Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】Fed MUSIC(2007年11月号) - 普遍性の良質の旋律、そこに調和する進化した音階、 自由で極限の捻道な音楽が奏でる三重奏

普遍性の良質の旋律、そこに調和する進化した音階、 自由で極限の捻道な音楽が奏でる三重奏

2007.11.01

Fed MUSIC〈フェッド・ミュージック〉が絶好調だ。昨年レーベル移籍を果たし、2ndアルバム『BY YOUR COLOR』の発売を機に活動も活発化、認知度もアップ。更に今年に入り改名騒動など話題性も備え、短期間でのシングル、ミニ・アルバムとリリース・ラッシュ。その間にも盟友たちとの"FIVE ON THE MOVE TOUR"など頻繁にライヴを行ない、遂にFed MUSICとしての1stフル・アルバム『I call your name』を完成させた。今までのメロディ中心という基盤を残しつつ、練りに練って捻くれまくった音の数々を届けてくれたメンバーに急遽集まって貰って話を伺った。(interview:植村孝幸)

rdmの次はFedで決まり!?

──先日、SHELTERでの自主企画“Age of innosense #5”('07年10月12日)を拝見させて頂いたんですが、今ホントにノッてますね。

Riku Kudara(Riku:vo, g):ありがとうございます。“Riddim Saunterの大ヒットの次は、Fed MUSICで決まり!!”(媒体向け紙資料より)ですからね(笑)。

一同:(笑)

──いや、ホントにこの1年、怒濤の活動で。

Riku:いやぁ、忙しいですね。ライヴも半端なくやってますからね。

──そして今年のスタートがいきなり改名騒動で。

一同:
(笑)

Yusuke Akimoto(Akimoto:ds):ZARIGANI5というバンド名を聞いて、僕らの音楽性と結びつくか、インスピレーションされるかというと“???”だったので。

Riku:レーベルを移籍して、『BY YOUR COLOR』というアルバムを出して('06年3月リリース)、それを聴いてくれた人たちが「ZARIGANI5ってこんなバンドだとは思わなかった、今まではバンド名だけで違ったイメージを持ってて聴かなかった」って言ってて、“あぁ、そういう人がいるんだな”って肌で感じるようになって改名しました。

ロックであることが最低条件です(笑)

──色々あって待望のアルバムのリリースということですが、ミニ・アルバムから半年足らずのリリースってことでかなりタイトな録りだったんじゃないですか?

Riku:そうですね。とにかく今年はツアーが多かったんで大変でしたね。

Atsushi Kikuchi(Atsushi:b, cho):ちょこちょこネタはあったんですけど、完全に作ったりとかは別でしたからね。

Riku:やっぱり“コレだ!”って曲しか入れたくなかったから、レコーディング前に頑張って作ったって感じですね。

──そのアルバムですが、全体的にリズムに凝ってるなって感じました。

Riku:そうですか? ありがとうございます。もうその辺は狙ったところでして、基本、僕が主にメロディ中心で曲を作って、それにリズムを載っけてくみたいな感じの曲作りだったんですけど、それをちょっと変えてみようかと思って。やっぱり音楽ってリズムが大事だと思うんですよ。それでリズムのアプローチを変えてく実験を色々したら面白くなってきて。

Atsushi:ただメロディは大好きだから、それは無くさないってルールは作ってて。

Riku:あとはやっぱりRiddim Saunterみたいなリズムを凄い基盤にしたバンドと対バンしてて、“そういうの面白いな、ちょっと俺たちも取り入れてみよう”ってね。

──以前よりそういった意味で雑食性は高くなりましたよね。ただ、根底にあるメロディを大事にしたロックっぽさは無くさないみたいなところも。

Riku:やっぱりFed MUSICはロック・バンドだと思ってるし、“FIVE ON THE MOVE TOUR”でも一番ロックっぽいのは僕たちだったと思うし、そのスタイルは変えたくない、ロックであることはブレさせたくないところはありますね。

Atsushi:ロックであることが最低条件なんですよね…ちょっとイナたいっすね(笑)。

──うわっ、それ、見出し決定ですね(笑)。

Atsushi:でも、ホントに仲良いバンドとやるようになって凄いリズムとかを気にするようになったんですけど、で、あるから故に自分たちはロック・バンドだっていうことを認識するようになりましたね。

Riku:元々ロックってのは一番自由度の高い音楽じゃないですか? 何を取り入れても良いと思ってて、取り入れすぎて「それってロックじゃないんじゃない?」って言われたらそれこそロックだと。今の時代、ロックってスリー・コードでストレートなものだったりとか限定しちゃってると思うんですよ。そうじゃなくって僕の好きだった昔のロック、例えばレッド・ツェッペリンみたいにハードロック・バンドなのにヒップホップやファンクのリズムを取り入れたりしてるようなロックをやりたいんですよね。元々ロックは雑食性の高いものだから、それをコンセプトにしてるところはありますね。

──あと、聴いてて感じるのはスリー・ピースなのに音が分厚いですよね。

Riku:それ、嬉しいっすね。

──やっぱり意識はしてます?

Riku:してますね。スリー・ピースってやっぱりシンプルになりがちじゃないですか? そうじゃなくって、僕がスリー・ピースを好きなのは例えばポリスみたいにスリー・ピースっぽくない音を出すバンドで、僕たちがやるんだったら所謂スリー・ピースっぽいバンドにしたくないなって。

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻