Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューTHEATRE BROOK(Rooftop2012年11月号)

1万人規模のライヴの電力を100%ソーラー・システムでまかなうことは可能なのか?
未来のエネルギーの将来性を追求する『THE SOLAR BUDOKAN』という名の壮大な社会実験

2012.11.01

自分たちの未来は自分たちの手でつくる

──現状、A100%SOLARS、TAIJI at THE BONNET、The Sunpaulo、インディーズ電力と数あるユニットを並行してやっていく中で、THEATRE BROOKの特性を改めて実感したりするものですか。

T:同世代のロック・バンドがけっこう解散しているでしょう? その中でずっとやり続けているのは怒髪天とTHE GROOVERSとウチくらいのものじゃないかな。俺は意地でも解散しないよ。とは言え、THEATRE BROOKは俺の方向性だけじゃないからね。中條(卓)さんや沼澤(尚)さんはブルースが好きだし、それが明らかにサウンドにも出ているし。そういうのは俺も楽しい。だから何て言うのかな、バンドをやめないことがモチベーションに繋がっている。それがTHEATRE BROOKっていうバンドなんだと思う。

──タイジさんにとってのTHEATRE BROOKは、やはり帰るべき港みたいなところがありますか。

T:そうなっているよね。ここまでやってこれたのはTHEATRE BROOKがあったからこそだし、他のメンバーもTHEATRE BROOKがあるからこそいろんな活動に着手できているんだよ。とにかく今のTHEATRE BROOKはやっていて凄く楽しいんだよね。結成から26年が経ってもまだ楽しいし、モチベーションが高い。ライヴも純粋に気持ちいいしさ。この間も怒髪天と対バンしたんだよ。音楽性は全然違うけど、見ている人には何かしらの共通項が理解できたんじゃないかな。音楽に対するモチベーションや言いたいことが明確だし、音楽性の違いなんて別に大した問題じゃない。お客さんがそれを理解して見てくれるようになってきたからライヴが楽しいんだと思う。それとまぁ、俺自身も昔に比べて変わったしね。

──どんなところが一番変わったと思いますか。

T:面白いMCをしたいと思うようになった(笑)。そのきっかけを与えてくれたのはTHE COLLECTORSだね。あれは日本のロック・バンド特有のものだと思うよ。怒髪天の増子(直純)君も然りね。俺、増子君のこと尊敬してるもん。ミュージシャンなのにMCで会場をひとつにするからね。それって実は凄いことなんだよ。

──その点、THEATRE BROOKはもっと硬派なイメージですもんね。

T:硬派だし、あまり喋らない感じでしょう? それじゃダメだなと思って。それよりも面白いオジサンって言われたいよ(笑)。

──それが一番の“最近の革命”じゃないですか(笑)。

T:ひょっとしたらね(笑)。格好いいのはもう充分格好いいし、後はそこにどれだけ隙を作れるかってことなのかなと。ステージに向かってツッコミを入れたくなる部分を増やしていけば、みんなもっと親しみやすさを感じてくれるんじゃないかと思ってさ。とにかく自分たちを小さいハコに押し込めないようにしたいよね。実際、もうこれ以上収まりきらないし、無理に収めるのはやめにした。

──様々なユニットを並行して活動するタイジさんのモチベーションも決して収まりきらないものですよね。

T:THEATRE BROOKを中心に置きつつも、今はそのバランスがいいんだと思う。やっぱりバンドとしての重量感がハンパじゃないもん、THEATRE BROOKは。

──タイジさんのプロジェクトがいっぺんに味わえるという意味でも、『THE SOLAR BUDOKAN』はとても貴重なイヴェントだと言えますね。

T:たとえば「1971年の『箱根アフロディーテ』のピンク・フロイドは凄かった」みたいに、俺たちが体験できなかった伝説のライヴの話をこの世界の先輩から聞いたりするじゃない? 『THE SOLAR BUDOKAN』も絶対にそうやって語り継がれるようなイヴェントにしたいんだよ。イヴェントに参加した人が「何だお前、2012年の『THE SOLAR BUDOKAN』を見てないのか?」って言うようなものにしたいし、こういう試みはこれからも何とか継続していきたいね。続けていかないと意味がないと思うからさ。いずれは『THE SOLAR BUDOKAN』に感化された人たちが各々の持ち場で同じような試みをやってくれれば嬉しいし、そのためにも俺が旗振り役をしなくちゃと思うよね。旗を振っているヤツはみんな仲間だよ。ミュージシャンに限らず、物書き然り、絵描き然り、Candle JUNEみたいなローソク屋然り(笑)。そうやって自分たちの未来を自分たちの手でつくることが一番の理想だよね。

このアーティストの関連記事

THEATRE BROOK
最近の革命

Mastard Records LNCM-1016
a division of LAWSON HMV Entertainment, inc.
¥3,150(税込)
2012年12月12日(水)発売

【CD収録楽曲(順未定)】
1. キミを見てる
2. 愛と死のミュゼット with 加藤登紀子
3. 最近の愛のブルース
4. 理想的サムライ
5. やめられないのさ
6. 愛の源
7.(最近の)ありったけの愛
8. 昨日よりちょっと Live ver.(2012.09.07@下北沢Garden)
【DVD収録内容】
「(最近の)ありったけの愛」PV&オフショット(約15分程度収録予定)

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

THE SOLAR BUDOKAN
出演:
●佐藤タイジプロジェクト(A100%SOLARS/THEATRE BROOK/TAIJI at THE BONNET/The Sunpaulo/インディーズ電力)
●LOVE PSYCHEDELICO
●Salyu
●斉藤和義
●増子直純(怒髪天)
●和田 唱(TRICERATOPS)
●仲井戸“CHABO”麗市
●藤井フミヤ
●奥田民生
●田中和将(GRAPEVINE)
●Candle JUNE(Decoration)
and more…
公演日:2012年12月20日(木)
会場:日本武道館
時間:OPEN 17:30/START 18:30
チケット:全席指定¥6,900
 チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:175-948)
 ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:74531)
 イープラス
 GANBAN 03-3477-5710(店頭販売のみ)
主催:WOWOW
企画:WISDOM recordings/ワイズコネクション
制作:フェイスクルー/DOOBIE/バーベイトロック
インフォメーション:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
www.doobie-web.com
www.solarbudokan.com

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻