Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューthe god and death stars

the god and death stars

2013.04.18

ーSHELTERワンマンはちょいマジ!ー

ーーでは、ワンマンの意気込みを聞いていきたいんですけど。OJさんは?

:そうですね、最近やらなくなった曲っていうのもワンマンはやる予定なんですけど、そん時にまた違うアレンジにしたいなって、今思ってて。

aie:そうだね。もうメロも歌詞も変えたいもん。

一同:爆笑

:(笑)それはもう別の曲じゃないですか!

ーーaieさん、もうその場所を探ってるだけですよ(笑)!

kazu:糸口を見つけようとしてるだけだよ(笑)。

:そうですね、だからCDを聴いてた人はCDとの違いとかも聴けるように作れたらなぁ〜って思いますね。

ーーむしろ逆パターンになる可能性もあるって事ですよね? ライヴが先に聴いちゃう子もいるって事ですよね?

:そうっすね。で、音源買ったら、何だ違うじゃねーかっていうのもあるかもしれないですね。

ーーでもライヴのアレンジはそん時でしか聴けねーすからね。そういうのは僕もよくライヴ観に行かせてもらって思いますけどね。それが本当にトチってんのか狙ってんのかのメンバーの目線のやり方とか、それがライヴを観に行くおもしろさとか。ドキっとする瞬間とかありますからね。そういう所も観て頂きたいですね。kazuさんは?

kazu:ワンマンの見所? う〜ん。

ーー言うなれば、曲数とかも増えていってるんですよね?

aie:増えてるはずなんだけどね。

ーー無くなってる曲とかもあるんですか?

:あります。

kazu:1回目のLOFTはさておき、SHELTERっていう場所もそうなんだけど、もちろん池袋手刀も高田馬場PHASEも本気なんだけど、今回は本気度合いが違うって言うか…。アルバム出してSHELTERって会場もそうなんだけど、一番ゴッドが良く魅せれそうな状態な気がするかな。

ーーバンドとしての色だったり、形だったりがハッキリ見えて来ている時期なんですかね?

kazu:そうだね。

ーーこういう物を作って、こういう会場が合うんじゃないの、このバンドっていう所が。

kazu:の、スタート地点っぽい気がする。まぁ、今までもね、結構アウェイな感じの所でもやってたけど、今回は、今のバンドの状態と内容とが一番リンクした感じかなって思うんですけどね。

ーーそれぞれがやってきた今までの経験の環境と全然違う中で、ゴッドさんとしてもいろんなジャンルのイベントに出てはると思うんですけど。

kazu:俺とかaieさんとかは、年数でいったらキャリアがあってさ、言ったらその延長線上でゴッドもやってきてるけど、このアルバムとこのSHELTERって、ゴッドのキャリアの中で初めて1発目っぽい気がするんですよね。

aie:今までぬるっとやってきたからね。

kazu:後は、夢は諦めないでって(笑)。

一同:爆笑

ーーではaieさん、最後に。

aie:やっぱ今回のは、アルバムの出来が多分いいから。今、マスタリングに着手しましたって連絡がきた所なんで最終的な段階はもっと良くなるんだと思うんですけど。ミニと違って今回はこれがメインとして軸になるっていうのが見え易いライヴになるから、ちょいマジかなって。世界観っていうのはないんだけど、アルバムの匂いっていうのがよく出るとしたら、本気って言うか。俺、前回の池袋手刀のワンマンが何であのタイミングで売り切れたのかが全く謎なんですけど。今回に関して別に売り切れなくてもいいし、そこを目標にしてないって言うか、出発っていうのも違うけれど、そこでやってるバンドとしての出発みたいな。まぁ、ヴィジュアル系って言われるのはもう仕方ないって言うか。

ーー育ってきた場所ですからね。

aie:それを否定するのは、よっぽど昔に諦めたんだけど、それでも下北沢SHELTERでやっていてっていうのがいいかなって。でもヴィジュアル系ともやるし。一番いいバランスの状態でいい所で出来るかなっていうのがありますね。で、今後がねっていう。

ーーこっからまた、どういう方向で進んでいくのかっていうのが。

aie:そうだね。終わって楽屋でみんな「武道館見えたね!」って(笑)。

一同:笑

ーー今のこのご時世、バンドマンもいろいろと裏の事も考えつつやってるバンドさんがやっぱり多いと思うし、キャパシティっていうのももちろんすごく大事な事だと思いますけど、バンド側がまず一番初めにしなきゃいけない“物を作る”って所が、今回のアルバムもそうだと思いますし、ライブに関しても、スタートがそこですからね。

aie:真面目だな、と。真面目っすね。

kazu:そうですね。一番最初にバンドを始めて、僕らの時とかだとオーディションから始めて、昼の部出て、夜の部出て、そっからビラ巻いて何だで、そしてワンマンやったでしょ。っていう感じなんですよ。3年やって、いろんなバンドともいっぱい対バンして。

ーー自分達の環境が作られてきて、今に至る、と。すごい楽しみですね。僕行けないですけど。

一同:笑

ーーいや、今の話を聞けば聞く程、行きたいなって思うんすけど。

kazu:でも、セールス・ポイントが全くないバンドですからね。

一同:笑

aie:誰だ? って(笑)。

kazu:どこに向けて推してるの? って(笑)。

ーーアー写撮ってる割に顔分からんしね(笑)。全体感で掴んでもらってね。逆に今回、今までのそれぞれの事を知らずにこのインタビューを見て、ゴッドさんを知る人も多いと思うんですけど、ゴッドさんとは? を最後に一言ずつ。

aie:今後はね、kazuさんはイケメン方向でいってもらって、大嵩さんも俺もね、最近自分の顔面を隠したがる癖があってね。

ーー(大嵩さんは)川越シェフやのに?

aie:(笑)そう。だからね、ビークル(BEAT CRUSADERS)みたいな感じでね、ライヴででしか俺たちの顔は見えませんよっていう、モヤモヤしたとこにいきたいかなって(笑)。

ーー今までの過去アー写も、ほとんど顔という顔は出てないですもんね。

aie:あれはやっぱ、照れから出る…。顔面でっていう所もあって。これからアー写やジャケットはkazuさんだけとかになっていくと思いますよ。

一同:笑

kazu:JILSといい、背負うものが多すぎるっていう(笑)。

一同:笑

aie:“生でしか”っていう所にこだわっていきたいなと。

ーー刺激的な所を感じて頂いて。

kazu:早くこの次のアー写を見せたいですね(笑)。

aie:新しいやつですか?

kazu:(笑)さっきの。

ーーみなさんから何か言い残した事は無いですか?

aie:一応近々に、新宿LOFTのワンマンは視野に入れているって事ですね!

ーー次の階段も見据えつつ。

aie:そん時は紙のRooftopに載せてもらわないとって所で。

ーーじゃあ、そこに向けてもこのSHELTERは何が何でも成功させないとって所ですね。

aie:やっぱ、ここで金稼いで。紙のRooftop高いから(笑)。

一同:笑

aie:そこでちゃんとお金払えるように(笑)。

このアーティストの関連記事

the god and death stars
1st Full Album「-dawn of the god-」

発売日:2013.05.06
品番:dsgd-005
価格:¥3,000(tax in)
●ライブ会場・通信販売限定販売!!

Mix Speaker's,Inc.
DVD「promise~星降る遊園地~2013.02.03@渋谷公会堂&9clips」

発売日:2013.04.23
品番:HMBH-1102/03
価格:¥7,980(tax in)
●[DISC1]promise~星降る遊園地~2013.02.03@渋谷公会堂
●[DISC2]9clips

amazonで購入

Mix Speaker's,Inc.
New Single「HELL FIRE」

発売日:2013.06.26
品番:通常盤(CD) HMCH-1104/限定盤(CD+DVD) HMCH-1105
価格:通常盤 ¥1,260(tax in)/限定盤 ¥1,890(tax in)

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

the god and death stars

2013.05.06 下北沢SHELTER<ONEMAN>
2013.05.22 池袋手刀
2013.06.05 渋谷STAR LOUNGE
2013.06.15 新宿LOFT(AN)

 

Mix Speaker's,Inc.

<2013 Summer Tour「七つの大罪 act,1 at SHIBUYA HELL」>
2013.07.21 Shibuya WWW *Sold Out!!
2013.07.22 Shibuya O-Crest *Sold Out!!
2013.07.23 eggman *Sold Out!!
2013.07.25 SHIBUYA REX *Sold Out!!
2013.07.26 渋谷CHELSEA HOTEL *Sold Out!!
2013.07.29 club asia *Sold Out!!
2013.07.31 duo MUSIC EXCHANGE

<2013 Summer Tour「七つの大罪 act,2 ジキルvsハイド」>
2013.08.21 福岡DRUM SON
2013.08.22 福岡DRUM SON
2013.08.24 大阪FANJ-twice
2013.08.25 大阪FANJ-twice
2013.09.06 仙台HOOK
2013.09.07 仙台HOOK
2013.09.16 名古屋CLUB QUATTRO

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻