Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】メロン記念日(2007年9月号)- アイドルの可能性を広げていく存在進化し続けるメロン記念日が放つメジャー盤『お願い魅惑のターゲット』

アイドルの可能性を広げていく存在進化し続けるメロン記念日が放つメジャー盤『お願い魅惑のターゲット』

2007.09.01

メロン記念日はアイドル史上稀にみるおもしろい存在だ。デビュー時より応援しているファン達は、メロン記念日を一過性のものではなく、自分達の人生の一部として楽しんでおり、それはロックでは時々見られるデッドヘッズ的なコミュニティを形成するに至っている。また、掟ポルシェ(ロマンポルシェ。)や宇多丸(ライムスター)、ヒダカトオル(ビート・クルセイダース)といった通好みなミュージシャン達が自発的にメロン記念日をサポートしていたり、昨年から始まったDJイベント「メロンラウンジ」に、有名クラブイベント「申し訳ナイト」のミッツィー申し訳が全面参加したりと、ジャンルを越えた一大メロン相関図ができている。そうした周辺の熱狂を知ってか知らずか、相変わらずマイペースなメロン記念日は、決して脱アイドル化することなく、愚直にアイドルとしての可能性を追求しているように見える。9月にはニューシングル『お願い魅惑のターゲット』をリリースし、併せて待望のライブハウスツアーを始めるメロン記念日に、4月号に引き続いて再びRooftopにご登場いただいた。(interview:加藤梅造)

ロック虎の穴での修行の成果!

──今回のニューシングルは、以前インディーズでリリースした『お願い魅惑のターゲット』を新たにメジャーリリースするということですね。

斉藤:メジャーシングルで出して欲しいという声もたくさんあったし、私たち自身もインディーズだけなのはもったいないなという気持ちもあったので、今回こうした形で出せることになって嬉しいです。

──オリジナルバージョンとリミックスバージョンとの両A面というのが今作の特徴となってますが、これはどういった意図なんですか?

村田:今までにないチャレンジをしようというのと、私たちが「メロンラウンジ」というイベントでDJにも挑戦していることもあって、リミックスというものに興味が出てきたというのもあります。リミックスでどんなふうになるんだろうと思ってたら、意外にも南国風のアレンジでびっくりしました。

──こうしたクラブミュージック的なアレンジは特に斉藤さん好みですよね。

斉藤:そうですね。リミックスというとおまけ的なイメージもありますけど、今回の『お願い魅惑のターゲット』に関してはどちらも押しと言えると思います。でも最初に「マンゴープリン Mix」というタイトルだけ聞いた時は「一体どうなってるんだろう? それに、なんでメロンなのにマンゴー?」っていう衝撃はありました(笑)。

村田:メロンシャーベットでもなく、メロンソーダでもなく(笑)。

──ロック好きな大谷さんとしては、どっちかというとオリジナルのロックバージョンの方がいいんじゃないですか?

大谷:あ、そうですね。最初聴いた時はちょっと抵抗もあったんですが、慣れるとどっちもいいなあって。音楽って幅広いなと思いました。

──そして待望のライブハウスツアー「LOCK ON!」が始まりますが、これもまた凄いことになりそうですね。

斉藤:9月になって暑さも一段落という時期に、メロンのライブハウスの中はまだまだ熱いよ! って気分を味わってもらいたいですね。

大谷:最初4人で集まって、セットリストや衣装などそれぞれの意見を出し合って決めていったんですが、いままでで一番自分たちの意見が反映されたライブになると思います。そういう意味でもすごく楽しみです。今回はライブハウスツアーなので、そんなに作り込まないで、お客さんの近くでやるということを大事にしようと。会場の大きさもバラバラですが、どこにいっても同じぐらい迫力を出せるようなライブにしようと思います。

──ライブハウスということで、いつにも増してロックな感じですか?

柴田:ロックはもちろん欠かせないんですが、夏らしい感じも楽しめると思います。あと昨年からロックミュージシャンの方々との交流が増えたので、そこで勉強したことや教わったことをメロン記念日として出せたらいいなと。

──ちなみに掟ポルシェさんから教わったことってあるんですか?

一同:
たくさんありますよ!

──あ、そうでしたか(笑)。例えばどんなことを?

柴田:言葉だけでは伝わらないようなパフォーマンスだったり。

──銀ラメとか、全裸とか?

柴田:いや、それは……(苦笑)。

斉藤:先日のメロンラウンジで、ハロープロジェクトの曲を完コピして踊ったのには驚きました。ほんとにお客さんに見せる方なんだなって。

村田:ステージ上の掟さんに怖いものはないんだなって思います。我々もそれに負けないように、見た人の記憶に残るようなライブを今回の「LOCK ON!」で見せたいです。

──村田さんが本気になると掟さんを越えそうな気もしますが……

村田:いやいやいや、掟ポルシェの壁はまだまだ厚いですよ(笑)。

──あと、メロン記念日の応援団として、掟さんの他にBEAT CRUSADERSもいますが、ビークルから学ぶことも多いんじゃないですか?

柴田:音楽的なことはもちろんですが、トークも面白いですよね。それぞれのキャラが際だっていて。

斉藤:メロンラウンジに出ていただいた時に、やっぱり生の楽器演奏のすごさに感動しました。私たちは楽器を持っていなくても、それ以外の部分で、バンドの音に負けないようなロックを見せたいと思いますね。あと、メロンラウンジをやって痛感したのは、私たちは音楽のことを全然知らないなぁということでした。まだまだやらなきゃいけないこと、学んでいかなきゃいけないことがたくさんあるなと。

4つの個性と1つの夢

──メロン記念日の活動歴は、メンバー不動の女性グループとしては相当長いですよね。

柴田:そうなんです。ギネスに載るぐらい頑張っていきたいですね。

──それは是非実現して欲しいですね。しかしこれだけ長くグループを続けていくのに、何か秘訣はあるんですか?

大谷:やっぱり……、思いやりじゃないですか。なんか、仲のいい友達というのでもないし、かといって、いがみ合うようなライバルでもないし、みんなそれぞれ個性が違うので、その子の個性が生きるようなことをしてあげようという気持ちなんです。それが秘訣なんじゃないかな。

村田:4つのバラバラな個性はあるんだけど、そこには共通の夢があって、例えば、最初の頃は「単独ライブをやりたい!」だったし、いろんな夢を叶えていくためにみんなの気持ちを一つにできますね。

柴田:あと、よくも悪くもガツガツ感が足りない……(笑)。私たちの場合「私が私が」っていうよりは「どうぞどうぞ」っていう方だと思うんで、それはいい時もあれば悪い時もあるんですが、それもまたメロンらしいかなって。

──確かにそういった目立たない感じが、逆につい応援したくなるんですよ! メロン記念日のユニークな点として、一般的にアイドルが脱アイドル化するためにアーティスティックなことに挑戦することがよくありますが、メロン記念日の場合は、あくまでアイドルとしてのスタンスでいろいろなことに挑戦して、結果としてアイドルの可能性を広げていく存在になっていると思うんです。自分たちはアイドルとしてのメロン記念日をどう捉えていますか?

斉藤:やっぱりメロンがハロー!プロジェクトという場所から出させてもらったというのは大きいので、そういう所への恩返しというか感謝の気持ちをずっと伝えられるメロンでありたいし、その一方で新しいメロンも見せていきたい。変化していくメロンを受け入れてもらえるように努力するのみですね。それはメロンラウンジもそうだし、今回の『お願い魅惑のターゲット』についても、以前からファンの方は既にCDを何枚も持っていてくれているわけですから、新しく歌い直して、さらにライブ感を出せるようになった私たちを聴いてねっていう気持ちなんです。あと、今回ジャケットも、ぱっと手に取ったらメロン記念日だってわからないような「どこのどいつだよ?」って感じなんですが、メロンを知らない人にもインパクトを与えられるようなものになっていると思うんですね。

柴田:今回プロモーションビデオにも私たちは一切出てないんです。

大谷:ビークルさんのお面に対抗して、私たちは人を変えたんですよ(笑)

──じゃあ、今のメロン記念日にとって当面の夢は何ですか?

大谷:今の夢は、やっぱりロックフェスに出たいですね。私たちがフェスに出るということがイメージに合わないとしたら、それを自信のあるライブでひっくり返したい。メロンを初めて見た人にも、こいつら結構踊れるじゃん! って言わせたい。それにはファンの方々の力も必要だと思うんです。フェスだからフェス用のライブをやるんじゃなくて、普段やっているメロンのライブを見て欲しい。うちらいつもこんなことをやってますよって。

──おそらく近い将来、ロックフェスでメロンのライブが見れる日が来ると思います。今日はどうもありがとうございました。

このアーティストの関連記事

お願い魅惑のターゲット

EPCE-5946 / 1,050yen(tax in)
UP-FRONT WORKS

amazonで購入

6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻