Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】N.G.THREE(2007年9月号)- Lo Fidelity Peopele Are Coming Back!!!

Lo Fidelity Peopele Are Coming Back!!!

2007.09.01

新井仁(vo & g)、浦 敦(b)、フィル・ホッパー(Dr/ex.ファイヴ・サーティー)というラインナップによる新生N.G.THREEから、まさかの新作が到着。『Lo Fidelity Peopele Are Coming Back!!!』とタイトルされた本作は、ダイレクトで生々しいバンド・グルーヴとグッド・メロディがガッチリとぶつかり合う、激ポップなロックンロール・アルバムとなった。活動休止から10年、N.G.THREEは理想的なカタチでシーンに戻ってきた。3人が生み出す2007年型のロックロールを、ぜひ体感してみてほしい。びっくりするよ、絶対。(interview:森 朋之)

N.G.THREE、最高のリズムセクションとともに復活!

──一瞬、耳を疑いましたよ。まさか新作が出るとは!

新井:そうですよね。自分でもビックリしてます(笑)。

──しかも、電光石火の早業で。

新井:そうそうそう。メンバーもアンダーフラワーの田中さん(アンダーフラワー代表取締役)もビックリしてました。まさか今年、こんなことになるなんて思ってもみなかったから。今は抜け殻のようになってますけどね。普通のパターンと、順番が逆なんですよね。

──と、いうと?

新井:まず、ツアーが先に決まったんですよ。アンダーフラワーの15周年イベント(07/06/02@渋谷クラブクアトロ)に出演して、そのときのライブパフォーマンスがかなり良かったんですよね。自分たちもすごく手ごたえがあったし、お客さんも喜んでくれて。その後、全国の友達からどんどん連絡が来たんですよ。「N.G.THREE、またやるんだって? 来てくれないと困る!」って。そうやって呼ばれるがままにスケジュールを組んでるうちにツアーが決まって、「せっかくツアーをやるだったら、何かリリースしたいな」って。だから逆なんです、順番が。

──でも、ツアーが先に決まるってことは、それだけN.G.THREEの活動を望んでた人がいたってことですよね。

新井:うん、ありがたいことに。ここ2年くらいはソロとしてあちこち回ることが多かったんですけど、「N.G.THREE、好きでした」って人がけっこういるんですよ。さんざんいろんな話をした後に、「サインしてくれませんか?」って N.G.のCDを持ってきたり。「なんだ、知ってるんじゃないですか。早く言ってくださいよ」っていう(笑)。

──もう一度確認しておきたいんだけど、最初のきっかけはアンダーフラワーのレコードの15周年イベントだったんですよね。

新井:そうですね。N.G.THREEの音源を再発したいっていう話があって、「それはもう、ぜひ」っていうのが最初。イベントについては、最初ちょっと考えたんです。というのは、ベースの浦さんとはずっと付き合いがあったんですけど、オリジナル・ドラマーの平岡君とは10年くらい会ってなかったんですよ。連絡先も住所しかわかんないし、ちょっと無理かも…って。でも、レーベルのほうから「N.G.が出ないと話にならないから」って言ってもらって連絡を取ってみたんですよ、…手紙で。そしたら「再発はOKだけど、ライブをやる自信はないです」って返事がきて(笑)。

──10年のブランクがあったら、きついですよね。

新井:そうなんだよね。でね、フィル・ホッパーっていう、ファイブ・サーティーのドラマーをやってた人と、最近お付き合いがあったからダメもとで声を掛けてみたんですよ。そしたらいきなり「OK!」っていう返事がきて(笑)。いやいや、まずは音源を聴いてみてから…ってMP3で送ってみたら、「最高だ! ぜひやりたい」って。

──なるほど。

新井:フィルは大阪の人と結婚して大阪在住なんです。だから、練習がそんなに出来なかったんですよ、実は。僕がライブで大阪に行ったときに浦さんも呼んで、まず1回。あとはライブの前日にスタジオに入ったんだけど、たった2回のリハーサルで本番の臨んだっていう(笑)。でも、さすがなんですよね、やっぱり。

──よかったですか、フィルのドラムは?

新井:よかったね、すごく。N.G.THREE って、ファイブ・サーティーに影響を受けた…ていうか、だいぶパクッてたから(笑)、フィルが「自分のドラム・スタイルにピッタリだ!」って…当たり前なんだけど。浦さんも言ってたもんね、「これはすごい、信じられない」って。平尾君のドラムもよかったんですよ、シンプルでパワフルで。でも、フィルのドラムは日本人離れしてる……これも当たり前なんですけどね、イギリス人だから(笑)。

──(笑)でも、何かが違った、と。

新井:違いましたね。何が違うかはわかんないんだけど、すごいビートなんです、とにかく。浦さんも最強のベーシストだし、浦さんとフィルっていうのは、僕のバンド史上でも最高のリズム・セクションだと思いますね。RON RON CLOUもNORTHERN BRIGHTもいいんだけど、今の N.G.のリズム隊はすごいです。

──活動休止から10年を経て、最強のリズムセクションとともに復活。すごいですよねえ。

新井:ねえ。こんなことになるなんて、思ってもなかったから。

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻