Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー森重樹一×中島卓偉

ロック・スターの系譜を継ぐ両雄の華麗なる競艶

2012.08.17

「溜める」のと「もたる」のは意味が全然違う1208morishigetakui_ap5.jpg

──それにしても、名ヴォーカリストが2人も揃うとゴージャスさが格段に増すし、ものすごく贅沢な共演であることを改めて実感しますね。

卓偉:歌録りはホントに勉強になりました。森重さんの歌は溜めがしっかりとあって、アフターなグルーヴの大切さを改めて思い知らされたんです。僕はパンクから入ったせいか、溜めて唄うことが苦手なんですよ。森重さんが僕に言って下さった教訓があって、それは「どんなに速い車に乗っていたとしても、後部座席でふんぞり返っているように唄え」と。車っていうのは歌のことですね。あと、「『溜める』のと『もたる』のは意味が全然違う」と。「溜めてもスピード感が出せる唄い方が絶対にあるから」と言われて、確かにその通りなんですよ。今回のレコーディングでも、ミックスの時にエンジニアの方と一緒に森重さんの歌の波形を見ていると、音符のギリギリまで歌が入っているんですけど、次のアタックは速いんですよね。歌がもたる人は次のインが遅いわけですよ。それが波形を見てもよく分かって、「こういうことか!」と理解できたんです。

森重:でも、卓偉みたいにスクエアな唄い方はすごく難しいんじゃないかな。たとえば中島卓偉の歌をカラオケで唄ったらホントに大変だと思うよ。本人がロックって言い訳をしていないからね。卓偉はすごいこだわりの人だし、自分のテイストを随所に持たせられることもちゃんと知っているはずなんだけど、決してテイストに逃げないんだよ。しっかりと理論のある人がテイストを語るのはいいと思うんだけど、テイストしかない人が自分のテイストをロックと言い切ることに俺はすごく反発がある。卓偉はコレクトであることを理解しているからテイストを語れるんだよね。テイストしか知らない人はコレクトがないし、基準のないところでテイストを語られても説得力がないんだよ。だから俺はロックを楯や鎧にしている人をあまり好きになれない。もちろん自分にだってそういうところがあるけど、俺は自分のそういう部分が嫌いだね。「ロックだから」って自分で言っちゃうとすごく恥ずかしくなるからさ。ロックっぽいことは大好きだけど、そうじゃないことの大切さをないがしろにしたのはイヤだよね。今回の「今は何も言わずに」の歌詞を卓偉が気に入ってくれたのだとしたら、卓偉のコレクトな仮歌やオケがしっかりとあって、その上で俺がアプローチできたからだと思う。

卓偉:ありがとうございます。常にステージのセンターに立ってソロのヴォーカリストとして活動している人間同士が唄い合うっていうのは、ものすごいコラボレーションだと思うんですよ。ヴォーカリストとギタリストがコラボするのはサウンドに重きを置くものですけど、歌は生ものですからね。声の周波数にも関わってきますし。だから今回の森重さんとのコラボはもはやハーモニーという域ではなかったし、自分が事前に考えていた以上のものを生み出せた手応えがあるんです。僕はどうしてもジョン・レノンとポール・マッカートニーのハーモニーをいつも意識してしまうんですけど、あれは互いが歩み寄って完璧なものにしていると思うんです。でも、森重さんとはむしろ歩み寄るよりも声自体をぶつけ合ってハーモニー以上のものを作りたかったですよ。だから、歌録りの時に森重さんに「僕の上をハモる時も下をハモる時も、長さに合わせることはあってもニュアンスは合わせないで下さい」とお願いしたんです。綺麗にハモろうとするならニュアンスを合わせたほうがいいんですけど、それはちょっとイヤだったんですよね。無理に合わせないほうがお互いの声が聴こえてくると思ったし、だからこそ最後の「♪笑ってて」というフレーズも2人の声がよく聴こえるんじゃないかなと。

──『アコギタクイ』のサブタイトルは「共鳴新動」と命名されていますが、「今は何も言わずに」の歌詞の中に「共鳴」という言葉が使われているのは偶然なんですか。

卓偉:そうなんですよ。ちょうどアルバム・タイトルを決めた頃に森重さんから歌詞を頂いて、よく見たらそこに「やがて共鳴するだろう」というフレーズがあったんです。こっそりウチのマネージャーと打ち合わせをしたのかな? なんて思ったんですけど(笑)。

森重:それは多分、俺が卓偉の声をイメージして出てきた言葉なんだと思うよ。俺自身、すごく我の強い人間だし、センターで歌を唄ってきた人間っていうのは良くも悪くも人と折り合いをつけるのが下手なんだよね。下手だからセンターに立つ意味もあるって言うかさ。でも、それは別に好き勝手な生き方をしているというわけじゃなくて、責任を背負いながら自分の人生を自分なりに歩いている。そんな人間同士が発する声が共鳴し合う瞬間は奇跡だと思うし、共鳴という言葉自体がとても素敵だよね。俺は卓偉のことがすごく好きだし、卓偉も俺のことをリスペクトし続けてくれているけど、いつもべったりしている関係じゃないのもポイントなんだよ。今回はたまたま卓偉から「一緒に唄って欲しいんです」とメールが来て、これはまた誰かと交われる季節が自分に巡ってきたのかもしれないと思ってさ。

卓偉:いいタイミングだったんですね。光栄です。

森重:俺としても純粋に「ありがとう」という気持ちなんだよ。卓偉はいつか一緒に唄えるかもしれないと俺が希望や期待を持っている最右翼の人だし、過去にコラボレートさせてもらったSIONさんもあのタイミングだったからこそ実現したと思うんだよね。SIONさんともいつもべったりなわけじゃないし、時折ツアー先のホテルでばったり会うくらいなんだけど、その距離感が俺はいいと思っているわけ。無理矢理そこで会う関係じゃないのがいいし、いつかまた会える日が来ると俺は信じているから、そこに焦りも何もないんだよね。卓偉との関係性も同じなんだよ。いつかこうしてコラボレーションする時が来ると思っていたからね。

このアーティストの関連記事

森重樹一
NAKED SUN

01. NAKED SUN
02. DICE
03. 支配者の声
04. 夜明け前、風は強く
05. まんざら捨てたもんでもないぜ
06. 君に会いに行くよ
KILLER TUNE DDCZ-1833
定価:2,000円(税込)
2012年9月26日(水)発売

amazonで購入

中島卓偉
アコギタクイ ─共鳴新動─

01. 二人が愛するすべてに
02. FCUK YOU
03. aim[中島卓偉×toshinori YONEKURA]
04. 悪戯な砂時計
05. To You[中島卓偉×つんく♂]
06. 天才になりたい
07. 気にすんな
08. 僕だよ[中島卓偉×和田唱(TRICERATOPS)]
09. 叫ぶ女
10. 古い教会[中島卓偉×Fried Pride]
11. 生きてる意味がない
12.カサブタ[中島卓偉×広沢タダシ]
13. 今は何も言わずに[中島卓偉×森重樹一]
14. 花束とスーツ
UP-FRONT WORKS / zetima EPCE-5892
定価:2,500円(税込)
2012年8月29日(水)発売

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

【森重樹一&中島卓偉】
★森重樹一×中島卓偉 acoustic LIVE

■8月22日(水)大阪OSAKA MUSE OPEN 18:30/START 19:00
■8月23日(木)名古屋UP SET OPEN 18:30/START 19:00
■8月25日(土)新宿LOFT OPEN 18:00/START 19:00
*ツアー・ファイナル[8月25日(土)新宿LOFT]は『SHINJUKU LOFT 35th ANNIVERSARY』公演となります。
【チケット料金】前売 3,800円(税込)/当日 4,300円(税込)
*スタンディング(整理番号付)
*当日ドリンク代別途必要
*未就学児童入場不可
問い合わせ:ROCKGUILD ask-info@rockguild.com

【森重樹一】
■10月5日(金)名古屋QUATTRO OPEN 18:30/START 19:00
■10月7日(日)神戸VARIT. OPEN 17:30/START 18:00
■10月8日(月・祝)横浜Lizard OPEN 17:30/START 18:00
■10月14日(日)千葉LOOK OPEN 17:30/START 18:00
■10月19日(金)札幌ベッシーホール OPEN 18:30/START 19:00
■10月20日(土)仙台Park Square OPEN 18:00/START 18:30
■10月26日(金)大阪シャングリラ OPEN 18:30/START 19:00
■10月27日(土)博多DRUM SON OPEN 18:00/START 18:30
■11月3日(土)浜松メスカリンドライブ OPEN 18:00/START 18:30
■11月4日(日)京都MOJO OPEN 17:30/START 18:00
【チケット料金】前売 4,900円(スタンディング・税込)
*当日ドリンク代別途必要
*未就学児童入場不可
問い合わせ:ROCKGUILD ask-info@rockguild.com

【中島卓偉】
★中島卓偉「アコギタクイ“フェス”スペシャル2012」
■9月16日(日)SHIBUYA-AX
OPEN 16:30/START 17:30
GUEST:米倉利紀/和田唱(TRICERATOPS)/Fried Pride/広沢タダシ
【チケット料金】5,000円(税込・ドリンク代込)
*1F 自由席(整理番号付)
*未就学児童入場不可
問い合わせ:オデッセー 03-5444-6966(平日11:00〜18:00)

★中島卓偉「アコギタクイ2012」
《第四弾“東北”》
■9月1日(土)岩手:盛岡club change
昼公演:OPEN 14:00・START 14:30/夜公演:OPEN 17:00・START 17:30
問い合わせ:GIP 022-222-9999
■9月2日(日)宮城:仙台retoro Back Page
昼公演:OPEN 14:30・START 15:00/夜公演:OPEN 17:30・START 18:00
問い合わせ:GIP 022-222-9999
《第五弾“北海道”》
■9月8日(土)北海道:函館あうん堂
昼公演:OPEN 14:00・START 14:30/夜公演:OPEN 17:00・START 17:30
問い合わせ:WESS 011-614-9999
■9月9日(日)北海道:小樽GOLDSTONE
昼公演:OPEN 14:00・START 14:30/夜公演:OPEN 17:00・START 17:30
問い合わせ:WESS 011-614-9999
《第六弾“東海”》
■9月28日(金)岐阜:Club-G
OPEN 18:30・START 19:00
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00〜18:00)
■9月29日(土)愛知:GARY’S
昼公演:OPEN 14:00・START 14:30/夜公演:OPEN 17:00・START 17:30
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00〜18:00)
■9月30日(日)浜松:Live House浜松 窓枠
昼公演:OPEN 14:00・START 14:30/夜公演:OPEN 17:00・START 17:30
問い合わせ:サンデーフォークプロモーション静岡 054-284-9999
《第七弾“中国”》
■11月3日(土)広島:LIVE JUKE
昼公演:OPEN 14:00・START 14:30/夜公演:OPEN 17:00・START 17:30
問い合わせ:キャンディー・プロモーション広島 082-249-8334
■11月4日(日)岡山:城下公会堂
昼公演:OPEN 14:00・START 14:30/夜公演:OPEN 17:00・START 17:30
問い合わせ:キャンディー・プロモーション岡山 086-221-8151
《第八弾“北陸”》
■11月17日(土)新潟:ジョイアミーア
昼公演:OPEN 14:00・START 14:30/夜公演:OPEN 17:00・START 17:30
問い合わせ:キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100(11:00〜18:00)
■11月18日(日)長野:INDIA LIVE IN THE SKY
昼公演:OPEN 14:00・START 14:30/夜公演:OPEN 17:00・START 17:30
問い合わせ:キョードー北陸チケットセンター 025-245-5100(11:00〜18:00)
【チケット料金】4,000円(税込)
*全席自由(整理番号付)/函館あうん堂:立見(整理番号付)有り
*当日ドリンク代別途必要
*未就学児童入場不可

keep the rooftop
どうぶつ
ライブハウスの現状
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻