どんな時代にも、夢に向かってひたむきになる若者がいる。 振り返ったとき、その夢が時代遅れで笑ってしまうようなものであっても、そのときの彼らは熱く輝いていた...。

Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビューGSワンダーランド('08年11月号)

2008年11月15日(土)より、渋谷シネマGAGA!、シネ・リーブル池袋、シネマート新宿ほか全国ロードショー!

2008.11.01

どんな時代にも、夢に向かってひたむきになる若者がいる。
振り返ったとき、その夢が時代遅れで笑ってしまうようなものであっても、そのときの彼らは熱く輝いていた...。


映画『GSワンダーランド』が描くのは、憧れの日劇のステージに立つ夢を叶えるために、音楽に青春を賭けた若者4人の姿。飛び込んだショービジネスの世界で大人たちの都合に翻弄されながらも、へこたれずに夢を追い続ける彼らが、60年代後半に一大ブームとなったGS<グループ・サウンズ>の不思議な世界へと導いていく。
1966年のビートルズ来日公演に影響され、日本でも楽器を手にした若者たちが次々とバンドを結成。その後、GSブームが突如花開き、本格プロ志向のバンドから、数打ちゃ当たるかのように粗製乱造されたバンドも数知れず。60年代にたった2年半しか続かなかったGSブームに21世紀から飛び込み、ザ・タイツメンを演じたのは、『キル・ビル Vol.1』『死国』『エクステ』などで強烈な個性を発揮し、今回は男装にも挑戦した栗山千明(ミク)、『蝉しぐれ』で鮮烈なデビューを飾り、本作では見事な歌声まで披露する石田卓也(マサオ)、『仮面ライダーカブト』や『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』で大ブレークした水嶋ヒロ(シュン)、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』『コード・ブルー 〜ドクターヘリ緊急救命〜』の若手個性派の浅利陽介(ケンタ)といった映画やTVドラマ等で大活躍中の4人。栗山以外は楽器に触るのも初めての状態から特訓を重ねた上に、当時を再現した王子様スタイルにも果敢に挑戦している。彼らをデビューさせるレコード会社社長には、GSブームの渦中にいた元ザ・タイガースの岸部一徳を配し、武田真治、大杉漣、杉本哲太といった実力ある個性派俳優が集結し、当時の音楽業界をリアルに再現している。また、ザ・タイツメンに対抗するバンド、ザ・ナックルズの高岡蒼甫や、同じレコード会社に所属するフレッシュフォーの温水洋一など、歌唱力でも魅せる俳優たちにも注目だ。
音楽は、GSを作り上げた才能が奇跡的に再結集。ザ・タイツメンが歌う主題歌は当時ヒットを連発した橋本淳(作詞)&筒美京平(作曲)のゴールデン・コンビが、新たに書き下ろした『海岸線のホテル』。清潔で明るい恋を連想させる詩に、ちょっぴり切なさを漂わせるメロディが、今の時代に新鮮に響く。劇中曲は、当時のGSに加えて、ネオGSの雄、サリー久保田らが新たに制作したオリジナルGS10曲という凝り様だ。
監督は、『東京ハレンチ天国・さよならのブルース』が、2001年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門でグランプリを受賞、海外の映画祭でも絶賛を浴びた本田隆一。その後も、ナンセンスでシュール、エンタテイメント性を貫く作品を連発している。監督自身、高校時代からGSの大ファンであり、熱い思いで本作を結実させた。
ビートルズやローリング・ストーンズを和風にアレンジしていたはずのGSが、なぜ、青い目、王子様、白いテラス、ガラスの人形というフレーズに代表されるような、とんでもメルヘンの世界に迷走していったのか? 大人たちに翻弄されたザ・タイツメンのその後は? はかなくも消えていった若者たちのキラキラとした青春の1ページを、こだわりのGSサウンドと60年代のサイケなビジュアルで見せる音楽青春映画がここに誕生した!
(C)2008「GSW」製作委員会

40年の歳月を経てGS(グループ・サウンズ)ブーム再燃! 11月15日(土)より、渋谷シネマGAGA!、シネ・リーブル池袋、シネマート新宿ほか全国ロードショー!!

STORY
1968年。日本中の若者が憧れる日劇ウエスタン・カーニバル。日劇前に、野心を燃やすひとりの女が立っていた。名前は大野ミク(栗山千明)。歌手を目指し、北海道から家出同然で上京してきた。一方、音楽を志す若者のたちの登竜門であるライヴハウス『ACE』では、ザ・ナックルズのリーダー、タツオ(高岡蒼甫)が、ドラムのシュン(水嶋ヒロ)とベースのケンタ(浅利陽介)にビートルズに関する極秘情報を吹き込む。曰く「ポールとリンゴが秋田に来ている」。実はこれ、ふたりをバンドから体良く追い出すための真っ赤なウソ。しかし、素直なふたりはタツオの言葉を信じ、一路秋田を目指すのだった。同じ会場には、熱い視線でステージを見つめるマサオ(石田卓也)がいた。GSに憧れるマサオの髪型は、見事なマッシュルーム・カット。大学進学を諦めて、日劇のステージに立つと宣言するが、無謀すぎると友達も呆れ顔だ。
日本全国で吹き荒れるGSブームにあやかろうと、演歌専門のファインレコーズでも新人バンドを探していた。GSレーベル担当者に立候補した佐々木(杉本哲太)は、松田社長(岸部一徳)や鎌田専務(大杉漣)などの上層部に、3ヶ月でGSバンドをデビューさせよと命じられる。佐々木は早速、弱小プロダクションを営む梶井(武田真治)に無理難題を押しつけ、スカウトに走らせた。
1968年秋。ひょんなことで知り合ったマサオ、シュン、ケンタは、GSバンド"ザ・ダイアモンズ"を結成。3人がオリジナル曲『ベニスの夜空』を練習していると、歌声を聞きつけた梶井にデビューを持ちかけられる。しかし、佐々木が用意していたデビュー曲は、オルガンがメイン。窮余の策で、梶井は以前、事務所に押しかけた歌手志望のミクを男装させて、ミックと称して新メンバーにしてしまう。急ごしらえでデビューが決まった4人は、合宿生活まで始めて、ミックの真実を隠蔽するのだが......。




CAST
大野ミク:栗山千明
紀川マサオ:石田卓也
正巳屋シュン:水嶋ヒロ
柏崎ケンタ:浅利陽介
大河内宗雄(ザ・フレッシュ・フォー):温水洋一
石貫妙子(GSの追っかけ):三倉茉奈
石貫明美(GSの追っかけ):三倉佳奈
熊田恭一(佐々木の部下):ケンドーコバヤシ
鎌田兼一(ファインレコーズ専務):大杉漣
長谷川タツオ(ザ・ナックルズ):高岡蒼甫
梶井良介(オフィス梶井社長):武田真治
佐々木智典(ファインレコーズ ディレクター):杉本哲太
松田重吉(ファインレコーズ社長):岸部一徳

STUFF
監督:本田隆一
脚本:本田隆一、永森裕二
音楽:サリー久保田

主題歌『海岸線のホテル』ザ・タイツメン
作詞:橋本 淳 作曲:筒美京平
音楽プロデューサー:高 護

2008年/日本映画/カラー/シネスコサイズ/100分/ドルビーSRD
配給:デスペラード
(C)2008「GSW」製作委員会

TOPICS 1
スペシャル・スピンオフ・ドラマ『ビバ!GS野郎』放送!
映画公開に先立ち、GSの魅力をひも解くスピンオフ・ドラマを制作。その名も『ビバ!GS野郎』! 映画本編で非常に重要な役で登場するバンド"ザ・フレッシュフォー"(温水洋一、大堀こういち、緋田康人、村松利史)の4人組による、1話5分のショート・ドラマ・シリーズ(全10回)。映画本編を監督した本田隆一自ら脚本と演出を務め、GSの魅力を徹底解剖すると共に、GSマメ知識やGSトリビアを満載して描く。息ピッタリの4人の掛け合いによる本編顔負けの抱腹絶倒一幕劇。これは観なきゃ絶対損!
放送局:東名阪ネットU6局(tvk、テレ玉、チバテレビ、三重テレビ、KBS京都、サンテレビ)、MUSIC ON!TVで本編公開直前に放送(タイムテーブルは公式サイトをご参照下さい)。

TOPICS 2
『GSワンダーランド』公開記念&ザ・フレッシュフォーCD発売記念イベント開催!
11月15日の映画公開に先駆け、本田監督と本作で出演&CDデビューも果たすザ・フレッシュフォーのメンバーが撮影のマル秘エピソードや爆笑トークを繰り広げるイベント上映会を我がAsagaya / Loft Aにて行なうことが決定! 映画の予告編やザ・フレッシュフォーのスピンオフ企画『ビバ!GS野郎』の上映他、ここでしか聞けない見れない内容盛り沢山でお送りします! 皆さん是非お見逃しなく!
出演:本田隆一(監督)、ザ・フレッシュフォー(大堀こういち、緋田康人、村松利史)他。ゲスト変更の可能性あり。
日時・場所:11月3日(月・祝)Asagaya / Loft A
時間:OPEN 18:00 / START 19:00
料金:前売¥1,500 / 当日¥2,000(共に飲食代別)
問い合わせ:Asagaya / Loft A 03-5929-3445

TOPICS 3
サエキけんぞうのコアトークvol.78「GS最前線:徹底解明!傑作映画『GSワンダーランド』〜日曜は昼からGSだ!」開催!
『GSワンダーランド』があまりにも傑作なので、「サエキけんぞうのコアトーク」中の必殺プログラム『GS最前線』が奇跡の復活! 本田監督以下、主要スタッフと共に、故・黒澤進氏の指導の元に、綿密に練られた脚本と設定について徹底的に語り、60年代にタイムワープ! 保存版にして決定版! GS初心者にもメチャクチャ楽しめます!
出演:本田隆一(監督)、サリー久保田(音楽担当:ex.ファントム・ギフト)、高浪敬太郎(主題歌編曲担当:ex.ピチカート・ファイヴ)
司会:サエキけんぞう、大森眸
日時・場所:11月30日(日)Asagaya / Loft A
時間:OPEN 11:30 / START 12:00(15;00 END)
料金:前売¥1,500 / 当日¥2,000(共に飲食代別)
問い合わせ:Asagaya / Loft A 03-5929-3445

TOPICS 4 前売り特典付き鑑賞券、好評発売中!
『GSワンダーランド』の特別鑑賞券が、当日一般¥1,800のところを¥1,300にて絶賛発売中。劇場でお買い求めの方には"ザ・タイツメン"オリジナル缶バッ1チ"をプレゼント。缶バッチの数に限りがあるので、皆さんどうぞお早めに!


キャッチフレーズは"タイツを履いてニュー歌謡"! '69年春、彗星の如く現れたGSバンドが遂にそのベールを脱いだ!

人気赤丸急上昇! タイツを履いた王子様たち!

目下日本中の若者を熱狂の渦に巻き込んでいるGSブームだが、1969年の今年、大本命と呼べるグループが登場した。その名はザ・タイツメン(オフィス梶井所属)。紀川マサオ(vo, g)、正巳屋シュン(ds)、柏崎ケンタ(b)、大野ミック(org)というフレッシュなヤング4名から成る彼らのキャッチフレーズはズバリ、"タイツを履いてニュー歌謡"。白タイツにフリルを過剰に配した王子様風ファッションとふんわりとしたマッシュルーム・ヘアが実に愛くるしく、都内のジャズ喫茶『ACE』をホームグラウンドとして精力的にライヴ活動を続けている。あのいしだあゆみの大ヒット曲『ブルー・ライト・ヨコハマ』を手掛けた名コンビ、橋本淳&筒美京平によるデビュー曲『海岸線のホテル』は、実在するパシフィックパーク茅ヶ崎(通称:パシフィックホテル)を舞台にしたロマンティックなラヴ・ソング。GSの新たなスタンダードと呼ぶに相応しいこの曲が現在ヒットチャートを驀進中、第2弾シングル『レッツ・ゴー・よさこい節』のリリースもすでに控えている彼らへの独占インタビューをどこよりも早くお届けしよう。(interview:椎名宗之)

タイツは当番制で洗濯してます

──まず、結成の経緯から聞かせて下さい。

マサオ:偶然同じ日に、僕とシュンとケンタが、ジャズ喫茶の『ACE』に遊びに来てたんですよ。

ケンタ:そうそう。それで出会って、意気投合して。

シュン:いきなりその日のうちにバンド結成です(笑)。

ミック:僕はその後に参加した形ですね。

マサオ:ちょうどオルガンが弾けるメンバーを探してたので、ミックに入ってもらったんです。

シュン:今でこそ、そんなこともうないですけど、デビュー前はマンションの屋上に勝手に上がって練習とかしてました。

マサオ:練習場所に困ったよね。

ケンタ:懐かしいなぁ。あの時、電源を勝手に利用して、早い話が電気泥棒したんですが、今この場を借りて謝らせていただきます。すいませんでした(笑)。

──メンバー各自の音楽的なルーツは?

ケンタ:ビートルズ!

シュン:そうですね、やっぱりビートルズかな。曲で言うと『抱きしめたい』が特に好きです。

マサオ:僕はシャープファイブが大好きなんですよ。もう、カッコいいです! 三根(信宏)さんのエレキには、世界中のどんなギタリストもかなわないと思ってます。

ミック:僕はGSも好きだけど、女性歌手も割と好きですね。江利チエミさんの『アンチェイン・マイ・ハート』とか、凄いカッコいいと思う。

──皆さんの趣味は?

マサオ:僕はエレキ一筋です。暇な時はいつもエレキ弾いてますし、エレキ抱いて寝てます。エレキが恋人です。

シュン:映画鑑賞かな。特に『若大将』シリーズが好きです。

ケンタ:読書です。貸本漫画が好きだったんですけど、最近お店自体が減ってきましたよね。佐藤まさあきの漫画が好きです。

ミック:乗馬と絵を描くことです。

マサオ:ん......どっちも見たことないけど......。

ミック:暇な時は、馬に乗ってるかキャンバスに向かってますから。

マサオ:.........。

──皆さんのタイプの女性を芸能人で言うと?

シュン:酒井和歌子。

マサオ:この間『女子高生の青い性』っていう映画に1シーンだけ出たんですが、その話が来た時、"酒井和歌子と共演できるかも!"って、勝手に想像して(シュンが)ひとりで興奮してたんですよ。もちろん酒井さんは出なかったんですが。

シュン:それ言うなよ!

マサオ:僕はどっちかって言うと内藤洋子派ですね。

ミック:僕は内緒です。

ケンタ:應蘭芳。

シュン:ええっ......。

──バンドのコンセプトは"タイツを履いてニュー歌謡"とのことですが...。

マサオ:凄く気に入ってるんですよ。僕たちのことを的確に表現してるなって。

シュン:正直、最初はちょっと抵抗ありましたけどね。

ケンタ:あのタイツは僕らが当番制で洗濯して、合宿所に部屋干ししてるんですよ。朝起きて部屋にタイツが4つぶら下がってるのを見て、"ああ、僕たちタイツメンなんだなぁ〜、よし、今日も頑張るか!"って毎朝そう思います。

ミック:もう慣れましたけど(笑)。


ファンの子同士、仲良くしてほしいな

──デビュー曲『海岸線のホテル』の聴き所は?

ケンタ:僕のベースかな。

シュン:おい!

マサオ:僕の歌です。

シュン:おい、いい加減にしろよ!

ミック:何と言っても、楽曲が素晴らしいんです。

マサオ:そうそう。そうです(笑)。

──橋本淳さんと筒美京平さんと言えば、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの作詞家であり作曲家ですよね。

マサオ:そうなんですよ。そのおふたりにデビュー曲を書いてもらえるなんて、凄い幸せだなって思ってます。

ミック:ホントに凄いよね。

シュン:最初に譜面をもらった時は、何か歌謡曲っぽいなって、ちょっと思ったんですけど、演奏していくうちにどんどん気に入って、今ではホントにいい曲だな〜って思ってます。

マサオ:僕は元々おふたりの曲が好きだったんですよ。ジャガーズの『哀れなジョン』とか。途中で転調して、ガラッと曲の雰囲気が変わるじゃないですか。ガリバーズの『赤毛のメリー』もそうですけど。あの感じがたまらなくいいんですよね。

ケンタ:きっと将来、ビッグな作詞家・作曲家になりますよ。

シュン:お前が言うなよ!

──ライバルと目しているGSバンドは?

シュン:僕とケンタは昔ナックルズというバンドにいたので、「仲間割れしたんじゃないか?」とか、ファンの間で色々言われてるみたいですけど、実際そんなことはないんですよ。

ケンタ:ナックルズのリーダーのタツオさんとこの間会った時も、「俺たちホントは仲いいのにな〜」ってお互い笑ってるくらいで。

シュン:だから、ファンの子同士で喧嘩しちゃったりすることもあるって聞いたけど、仲良くやってほしいなって思ってます。ナックルズの曲もカッコいいですからね。R&B調の『泣かずにいられない』とか、特に。

マサオ:僕がライバルだと思ってるのはトーイズかな。この間出た『お宮さん』って聴きました? 凄いエレキが巧いんですよ。寺内タケシさん系の弾き方で。何者なんだろう? それ聴いた時は凄い嫉妬して、一日中家でエレキ弾きまくってましたね。負けるもんか! って(笑)。

ケンタ:もうすぐ『港のドロシー』って曲でベアーズっていうバンドが出るって聞いたんですけど、キャッチフレーズが"グループ・サウンドと歌謡曲を結びつけたニュー・サウンド!"っていうらしいんですよね。これはライバルかな〜って思います。

ミック:キャッチフレーズで言うと、これも来年ですけどシルクロードってバンドが"GSからBS(ブラス・サウンド)へ"っていうキャッチフレーズで『蒼い砂漠』って曲で出るらしいです。僕は前からブラスの音が割と好きで、ブルーインパルスの『夜明けに消えた恋』とかも好きなので、ライバルっていうよりは、そういう管が入ったGSっていうのもいいなぁ〜って、ちょっと憧れます。

マサオ:あ、あと、僕たちと同じ事務所からデビューするフレッシュ・フォーもよろしくお願いします。なかなか個性的な4人組です(笑)。

ケンタ:僕たちとは違ってムード歌謡ですが、『あなたのフリをして』っていうデビュー盤が凄い名曲なので、是非聴いてみて下さい! あの曲、好きだなぁ〜。

いつの時代も大人はわかってくれない

──ところで、間近で拝見すると、ミックさんはまるで女性のように見目麗しい容姿ですね。

ミック:よく言われるんですよ。

シュン:僕も最初会った時は"女なんじゃないか?"って思いましたからね。

マサオ:でも、今の僕たちの人気は"ミック人気"と言っても過言ではないですからね。ミックが女の子のように可愛かったことに感謝してるんです。

ケンタ:あり得ないけどホントに女の子だったら、真っ先に狙っちゃいますよ(笑)。

──GSが大人から「ただの雑音だ」と煙たがられていることについてはどう思いますか?

ケンタ:ちょっと寂しいですね。

マサオ:ちゃんと曲を聴いて判断してないんじゃないかと思います。何かGSってだけで、ひとまとめに"不良の音楽だ"みたいなイメージを持っちゃってるのかなって。エレキ・ブームの時もそうだったけど。

シュン:って言うか、自分たちの知らない新しいものが出てくると、すぐにはそれを認めない、っていう悪い風習があるよね。特に大人には。

マサオ:普通に聴いても"いい曲だな"って思える曲が、GSにはいくらでもあるので、もっとちゃんと聴いてほしいなって思ってます。もちろん僕たちの曲もそうですし。

ミック:いつの時代も、大人はわかってくれないんだよ。

マサオ:どうした、ミック......?

──海外ではジミ・ヘンドリックスやクリームなど、"ニュー・ロック"と呼ばれる動きが活発ですが、今後GSはどう発展していくと思いますか?

マサオ:そう呼ばれている音楽も、もちろん聴いたりするんですが、正直そんなに追求してみようっていう興味が湧かないんですよね。

ケンタ:歌詞、英語だから、よくわかんないしね。

シュン:あんまり海外ばっかり見て右ならえするのも、どうなのかな〜って思います。ビートルズを初めて聴いた頃はそうは思わなかったけど、やっぱりこれからは日本独自のスタイルでやっていったほうがいいのかなと。なので、僕たちの2枚目のシングルは『レッツ・ゴー・よさこい節』です。

ミック:それと、自分たちもそうなんですけど、コンセプトで新しさを競うようなGSは、これからは違うのかもしれないですね。もう色々出尽くしちゃってるから。だから、これからは本当に良い演奏や曲を残せるバンドだけが生き残っていくんだと思うんです。そういう意味では、僕たちも気持ちを引き締めて頑張らなきゃって思ってます。

──タイツメンとしての夢は?

マサオ:もちろん海外進出です! スパイダースさんみたいに、僕たちも『レディ・ステディ・ゴー』に出たい!!

シュン:あと、僕たちの主演映画っていうのも夢です。

マサオ:酒井和歌子と共演したいだけだろ?

シュン:うるせぇなぁ!

ケンタ:應蘭芳と共演したいなぁ。

シュン:もういいよ!

ミック:まぁとりあえずのところ、日劇出演が目標です!

──では最後に、本誌の読者に一言ずつお願いします。

マサオ:まだまだ僕たちのことを知らない方も多いと思いますが、是非、僕たちの曲を聴いてみて下さい! 損はさせません!

ケンタ:僕のベースを聴いたら、単なる色物バンドじゃないってことがわかってもらえると思います。

シュン:ずうずうしいんだよ! って言うか、俺の一言、ツッこみで終わっちゃったじゃねぇか!

ミック:まぁまぁ。4人楽しくやってま〜す(笑)。
註:本稿は、編集部が用意した質問に対して『GSワンダーランド』の監督・本田隆一氏に各メンバーのキャラクターおよび劇中の設定に沿って回答して頂いたものです。




デビュー・シングル
海岸線のホテル

SOLID RECORDS CDSOL-1259[CD MAXI+DVD]
1,260yen (tax in)
2008.11.01 IN STORES

amazonで購入

iTunesStoreで購入

c/w あなたのフリをして(ザ・フレッシュ・フォー)
特典DVDには『海岸線のホテル』のPV、メイキング、予告編を収録。

『GSワンダーランド』オリジナル・サウンド・トラック、劇中挿入歌(ザ・タイツメン、ザ・フレッシュ・フォー、ザ・ナックルズほか)と劇伴音楽(サリー久保田とカジノ・ジョーカーズ)を合わせた全21曲収録で11月15日発売(SOLID RECORDS CDSOL-1260/税込2,400円)。

haku
lpo
lpo