Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

2014年、日本武道館へ向けて──
音楽を通じて発せられる夢を見ることの大切さ、それに立ち向かう勇気

2012.10.03

バンドは必ず今以上に成長できると思う

──ロフト時代に仮想敵みたいなバンドはいましたか。

渡邉:特にいなかったですね。周りは年上ばかりで、もうデビューしていたバンドが多かったですし。僕らみたいに女性ヴォーカルで、同じ時期に出てきたバンドは他にいませんでしたからね。

──G-SCHMITTくらいですかね。

渡邉:僕はAUTO-MOD時代によく対バンしましたけど、彼女たちはパンク寄りでしたからね。PERSONZはそれよりもっとメジャー志向だったので。

──布袋さんの30周年記念ライヴのバンド・メンバーはロフトに縁の深い人たちで固められていましたよね。コーラスがJILLさんと元KATZEの中村敦さん、ドラムは元ブランキー・ジェット・シティーの中村達也さん、ベースは元ルースターズの井上富雄さんという布陣で。

JILL:敦とは同じレーベル(テイチク/BAIDIS)だったから知り合ったんだけど、ロフトによく出ていた頃は全然知らなかったんですよ。布袋君のライヴで久々に武道館のステージに立った時は、「ああ、こんな感じだったっけ?」って思いましたね。お客さんに包み込まれているような空間で、あまり広くは感じなかった。

──PERSONZとして武道館のステージに立った時は感慨深いものがありましたか。

渡邉:どうだろう。よく覚えていないんですよね。武道館で一区切りっていう感じじゃなかったし、その後にもツアーが続いていたから通過点のひとつだったような気がします。

JILL:私は、最初に武道館でやった時に感激した記憶がありますよ。「エアロスミスを観た場所でやっとライヴができる!」ってMCで話しましたから。でも、武道館よりも横浜アリーナのほうがステージの規模が凄かったですね。スタッフが盛り上がってオペラ座みたいな凄いセットを作っちゃって、藤田君は遙か上のほうにいるし(笑)。あそこは武道館以上にだだっ広い所でしたね。

──不動のメンバーで30年近くバンドを続けている原動力は何なのでしょう? まだまだPERSONZでしか為し得ないことが多々あるからでしょうか。

渡邉:バンドをやるのは不変ですよ。こればかりはバンドをやったことがない人にどう説明しても分かってもらえないと思います。バンドは社会の縮図だし、最少人数で音楽をやる醍醐味はやってみないと分からないんじゃないですかね。

JILL:一口に30年と言っても山あり谷ありでここまでやって来て、バンド・ブームに持ち上げられたこともあったし、自分たちはもう時代に呼ばれていないのかな? と思うほど低迷したこともあったけど、呼ばれるのを待っているだけじゃダメなんですよね。やっぱり自分たちから果敢に出て行かないと。ライヴを定期的にやってアピールをし続けない限り、移り気なお客さんは離れていくものですから。だからメディアの露出が減ってもライヴは必ずやっていこうと思っています。PERSONZもライヴを地道にやり続けることでお客さんも戻ってきているし、武道館という目標を立てたことで気持ちはすっきりしましたよね。以前のようにライヴもできない、ツアーも切れないで悶々としていることがなくなったし。ただ漠然とバンドをやり続けても何も変わらないし、何かを変えるためには目標を立ててバンドをやり続けるのが大切なんだなと。実際、この1年でバンドが格段に良くなってきたと思うんですよ。「LIVE USB PASS」のお陰で自分たちのライヴを客観視できたところもあって、もっと歌が上手くなりたいと思ったのはホントにここ最近のことなんです。

──そのためにもボイス・トレーニングやジムのエクササイズを欠かさず続けているわけですね。

JILL:怠らずにやっても、体力が落ちていくので(笑)。デビュー前の頃はボイトレをやろうなんて全く考えていなかったですからね。『C'mon 2nights』の3ステージ目なんて凄く声が嗄れていたし(笑)。

渡邉:それこそシーナさんよりも声を嗄らしていたからね(笑)。

JILL:今は嗄らしちゃいけないと思っているし、ライヴが終わるとヘロヘロになるから体力作りは必須なんです。歌も演奏ももっと上手くなりたいという欲があるから、バンドは必ず今以上に成長できると思いますよ。

──話を伺っていると、ロフトの決起集会を見逃すわけにはいかないという気分になってきました。

渡邉:必見ですよ。今度のロフトに来るか来ないかで、夢の最終地点で見える景色が全然違うと思います。会社を休んででも来ないとマズイですよ。

JILL:普通に休みだよ、土曜日なんだから(笑)。

渡邉:ああ、そうか(笑)。とにかく何を投げ打ってでもロフトへ来ないと、最後に1つピースが欠けた感じが拭えないはずなので。

JILL:昔からロフトでやるライヴは独特だしね。他のライヴハウスでやるよりもお客さんとの距離が身近だし、何よりロフトはPERSONZのファンにとって聖地ですから。「ロフトのライヴなら」ということで遠くから来てくれるお客さんも多いし。

渡邉:ここでやったらもう二度とやらないっていう曲もたくさんあるでしょうしね。

JILL:そういうレアな曲を果たしてどれだけやれるのかっていうのもあるけどねぇ。

渡邉:まぁ、すべては藤田次第だね(笑)。

このアーティストの関連記事

LIVE INFOライブ情報

1210personz_event.jpg

PERSONZ MANIA Vol.03
〜PERSONZ秋の大感謝祭2012  2014年に武道館へ行こう! 決起集会!(まずはBLITZね!)〜

2012年10月20日(土)新宿LOFT
OPEN 17:30/START 18:00
前売 ¥4,500(ドリンク代別¥500)
Pコード:180-389/Lコード:71121
問い合わせ:新宿LOFT 03-5272-0382

PERSONZ DREAMERS ONLY SPECIAL 2013
〜SUPER START!!! 2013年、PERSONZ 赤坂BLITZライブ! 武道館への夢の第一歩!〜

2013年1月12日(土)赤坂BLITZ
■Version:BLUE(昼公演)
OPEN 14:00/START 14:30
■Version:RED(夜公演)
OPEN 18:00/START 18:30
前売 ¥5,250/当日 ¥5,750(全席指定/「Version:BLUE」「Version:RED」各回とも)
*別途ドリンク代¥500必要
*6歳未満のお客様のご入場はお断り致します
問い合わせ:赤坂BLITZ 03-3584-8811

松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo