Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】YMCK(2008年1月号)- 8bitサウンドが奏でるパーティー・チューン『ファミリージェネシス』リリース!

8bitサウンドが奏でるパーティー・チューン『ファミリージェネシス』リリース!

2008.01.01

8bitサウンドにこだわる理由

──ゲーム機と同じように音楽の機材も進化し続けているわけですが、みなさんが8bitにこだわる理由って、どこらへんにあるんですか?

除村:機材とがか進化したのって、単に選択肢が増えただけっていうふうに思ってるんですよね。あとは“そのなかから、何を選ぶのか?”っていうのが大事になってくるというか。アナログシンセを使う人もいれば、あえてターンテーブルを使う人もいる。ウチらもそれと同じなんじゃないかなって。最先端の音色を使わなくちゃいけない、ってこともないわけだし。まあ、ただ、制作のプロセスに関しては、新しい技術を使ってますけどね。ファミコンの音が使えるようにプログラミングしたプラグインとか(ソフトウェア用8bitサウンド・プラグイン『Magical 8bit plug』)。

栗原:そのプラグイン、サイトで無料で配布してるんですよ。もっと自由にファミコンの音が使えるようになればいいなって思って。そうなったほうが楽しいし、シーンも大きくなるんじゃないかなって。

除村:“これも楽器のひとつ”って感じになれば、イロモノとして扱われなくなるんじゃないかな、と(笑)。音色とか音数は少ないし、いじれるところも少ないんだけど、じつは奥が深いしね。

栗原:爆発音を少しいじってるうちに、シンバルの音に聴こえてきたりとか。けっこう奥が深くておもしろいから、みんなもやってみようよって感じです。

──ただやみくもに進化を目指すんじゃなくて、そこでどう楽しむか? っていうテーゼも含まれてますよね、今回のアルバム「加速する世界のイデア/その先に何を見るのか?」(『フューチャー・インヴェージョン』)だったり。

除村:そう、特にアルバムの中盤は、それがテーマになってますね。進化し切ったあとって、どうするんだろう? っていう。それもさっきと同じで、自分がいいと思うものを選んで、やっていけばいいんじゃないかなって思うんですけどね。

──これ以上、便利になってもしょうがない気がしますもんね、さすがに。ケータイとか、「もういいよ。って思っちゃうし。

除村:ムーヴィーとかも普通になってますからね。ケータイで映画観てる人とかもいるし。音楽に限らず、何でもケータイに集約するっていう……そういう進化の方向でいいのかな? っていうのは確かにありますね。すごく興味があるんですよ、そういうことって。

──アルバムにも反映されてると思います、そういう志向って。ところでYMCKって、LOFTと絡んだことってあります?

除村:LOFT/PLUS ONEには出たことありますよ。高橋名人の20周年イベントとか。

中村:あと、ゲームのトークイベントに呼んでもらったり。

除村:ライブもやりましたね、PLUS ONEで。

──新宿LOFTでライブっていうのも似合いそうですよね。YMCKの音楽って、ダンス・ミュージックでもあると思うので。

栗原:そこは今後、ちょっとずつ企んでいきたいと思ってます。いままではわりとマジメな感じだったので(笑)。

除村:今回のアルバムはどちらかというと、じっくり聴くっていうものだと思うんですよ。次はもっと上げていくというか、“楽しい”っていうイメージに出来たらいいなって思ってますよ。

このアーティストの関連記事

ファミリージェネシス

AVCD-23459 / 2,800yen(tax in)
エイベックス・マーケティング株式会社

amazonで購入

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻