(Rooftop2013年7月号)

着実に一歩ずつ歩みを進めたircleの充実作『さよならリリー』リリース

2013.07.01

 今ライブハウス界隈でジワジワと話題になっているircleが、ミニアルバム『さよならリリー』を7月10日にリリースする。中学生の時に結成され、今年26歳になる彼らの活動歴は12年。これまで着実に地を固めるという活動でライブに磨きをかけ、常に進化をしながら活動を続けてきた彼ら。先輩方と同じステージに立つことで得るものもあり、その結果今の彼らのライブのような、衝動がギュッと詰まったエネルギー溢れる珠玉の7曲を収録した作品が完成した。
 「今はもっともっと自分らを磨いていくだけ」と言っていた彼らは、この作品をもって7月20日から全国ツアーに向かう。ライブの数を重ねることでより多くのものを吸収し、11月に東京でファイナルを迎えるのだろう。ircleの可能性は未知数に広がっているのだ。(interview:やまだともこ)

新しいアイディアを取り入れることが出来た

── いよいよ7月10日にミニアルバム『さよならリリー』がリリースされますが、全国流通としては『μ(ミュー)』以来のひさしぶりの作品ですね。

ショウダケイト(Dr.):ミニアルバムの前2作(『Run』『You』)はライブ会場限定だったので、全国流通は2年ぶりぐらいになりますね。

── この作品は、ライブの熱量や勢いがすごく込められた作品だと感じました。4月にあったロフトでのライブは、2曲目ぐらいで既に仲道さんは汗のしぶきを上げられていたように、ステージのエネルギーを凝縮したような作品だと感じたんです。

伊井宏介(Ba./cho):初めてロフトに出た時ですね。

河内健悟(Vo./Gt):あの日ステージの酸素が薄くてすごかったんですよ。思い出したくもないぐらい声が出なかった(苦笑)。でも楽しかったです。お客さんにも助けられたし、勢いは感じてもらえたと思います。

── ライブの回数を重ねることで、作る曲の雰囲気は変わりましたか?

河内:たぶんircleは、ライブを意識して曲のテンポだったりを考えていると思います。でも特別ライブでどうしようかという曲がいっぱい入ったわけじゃなくて、素直に曲作りは曲作りでやれました。今回は大分で合宿みたいなこともやって、たくさん曲があった中から絞っていったんです。

── 合宿は何日間ぐらい?

河内:1日ですね。

伊井:2日です。

河内:………2日やりました。

仲道 良(Gt./cho):レコーディングが出来るセットをスタジオに持っていって、みんなで曲を練っていったんです。

── レコーディングは一発録りで?

ショウダ:ベース、ドラム、ギターは一発録りです。

── それが今のircleをCDにするには一番良い形ということですか?

河内:そこはまだ探っているところで、レコーディングのやり方は毎回変わっているんです。でも、今回も面白い感じで録れたという気はしています。

── レコーディングに苦戦したとか、曲作りで苦戦したとかはありますか?

河内:だいたい演奏は3テイクずつぐらいで、エンジニアさんと話し合いながらやっていたので苦戦した感じはないですね。

ショウダ:『桃源郷 ex.ニヒルガール』はレコーディングで完成した感じがあります。ブルースハープの部分やブリッジの部分のチャイナっぽい感じは、最終段階でアイディアが生まれて、一番最後に出来た曲なんです。ドラムの観点から言うと、最後の『ミニブル』はリズム自体はシンプルなんですが、大きなスケールを持つ曲なので、リズムをキープするのが難しかったです。

── 今お話に出たんですけど、この作品を聴いて『桃源郷』のメロディーがすごく印象に残ったんです。

河内:ベース始まりもかっこいいし。

伊井:ああいうタイプの曲は今までバンドでやったことがなかったんです。ループを強調させたというか、昔だったら絶対に考えない発想だったから、経験を積んだというのもあると思いますけど、年を取ったんだなという感じもしましたよ(笑)。

河内:伊井ちゃんのアレンジのマインドがガッツリ入ってる曲ですね。原曲はもうちょっと普通だったんです。

ショウダ:シンプルな曲でしたね。だいたいそこから良い意味でぶっ壊しにかかってくるのが伊井ちゃんなんです。

伊井:それまでは歌詞を聴かせたいから、全曲を通してベースで暴れたり主張し過ぎずにアレンジを考えたんですけど、その曲だけはどうしてもベースを主張したかったので、俺の中ではすごくやりきった曲です。ああいう遊び心のある曲調も必要だと思って、このアレンジに関してはやってみました。

ショウダ:今回取材でお話をしていて、良いと言われる曲がバラけるのが面白いんです。リリース前に先行でリード曲の『バタフライ』のMVを公開して、お客さんからの反応はすごく良いし、『嘘つき少年より』も対バンしたバンドが良い曲だねって言ってくれるし、僕らもいつもなら核となる曲が決まっていて「この曲を中心にアルバムを作ろう」って取り掛かる場合が多いんですけど、どれをリード曲にしようかって迷うぐらいで。どれも良い部分のベクトルが違うので、スタッフの方にも相談して、『バタフライ』がリードになったんです。

河内:歌詞もメロディーもわかりやすいから一番伝わりやすい曲だし、前作からのライブ感というか、流れも崩れてないと思います。

 

このアーティストの関連記事

さよならリリー

YMNT-1002 / 1,680yen (tax in)
7.10 IN STORES

amazonで購入

1.after school planet
2.バタフライ
3.那由多の風
4.桃源郷 ex.ニヒルガール
5.嘘つき少年より
6.カゲロウと夏
7.ミニブル

TOKYO FM 「RADIO DRAGON」7月度『Monthly Dragon』火曜日担当(オンエア:7/2、7/9、7/16、7/23)
テレビ東京「プレミアMelodiX!」7月度エンディングテーマ「バタフライ」

LIVE INFOライブ情報

ircle『さよならリリー』リリースレコ発ツアー〜虫とり少年ツアー2013〜
7月20日(土)福岡Queblick(ONEMAN)
7月21日(日)大分T.O.P.S.Bitts Hall PIRATE SHIP 2013
7月23日(火)周南LIVE rise
7月25日(木)神戸 太陽と虎
7月30日(火)名古屋UPSET
8月6日(火)京都MOJO
8月7日(水)心斎橋Pangea
8月8日(木)寝屋川vintage
8月9日(金)岡山CRAZY MAMA 2nd
8月10日(土)高松DIME
8月11日(日)徳島GRINDHOUSE
8月13日(火)大分T.O.P.S.Bitts Hall
8月14日(水)福岡CB
8月16日(金)前橋DYVER
8月18日(日)千葉LOOK
8月30日(金)高崎FLEEZ
9月2日(月)札幌SPIRITUAL LOUNGE
9月4日(水)仙台MACANA
9月5日(木)盛岡club CHANGE
9月7日(土)広島CAVE-BE
9月8日(日)松山SALONKITTY
9月9日(月)下北沢251
9月13日(金)水戸LIGHT HOUSE
9月14日(土)宇都宮HEAVEN'S ROCK VJ-2
9月20日(金)西川口Hearts
10月6日(日)西小倉wow!
10月26日(土)新潟RIVERST
11月15日(金)渋谷O-WEST(FINAL)

ANOTHER LIVE
7月14日(日)MURO FESTIVAL 2013

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻