Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー遠藤賢司(2012年1月号)

「ちゃんとやれ!えんけん!」と「夢よ叫べ」は究極の言葉

2012.01.05

「がんばろうニッポン」とか、俺には嘘だよ

──アルバムタイトル曲でもある「ちゃんとやれ!えんけん!」は、いつもエンケンさんが歌っていることを自分自身に向かって言い聞かせているような歌詞ですね。

 俺は人に「ちゃんとやれ!」って心の中では思っても絶対に言わないね。自分にしか言わない。自分の仕事に対してギリギリの所でぱっと逃げちゃうのは創作力のない奴で、そこでギリギリ踏みとどまって自分と対決できるかどうかだから。それは人に言うことじゃない。「不滅の男」もそう。自分だけに言ってるんだ。多勢に無勢の言葉が一番怖いよね。結局そういうのって戦争中と一緒じゃない。みんなが言ってるからお前もやれっていうのは嫌だなって。あのとき、そういう人が増えたんだよね。「がんばろうニッポン」とか、通じやすい言葉なのかもしれないけど、俺には嘘だよ。そういう曲もいろいろ出てきたけど、全部クサイ歌ばっかりで、プロダクションが儲けようっていうのが見え見えだよね。みんな、そんなものになんで騙されるんだろうって。でもそういうのが好きな人もいるんだからしょうがないって、今までこの国はやってきたのかもしれないけど、やっぱり違うんだよ。まず自分のことをちゃんとやって、自分や家族を食わせて、そこから始めようって、そういう意味がある。小学生だろうが大人だろうがジジイだろうが、まず自分のことをちゃんとやるだけだよね。誰もあなたの面倒なんかみない。ちゃんとやらなくちゃ終わるから。それは音楽に対してね。俺は生活はいたって不真面目だし、怠け者だし、30cm先の物を取るのに一週間ぐらいかかる奴なんだけど、音楽だけは「ちゃんとやれ!」って。人にではなく、全部自分に言ってるんだ。それは歌い出した時から変わってない。

──爆発という意味では、エレキギターの他に、ドラムスも大爆発してますね。エンケンさんはライブでエレキを弾きながら同時にドラムを叩き、ハーモニカも吹くことがありますが、全部爆発させたいという想いがああなったんでしょうか?

 俺はね、ピアノを弾くときもギターをつま弾く時もそうだけど、自分の好きな音、自分の心を打つ音が、人の心を打つんだと思う。だから「カレーライス」も「東京ワッショイ」も同じで、人の心をどれだけ打てるか?っていうのが勝負なんだ。それを象徴的に描いているのがスリーピースのドラムとベースとギター。これを一人で全部やりたいんだよね。いい音は全部心を打つ。俺にとって自分の心を激しく打つもの、それを全部やりたいんだ。それでハーモニカはオーケストラであり、サックスであり、キーボードの部分なんだ。とにかくハードロックを全部一人でやりたい。一瞬で宇宙を打ちたいんだ。それは大変だよ。ものすごい練習しなくちゃいけない。だから努力は才能なんだ。努力するから才能が出てくる。

 映画も音楽もいいものは全部俺の中で表現したい。サッカーもそうだね。長友がいい蹴りしたなと思えば奴はライバルなんだよ。それは心を打つじゃない。ロックなんだよね。人によってはフォークでもいいけど、いい音楽なんだよ。俺はいい奴はライバルとして蹴落としながらやっていきたい。ピート・タウンゼントのギターはいいと思うけど、影響されたわけじゃない。触発されて「コノヤロー」と思わせてくれただけ。なぜなら俺はピート・タウンゼントには弾けないギターのカッティングをやっているから、負けない。ボブ・ディランにもニール・ヤングにも負けない。でも演歌には時々負けるかな。青江三奈とか凄いよ。知ってる?「伊勢佐木町ブルース」とか「池袋の夜」を歌ってる歌手で、「眠られぬ夜のブルース」とか一発でやられちゃうよ。声は最終兵器だからね。地球で初めて叫んだ奴は「声」だったんだ。「ワアアアアア」って。それをどこまでやれるかだね。それをわかっているかどうか? 人間はいつまでたっても原始人で、進歩なんかしてないよ。だから地球で初めて叫んだ声を出している青江三奈は凄い。そういう音楽をもっと聴いて欲しいよね。音楽はその国の形だから。自分の国の音楽に誇りを持てない国は滅びると思う。

 今回の原発の事故を見ると、そういうことを分かってないんじゃないかと思うね。自分が何を大事にすべきなのかわかってない。迷ってるんだよ。だからスイッチを押し間違えたりする。今やることをちゃんとやって、もし事故が起こったらどうしたらいいのかを全然考えてこなかった。いい音楽を聴いてないってことだよ。誰がなんといおうと「いいものはいい」とちゃんと言って欲しい。それをやってこなかった日本のツケが、俺も含めてだけど、溜まっちゃったね。演歌でもロックでもフォークでもジャズでもクラシックでも何でもいいけど、本当に「俺はこれが好きなんだ」と言えるものだけ大切にすればいいんだ。だけど誰かに言われてこれを聴かなくちゃとか、周りをキョロキョロ眺めて国際化を図るなんて絶対にやめたほうがいい。

日本を1%でも2%でも変えたい

──そして「ちゃんとやれ!えんけん!」の大爆発の後に、一転して静かな弾き語りの「夢よ叫べ ―2012―」が歌われてます。「夢を叫べ」はライブでいつも歌われる重要な曲だと思いますが、今回この曲を再録したのは?

 それは今、この曲が一番大事だと思ったから。ずっと前にこの曲を作った時、一人でぽつんと部屋の中にいて、「俺はもう終わるのかな…」って思っていた。今は、事故が起こったせいで、そういう気持ちの人がたくさんいるよね。いい仕事をしてきて、自分を食わせたり、家族を食わせたり、親孝行したりしてみんな一生懸命生きてきたのに…。みんなうなだれていると思う。東京にいる俺がうなだれているぐらいだから、もっと放射能に近い場所に住んでいる人は毎日うなだれるよ。それは絵柄にあった。それは男なんだよね。男がうなだれて、どうしたらいいんだろうって思っている姿。曲を作った時よりもそれは強い絵柄としてあって、それでこの歌をもう一回やりたいと思った。それと2,3年前にやったライブに山本恭司がゲストで出た時に彼が「夢を叫べ」のギターを弾いたんだよね。それがものすごくいい音で、それもあって今回また録音したんだ。

 もう一つ言うと、今の紅白歌合戦がひどいじゃない。俺は観たくもないんだけど。いい音楽だから聴かせようというものじゃなくて、単にプロダクションの繋がりでやってるだけのような気がする。俺だけじゃなくて、歌手の中にはもくもくと一人で一生懸命やっている奴いるよね。そういう歌手をもっと出して欲しいし、俺に出演依頼して欲しい。こういうと大げさだけど、俺は国を救いたいんだ。もちろんその前に俺自身を救うんだけど。みんな一生懸命生きている。お百姓さんだって、中小企業の親父さんだって、サラリーマンの人だって。落ち込んでいる人達が「夢を叫べ」を聴いて、少しでも顔を上げて欲しい。だから紅白に出たいんだ。以前、近田春夫が「エンケンが売れたら日本は変わるよ」って言ってたけど、本当だと思う。1%でも2%でも変えたいね。それでもすごく大きい。俺は一人でやりたいから。だれともつるまず一人で。そういう人はたくさんいるよね。だから顔を上げて欲しい。そりゃ怖いよね。いつまた地震がくるかわからない。だから今ちゃんとやろうって。

──「夢よ叫べ」は僕も個人的に救われた曲なんですが、今みたいな状況だからこそニューアルバムに再録されたのがすごく嬉しかったです。

 だから、「ちゃんとやれ!えんけん!」と「夢よ叫べ」は究極の言葉なんだ。ギリギリの。それが不思議と重なったんだね。

「カレーライス」と「隣りの印度人」

Enken_artist.jpg

──それで、1月13日というエンケンさん65歳の誕生日にはアルバム発売記念ライブが行われ、アルバムにも参加している山本恭司さんと満園兄弟が出演されますが、さらにゲストで大槻ケンヂさんと戸川純さんも参加するということで、かなり賑やかですね。大槻さんと戸川さんをゲストに選んだ理由とかあるんですか?

 やっぱり二人ともはぐれ者だからだろうね(笑)。俺たちから見たら正道なんだけど、傍目から見たらはぐれ者だよね。みうらじゅんもそうだし、根本敬もそうだし(笑)。みんな我が道を行っている人達だね。俺の周りはそういう奴が多いんだ。

──大槻さんとは何度か共演していますが、戸川さんとはありましたっけ?

 ライブで一緒にやったことはないのかもしれないね。だから初共演です!(笑)。「カレーライス」と「隣りの印度人」の繋がりで。そういえば、遠藤ミチロウと戸川純が一緒にライブした時に、純ちゃんが「不滅の男」を歌ったんだって。それで、ミチロウが「なんで俺と一緒のライブなのに兄貴(エンケン)の歌なんだよ!」って言ってたらしい(笑)

──純さんは、もはや遠藤兄弟(遠藤賢司+遠藤ミチロウ)の妹分的な存在ですね。

 いやあ、姉貴かもしれないよ(笑)

このアーティストの関連記事

遠藤賢司 / ちゃんとやれ!えんけん!

MDCL-1523 3,150yen(tax in) / 2012.1.11 IN STORES

amazonで購入

(収録曲)
1.エンケンがやってくる!
2.俺が死んだ時
3.ブルースに哭く
4.ア!ウ!
5.心の奥まで抱きしめて
6.もうちょっとだけ頑張ってみようかな ―2011年3月14日月曜晴れ―
7.為に、音よ言葉よ俺の心に突き刺され
8.ちゃんとやれ!えんけん!
9.夢よ叫べ ―2012―
10.美しい女

LIVE INFOライブ情報

「祝!生誕65周年 “遠藤賢司 第三回純音楽祭り”」

1月13日(金) 
【出演】遠藤賢司 / 満園兄弟(英二[Dr] , 庄太郎[B])
Ⅰ部ゲスト:大槻ケンヂ / 戸川純(+ライオン・メリィ[Pf])
Ⅱ部ゲスト:山本恭司[EG]
Open 18:00 / Start 19:00
Charge ADV.¥4000/DOOR.¥4500
Place:渋谷クラブクアトロ
 
 
「生誕65周年!それがどうした!『ちゃんとやれ!えんけん!』CD発売記念ひとり旅」ツアー開催!
2月4日(土)沖縄・那覇:桜坂劇場 ホールA
2月16日(木)京都:拾得
2月17日(金)大阪・十三:ファンダンゴ
2月18日(土)名古屋・今池:得三
2月25日(土)大分:アトホール
2月26日(日)福岡・天神:The VooDoo Lounge
イースタンユーズ
ロフトアーカイブス
復刻
haku
lpo
lpo