Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューLASTORDERZ──これが大人の本気のパンク!

遂にアルバム解禁!
安齋肇が、田口トモロヲが、パンクへの愛を叫ぶ!!

2011.03.02

「アンザイさん、チューニングしてください」

──先ほど、レーベルからの依頼で速い曲を書いた、というお話がありましたが、他にもアルバム制作にあたってレーベルとの話し合いはあったんですか?

サンジ いや、ほぼなかったですね。「パンク☆ミー!」に関しても、なんとなく「速い曲が欲しい」って言われた気がしたから書いただけで。

──察したんですね。

トモロヲ 大人ですから。

サンジ でもレコーディングの日程は決まっていたんで、不安になりながらもいろいろ進めていたら、結局何も言われなかったんです。

北島 いや、いろいろ言ったんですけどね(笑)。「この歌詞、訳わからないですよ」とか。でも「それがパンクだから」って言われちゃって(笑)。

──なるほど(笑)。プロデューサーに石田ショーキチさんを配したのは…?

北島 余りにもバンドの演奏力が無さそうだったので、ちょっとでも楽器が分かる人がいてくれた方がスムーズに進むんじゃないかと思って。お願いしてみたらすごく気に入って頂いて録音を盛り上げて下さって、「トモロヲさん、プロジェクトX風に“だった”ってもっと言った方が良いですよ!」って(笑)。

──「だった」(「気分はAm!…だった。」で多用)はクドかったですね(笑)。

トモロヲ 実は他の曲にも入っていたんですよ。ショーキチさんが何回も言わせるもんだから。あれ、別のところだったら結構高いですよ、大人的な話をすると。

一同 (笑)。

トモロヲ でも、ショーキチさんは良かったです。アンザイさんにはアンプの使い方やチューニングの仕方から教えて頂いて。

北島 弦の張り方から教えてもらってましたからね(笑)。

サンジ アンザイさんが「チューニングしてください」って言われてるの、初めて見ましたよ。

──これまではアンプの音を小さくしてやっていたそうですね。

トモロヲ 僕は後からこのバンドに加入したんですけど、初めて行ったスタジオでギターの音をどんどん小さくするアンザイさんを見て、すごく驚いた憶えがあります。そんなギタリスト初めて見たから、怖いな〜と思って。でも本番だとPAの人が音を上げちゃうから、スタジオでは聴いたことがない、非常階段のような音がいきなり出て来るんです。

サンジ 今回、レコーディングをしちゃえばアンザイさんが何をやっていたのか判明すると思っていたんですよ。それまではライブでしか聴いたことなかったけど、だいたいライブのときは自分のことで精一杯で、他の人の音に気をかける余裕がなかったから。

トモロヲ でもアンザイさんくらいの方がやると、意図的だと思っちゃうんですよね。

サンジ アンザイさんってライブ中、アンチョコを床に置いて、正座してそれを見ながらやってるんですけど、お客さんからはアンチョコが見えないから「アンザイさん正座して弾いてる、かっこいい!」ってなるんですよ。やっぱりアンザイさんくらいの方になると、全てが表目に出るんです。

トモロヲ 椅子じゃなくて正座っていうのがね(笑)。

5人中3人いなくてもライブやります

──今、練習はどれくらい入られているんですか?

サンジ いや……まあ、パンクは練習しなくても、ねえ(笑)? と言うか、そもそも会えるときが少ないので定期的にはできないんですけど、僕が皆さんに連絡して、リハができるくらいの人数が揃ったらやる感じですね。

──全員ではなく?

サンジ もちろん全員揃えばベストなんですけど、いざリハに5人揃うと勿体ないな……って思っちゃうんですよ。これならリハじゃなくてライブやった方が良いんじゃないかって(笑)。

──ライブでも全員揃わなかったりするんですよね?

トモロヲ これはね、新しいパンクの形です(笑)。どこまで居なくてもできるか、っていう実験なんですよ。5人中3人いなくてもライブやりますから。

──すごい(笑)! もう大人ですから、代打のラインナップも豊富なんですね。

トモロヲ そこが(サンジは)すごいんですよ。仕事がはやい! 誰かがダメとなると、すぐに代わりが決まっちゃうんです。

──でも、そうなってくると今後のことが心配になって来ますよね……?

サンジ 売れればみんなコッチに乗ってくると思うんです。

一同 (笑)

トモロヲ じゃあ売れなかった場合はどうするんですか?

サンジ 売れなかったっていうことは誰も知らないっていうことだから、どうなろうと良いじゃないですか。放っておいてください。

──いやいやいや、何を言ってるんですか(笑)!

トモロヲ アンザイさんはインタビューで「流れ解散かな」って言ってましたよね。

──刹那的ですね(笑)。

サンジ だって、自分が出られないのにライブやるとなったら、普通何か言ってくると思うじゃないですか。それが、誰も何もないですからね。

トモロヲ まあ、大人ですから。それにね、なかなか自分のバンドのライブを客席から観る機会なんてないじゃないですか。だから、むしろ出演しないほうが楽しみなんですよ。

──(笑)。そう考えると、いつか全員いなくなるって可能性もありますよね。

トモロヲ ああ、それは理想的ですね。いつの間にかオリジナルメンバーがいないのに、バンドは継続しているという。

サンジ 襲名制ですね。「二代目LASTORDERZ」みたいな。エグザイルのように。

──じゃあ、先は読めないということで。

サンジ いや、今年後半くらいになれば全員揃うんじゃないですかね。だって、これ(『大人パンク!』)がリリースされて少しすれば、売れるじゃないですか。そうすれば「あ、おいしいんだ」と思って、皆さんこちらに力を入れて頂けるので。

一同 (笑)

サンジ そのためにも今はまず、バンド名を知って頂くのが先かなと。LASTORDERZというバンドがいて、アンザイさんやトモロヲさんがいるんだ、ということが浸透すれば、他のメンバーが代わっていても良いと思うんですよ。だって僕も昔アイドルバンドでデビューして、一週間でクビになったんですけど、誰もメンバーが代わったことに気付かなかったですからね。

──なるほど(笑)。その頃のトラウマが……。

サンジ いや、トラウマじゃないですよ。その経験が今に活きているんです。

──でも流石にトモロヲさんがいらっしゃらないのは……。

サンジ そうなんですよ。今度やるライブ(取材日の約一週間後、2/28の下北沢CLUB Que)にトモロヲさんが出れないのも、実は今日知りましたから(笑)。でも大丈夫、トモロヲさんがいない場合のメニューも既に考えてあります。

──すごい!

サンジ すごいと言うか、他の手伝ってくれる人にも音資料を渡しておかなくちゃいけないし……ってこんな話は別に良いじゃないですか(笑)。

トモロヲ いや、これからバンドをやる人たちに向けて、先輩からのレクチャーですよね(笑)。でも、そこは本当に仕事が早いから、安心感があるんですよ。僕は昔やっていたバンドで最年長だったので、リーダーをやらざるを得なかったんですけど、こういった労力って大変なんです。それを出来る人がいるっていうだけで、僕は安心できるし、単純にすごいなと思う。……いいですよ、責任者が他にいるって。

──いろんなことを押し付けられますからね。

トモロヲ まあ年齢は僕の方が上なんですけど(笑)。でも、淡谷三治の手のなかで、我々は自由に泳ぎまくっている訳です。

サンジ 年上なのに!

このアーティストの関連記事

『大人パンク!』

3.9 IN STORES!!
UKCD-1134
2,400yen(tax in)

amazonで購入

1. 大人パンク!
2. I♡GIG!
3. パンク★ミー!
4. 安齋ちこく!
5. フューチャーだらけ!
6. 気分はAm!…だった。
7. エコバックでお買い物!
8. ラゾク!
9. 病院行って!
10. リスペクトで行こう!
11. 死ぬまで生きるぜ!
12. パンクがいっぱい!

LIVE INFOライブ情報

LASTORDERZ「大人パンク!」レコ発ライブ
5月23日(月)
下北沢CLUB Que
出演:LASTORDERZ
スペシャルゲスト:みうらじゅん
OPEN 18:45 / START 19:15
大人前売 ¥3000 / 大人当日 ¥3500

今年初となるメンバー全員集合のライブです。

【メンバー】
ラスト・アンザイ(安齋肇)
ラスト・トモロヲ(田口トモロヲ)
ラスト・サンジ(淡谷三治)
ラスト・カホリーナ(小野かほり)
ラスト・マキ999(MAKI999)


 

松本ロフト
LOFTX Koenjoy
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo