Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューthe god and death stars

the god and death stars

2013.04.18

ーアーティストとして成熟していっているから“今”を観て欲しいー

1304_tgads_ap6.jpgーーSHELTERワンマンの前に、東・名・阪・京都の田澤(孝介)さんとの2マンツアーがありますが、なぜこのタイミングでの2マンツアーなんですか?

kazu:これはですね、去年、1回やって手応えが良かったんですよ。ライヴも良かったし、俺らは3人で向こうが2人で一緒に移動して…。

aie:そう。車1台で動けるし、同年代だし。これまたいいのが、どの地方に行っても2つのバンドが集客が同じぐらいで丁度いいし。金でもめないから。

一同:笑

aie:どっちかが多くもらっててねぇ、飯食いに行って「これどうすんの、今日!? 」ってなんないし(笑)。

kazu:僕らのお客さんも田澤くんのライヴを結構楽しんでたから、全部がいいな、と。ライヴもいいし、プライベートも楽しいし。で、いつだっけ? 去年の年末ぐらいだっけ?

aie:そうっすね。

kazu:で、また俺が誘ったら「OKっす」って即答で。

ーーじゃあ、向こうも同じムードを感じてたんですかね。

aie:楽しかったもんね。

ーーお2人(aie&kazu)は田澤さんと付き合いが長いと思いますが、OJさんは?

:俺は、去年一緒にやった時が初めましてでしたね。

kazu:ドはまりしましたよね。

ーー印象は?

:いやもう〜、大好きですね。別にステージ上のじゃなくて、一緒に移動してる時もすっげー楽しいですし、ライヴ観たら観たでグッときちゃって。自分の本番前とかに泣きそうになっちゃって。だからライヴはあんまり観れなかったんですよ、自分の本番前なので。で、ツアーが終わってaieさんから田澤さんのDVDを借りたんですね。未だに返してないですね(笑)。

一同:笑

:もう良過ぎちゃって、何度も観てて(笑)。

kazu:我々からすると、Waiveの田澤じゃん。でも、Waiveの田澤を知ってる人で今の田澤くんを観た事がない人もいると思うんですよね。絶対損してると思うな。まぁ、それは、我々もそう思わて欲しいんですけど(笑)。

一同:笑

ーーそれは思いますね。アーティストとしては僕らも成熟がどんどん進んでいってる訳ですからね。

kazu:で、やっぱ蜉蝣の事も知ってて、deadmanの事も知ってて、で俺とaieさんが一緒に何かやってる事も知ってる。で、「何やってんの?」って人が結構いるから、そういう人達がゴッドを観たら結構おもしろいと…。俺ね、ゴッドは蜉蝣の要素はないけど、すっげーdeadmanっぽいと思うんだよね。それはバンドがじゃなくて、この人のソングライティングって言うか。deadmanのソングライターが今曲を書いてるバンドって意味でね。さっきも言ったけど、ベースこうしてくれ、ドラムこうしてくれっていうのは特に言われない。俺らはその曲に対してこれがいいんじゃないってリズム隊をつけてるだけなんだけど、匂いって言うかさ。やっぱりそれはソングライターとしては正解だと思うの、すごい。昔、山下久美子のアルバムを聴いて、すっげー布袋(寅泰)っぽいなって思ったら、布袋が書いてたっていう、そういう事。

aie:あれですね。福山(雅治)の最近の歌を聴いて、これ何かサザン(サザンオールスターズ)っぽいなって思ってよく見たら、福山って書いてあるって(笑)。

一同:爆笑

ーー曲を書いてたりしてると、どうしても何かに対して曲を作っちゃう時が多分あると思うんですよ。前にやってたバンドの匂いがあまりしない方がいいんじゃないかな、とか、その匂いに寄せた方がいいんじゃないかな、とかっていうのが、作っていく中で、自分の引き出しが増えていく中で、いろいろあるとは思うんですけど。そういう意味で言うとゴッドさんとしての形になってきてるのが、このアルバムで色濃く出てきてるのかなって思うんですけどね。カラーもある種フラットな状態になりつつ書ける曲が増えてきてると言うか。

kazu:ソングライターとしても成熟してるよね、やっぱり。

aie:昔ほどね、変なコードも使わなくなったし…。使ってるけど(笑)。

kazu:(笑)。ディレクターに怒られないから、いつでもメジャーいけるよって。

一同:笑

aie:もうそろそろね、3コードでもいけそうかなって。『半分人』なんて、ほとんどコード一緒ですもんね。

kazu:『飛ぶ鼠』も。

aie:あっ、ずっと一緒のコードですもんね。そういう事っすね。音余ったな、みたいな。

ーーそういう意味で言うと、普通のバンドマンとはaieさんは逆なんかなって気がするんすけどね。なんかややっこしい所からよりシンプルになっていくし、曲の作り方もよりアナログになっていくと言うか。トータルで考えるとすげーひねくれてる人だなって思いますけど。

aie:いや〜、ほんっとね、コンピューターが使えない3人だからね。だからPro Toolsにも慣れてないから、それで何が出来るのかが分かってない。「これはどこまで直せるものなの? 今の技術では?」って。

ーーEDIT と呼ばれる所ですね。

aie:だからジャッジが出しにくいって言うか。まだアナログの感覚って言うか。この状態で世に出していい状態まで録っとかないとヤバイかなって。あと、生じゃないと。やっぱね、アンプ鳴らさないとやだな、みたいな。

ーー今のこのご時世だとそういう録り方も知らないバンドマンも多いって言いますからね。

kazu:僕らのCDってすごい楽器鳴ってる感があるでしょ、やっぱり。

aie:そこはすっごい大事ですよね。

ーー本当、ジャンルにももちろんよると思うし、僕らのヴィジュアル系の最近のイベントを観てると、パソコンで同期が走ってないとライヴが出来ないですっていうバンドがほとんどだと思うんで、3人が楽器を持って集まって、「はい、ドン」っでそのままライヴが出来るっていうのは…。

aie:最近なんて新宿LOFTでやる時、下手すりゃ手ぶらでみんな来るからね。

一同:笑

ーー「楽器、置いといてもらっていいっすか」みたいな?

aie:じゃなくて、「LOFTに置いてある楽器貸して下さい」って言って(笑)。

一同:笑

ーーかなり簡略化されていってる訳ですね。

kazu:でもやっぱ、楽器やってる人はそうじゃなきゃおもしろくないと思うんですけどね。

aie:そうそうそうそう!

このアーティストの関連記事

the god and death stars
1st Full Album「-dawn of the god-」

発売日:2013.05.06
品番:dsgd-005
価格:¥3,000(tax in)
●ライブ会場・通信販売限定販売!!

Mix Speaker's,Inc.
DVD「promise~星降る遊園地~2013.02.03@渋谷公会堂&9clips」

発売日:2013.04.23
品番:HMBH-1102/03
価格:¥7,980(tax in)
●[DISC1]promise~星降る遊園地~2013.02.03@渋谷公会堂
●[DISC2]9clips

amazonで購入

Mix Speaker's,Inc.
New Single「HELL FIRE」

発売日:2013.06.26
品番:通常盤(CD) HMCH-1104/限定盤(CD+DVD) HMCH-1105
価格:通常盤 ¥1,260(tax in)/限定盤 ¥1,890(tax in)

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

the god and death stars

2013.05.06 下北沢SHELTER<ONEMAN>
2013.05.22 池袋手刀
2013.06.05 渋谷STAR LOUNGE
2013.06.15 新宿LOFT(AN)

 

Mix Speaker's,Inc.

<2013 Summer Tour「七つの大罪 act,1 at SHIBUYA HELL」>
2013.07.21 Shibuya WWW *Sold Out!!
2013.07.22 Shibuya O-Crest *Sold Out!!
2013.07.23 eggman *Sold Out!!
2013.07.25 SHIBUYA REX *Sold Out!!
2013.07.26 渋谷CHELSEA HOTEL *Sold Out!!
2013.07.29 club asia *Sold Out!!
2013.07.31 duo MUSIC EXCHANGE

<2013 Summer Tour「七つの大罪 act,2 ジキルvsハイド」>
2013.08.21 福岡DRUM SON
2013.08.22 福岡DRUM SON
2013.08.24 大阪FANJ-twice
2013.08.25 大阪FANJ-twice
2013.09.06 仙台HOOK
2013.09.07 仙台HOOK
2013.09.16 名古屋CLUB QUATTRO

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻