Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】THE BAWDIES(2008年2月号)覚醒した新たな才能、ロックンロール新時代の幕開けとなる名盤、ここに誕生-

覚醒した新たな才能、ロックンロール新時代の幕開けとなる名盤、ここに誕生

2008.02.01

都内を中心に60's マージービートから直系のロックンロールまでを体現し続けるバンド、THE BAWDIESから2年振りのアルバム『Awaking of Rhythm And Blues』が届いた。最初に聴いて感じたこと、それはTHE BAWDIESがこのアルバムで1つの殻を破ったみたいだということ。そう、それは蛹が蝶になったかのように。今回の取材での話振りからも昨年1年間のライブ活動で得た自信が大きいことを感じた。まだまだ荒削りな部分もあるだろうが、間違いなく彼らが直系ロックンロールを継承していくだろうと。それに飽き足らず進化していき新たな日本のロックンロール新時代を作り出すだろうと。今作はまだその過程の1枚にしか過ぎないが、そのポテンシャルを秘めた要素が所々から垣間見える。そしてルーツ・ミュージックを根底に、リズム&ブルースからポップまでバラエティに富んだ楽曲群と、その卓越したテクニックでのライブ・パフォーマンスを手に全国を駆け巡り、そのまま世界へ飛び出すのも時間の問題だろう。彼らは今、明らかに2008年の最新型ロックンロールを奏でるバンドへと飛躍した。(interview:植村孝幸)

ライブを重ねた結果得た大きな自信と充実感

──前作から1年振り、アルバムとしては2年振りのリリースとなりますね。この1年、初のワンマンライブや、初の海外遠征、フジロック出演など印象的な出来事が多かったと思いますが、振り返ってみてどうですか?

ROY(Vo,B):ライブ、ライブの1年で楽曲の幅も広がったし演奏力も上がり、今まで演奏しきれなかったり、表現しきれてなかったところも出来るようになりましたね。それで自信がついたことによって、いろんな楽曲をやっても自分たちらしさが出せるようになりました。ライブで成長したのが大きかったですね。

──今回の作品を聴いて最初に感じたのは、今、ROYさんがおっしゃったことそのものでした。楽曲の幅が広がり、ライブ感が出て自信が漲っているなと。その辺りは意識して作られたんですか?

ROY:逆に意識しないでいこうみたいなのが大きかったんです。R&Bをやろうという感じで作れば、当時の雰囲気は出せますよね。でも、今回は自分たちの身体に染み込んだ音楽を意識せずに、自然に素直に出してみようってのがテーマだったんです。

単なるコピーではなく新たなオリジナルへ

──今回、タイトルが『Awaking of Rhythm And Blues』ということですが…。

JIM(Gt):目覚めですね。

ROY:自分たちの中でのブラック・ミュージックだったり、リズム&ブルースを表現したい。それは昔のものをそのままって訳ではなくて、自分たちなりのリズム&ブルースを目覚めさせるかっていう意味合いと、最近R&Bとは呼ぶけれども、リズム&ブルースという意味合いが薄れてるんじゃないかと。それをもう1度目覚めさせたいなって思って付けました。

──今回、全曲オリジナル曲ですね。以前のようにカバーを入れたりって考え方はなかったんですか?

ROY:ギリギリまで迷ったんですけど、やっぱり自分たちのモノをやりたいって気持ちが強かったんで出来るんであれば全曲オリジナルでいきたいと。

TAXMAN(Gt):おかげで苦労しましたよ。吐き出したって感じです(笑)。

ROY:ギリギリで今回はTAXMANとJIMが1曲ずつ作ってくれたんで間に合いました(苦笑)。

──シングル『I BEG YOU』('06年3月発売)の時は、5~6曲作った中で4曲ピックアップした形でしたよね?

JIM:その時に漏れた曲も入ってます。

──ライブで形を変えたりして?

JIM:あの頃はうまく録れなかったんですよ。

ROY:でもライブでやっていって、どんどん変化して自分たちにフィットする形になったんです。

JIM:作りたてだったんで、その曲が持つ良さを上手く出せなかったんですよ。

ROY:だからこのアルバムの曲も、レコーディングをする前にライブでやって馴らしておかないと実際のライブ感は出せないかなって。

──レコーディングで気をつけた点とかありました?

TAXMAN:リズムは大事にしましたよ。

ROY:生感は出したかったけど、粗くなりすぎないようにしっかり演奏しようと。

JIM:音圧は意識しました。あとはライブ感は出したかったけど、出してぐしゃぐしゃになるとちょっと違うと思うので、その辺のバランスの取り方が難しかったですね。

──スタジオに入ってからの録りは早かったんですか?

JIM:1週間ですね、大体1日2~3曲って感じで。

TAXMAN:でも上手く録れる時と録れない時で波はありましたね。

JIM:MARCYは大遅刻してくるしね。

MARCY(Dr):3時間くらい寝坊しましたね(笑)。

ROY:前の日にドラムで難しいところがあって録りきれなくって、てっきりスタジオ入って個人練してると思ってたから「遅れてもいいよ」ってメールしたら…寝てたね。 一同:(爆笑)

TAXMAN:でもその日はいい曲いっぱい録れたよね。

MARCY:気合い入りました。

このアーティストの関連記事

Awaking of Rhythm And Blues

CD : SEZ-3007 / 2,300yen(tax in)

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻