Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】KENZI&THE TRIPS(2007年9月号)- こういう巡り逢いって不思議だよね

こういう巡り逢いって不思議だよね

2007.09.01

長い間サポートメンバーを迎えての活動を続けてきたKENZI&THE TRIPSが久々に正式メンバーを揃え、アルバム『決して信じない』を完成させた。パンクシーンの中でも突出した個性を持つKENZIのボーカルに、それにも負けないパワーを持ったバックのサウンドが加わって、まさにバンドでしか出すことの出来ない音が炸裂した一枚となっている! 万全の体制を整えて、これからまたシーンを騒がせてくれるのではないかと期待されるケントリのKENZIに話を訊いた。(interview : 北村ヂン)

こういう巡り逢いって不思議だよね

──久々に正式メンバーが揃ってのアルバムですが、今回のメンバーはどういう風に決まったんですか。

KENZI:ここ数年間、ずっとケントリはドラムのMOH-CHANと俺のふたりだけだったの。あとはサポートメンバーでやってきたんだけど、それにもどこかで区切りをつけようと思ってたのね。去年『ベスト・オブ・ケントリ』っていうベスト盤を作って全国ツアーを十数年ぶりにやったんだけど、そのときはサポートメンバーとして、上田ケンジやらJUN GRAYっていう昔のメンバーにやってもらったんだ。そこでけじめをつけようという、実はそういうツアーだったのね。いまさらだけど自分は何しに東京に来たんだろうって考えたときに「バンドをやりに来たんだ」って思ってね。その原点として正式メンバーを揃えてバンドをやろうと。

──やっぱりサポートでやってると、ソロみたいな感覚なんですか。

KENZI:もちろんみんな一生懸命やってくれるんだけど、どうしてもモチベーション的には正式メンバーみたいな感覚にはなれないよね。それは感じてたな。

──そのツアーが終わって、本格的にメンバー探しを始めたわけですね。

KENZI:日本中のいかしてる中年イケメン・ミュージシャンをセレクトしたところ、今回のサモンっていうベースとゴローっていうギターが見つかりましたね。彼らは仲野茂さんのバンドもやってたりしたんで、たまたま観にいったときにちょうど二人揃ってたんで「ケントリのメンバーとしてやらないか」と同時に声をかけたの、ロフトの楽屋でね。それですぐ決まりだったよ。本当にこういう巡り逢いって不思議だよね。こうやってやる気があってセンスも合う、そしてバンドのことも俺のことも理解してくれる人が集まってくれたっていうのは。

──それが決まったのはいつ頃だったんですか。

KENZI:今年の二月頃かな。その後にケントリの春ツアーっていうのが四月から決まってたんで、まずはそれに向けて練習してライブからスタートという感じで。

──新メンバーでライブをやってみてどうでした。

KENZI:実はそのツアーの前にゴローがヘルニアになっちゃってね(笑)。だからデビュー戦としてはまともに表現出来てなかったんだよね。ゴローにしても俺たちにしても悔しい気持ちはあったな。でもそれも完治したから、これからのツアーでやっとお披露目出来るっていう感じだよね。

「ファーストアルバム」みたいな感覚もあるよね

──で、メンバー揃ったということで新しいアルバムの制作に入るわけですが。

KENZI:まあアルバムを作ろうと考えたのはもうちょっと前なんだけどね、もちろんメンバーを探しながらだけど。去年の暮れくらいから曲は作り始めてたんだよ。実際のレコーディングは六月後半から七月にかけてかな。

──六月頭にはKENZIさんは入院してたらしいですけど。

KENZI:そうなんだよ、レコーディングの手前に入院しちゃって! 大腸憩室炎っていうのだったんだけど、生まれて初めての入院だったよ。今年前半のケントリは病魔に襲われてたんだよね(笑)。レコーディングに向けてのリハ中だったんだけど、レコーディングには間に合ったからね、ギリギリいい時期だったと思うよ。体調は入院前よか全然いい感じになってたから、入院したのも今考えるとよかったと思うよ。摂生するようになったしね、酒の量や食事とかを気にするようになったもん。

──じゃあレコーディングは体調万全でやれたという感じですね。

KENZI:そうだね。作業的にも全然スムーズで。レコーディングの期間中にビシッと終わるようにスケジュール組んで、その通りに出来たし。

──今回のアルバムは、KENZIさんのアルバムというよりは「バンドのアルバム」っていう感じがしましたね。

KENZI:それを感じてくれると嬉しいね。ありきたりな言い方かもしれないけど、本当に久しぶりのバンドサウンドっていう感じがしたね。作業的には今までと変わらず、自分が曲作って歌詞書いてっていうのが基本で、それをみんなでアレンジするっていうのも変わってないんだけど、どこかでバンドとしての塊みたいな感じが出ているっていうのは、やっぱりみんなの意識とか志みたいなものが同じだから自然にそうなるんじゃないかな。だから人生折り返し地点も過ぎて、再び「ファーストアルバム」みたいな感覚もあるよね。

──ああ、もう新しいバンドを組んだくらいの気持ちで。新メンバーでの音を聴いてみてどうでしたか。

KENZI:サモンに関しては全く言うことはないな。ホント、プレイのみならず性格まで含めてThis is ベーシストっていう感じだね。バンドって音だけ出してりゃいいってもんじゃないからさ、人間関係とか色々あるんだけど、本当にいい位置にあいつがいてくれるんだよ。ある意味影のリーダーだよね。俺なんてフロントマンだから派手にやってるんだけど、とっちらかっちゃってる部分もあるからさ、彼はそこを全部見てくれてるんだよね。サウンド的にもシンプルでいてノリを出せるヤツだし。あとは俺とほぼ同世代だから、聴いてきたものや好みとかも一緒なんだよね。もうツーカーだよ、説明しなくても出来るっていうタイプ。今までは自分で仕切って全部やってきたんだけど、サモンは安心して頼りに出来るね。

──なるほど、KENZIさん的にも余裕を持ってやれたと。サポートメンバーでやってたら、KENZIさんが一週間入院したら成り立たなかったんじゃないですかね。

KENZI:そうかもしれないね。ゴローはね、まだ俺から見ると若いっていう部分もあるかな。あいつの持ち味はライブパフォーマンスなんだと思うんだけど、ヘルニアになっちゃって出し切れてなかったから、これを発揮できたら素晴らしいものが出来るんじゃないかと思うよ。ギターはまだまだ練習中かな、それは自分でも言ってるけど。これから、もっともっと練習してもっともっといいサウンドが出てくると思うよ、それを期待してるね。

──じゃあ今度のツアーで鍛えていくという感じで。

KENZI:そうだね、なんにせよまだ始まったばっかりだからね。ホームページでは俺が色々書いてるけど、お客さんからしたらまだ「新しいメンバーってどうなんだろう」って感じだと思うのね。ライブもまだあんまりやってないし。だからCDを作って全国廻って、そこで俺の言ってたことが正しかったってハッキリと証明できると思うよ。

──ここしばらくは、リリースやツアーのたびにメンバーが変わっていましたけど、今回正式メンバーとなったことで、当分はこの形でいくという感じなんでしょうか。

KENZI:まあ、そう簡単に「これで一生やっていく」とかは言えないんだけど、とにかくこの縁を大事にして長続きさせていきたいよね。今のメンバーにはまだまだ可能性を感じてるから。今まで二十数年ケントリやってきたけど、どの時期のケントリにも負けないものをやりたいよね。

これは一枚じゃなくって一人なんだな

──アルバムのテーマ的な話をすると、最近はハッピー系な感じのテーマが多かったと思いますが、今回は『決して信じない』というアルバムタイトルにしてもそうですし、歌詞にしてもかなり攻撃的な内容の曲もありますが、これは世の中の現状を受けてのものなんでしょうか。

KENZI:はっきりとしたコンセプトみたいなものが最初からあるわけじゃなくて、作っているうちに生まれてくるんだけど、やっぱりジャケットにもなってる「お金」っていうのが大きいのかな。今の世の中って利益主義が絶頂期だなっていうのをすごい感じてて、例えば今回のアルバムのためにルーフトップさんやドールさんには好意で取材してもらってるけど、取材ひとつしてもらうのにも「一本いくらだ」みたいな話になることもあるんだよね。それはおかしいだろうと。そうなっちゃうとお金がある人の作るものしか世に出なくなっちゃうじゃん。もう音楽なんかどうでもいいってことでしょ。どう解釈してもらってもいいんだけど、俺なりにそういう気持ちをジャケットなり歌詞なりで表現したつもりだね。「なんと言われようと俺はそういう気持ちを貫いてくたばってやる」っていう宣言でもあるんだけどね。

──ここしばらくのケントリは、本当のインディーズというか、すごいインディペンデントな活動をしてますもんね。

KENZI:もちろん自分で表現してやってる以上は、ひとりでも多くの人に聴いてもらいたいわけで、売れなくていいなんて言うつもりは全然ないんだけど、自分のやっていることってすごい個人的な、曲を作って歌うっていうことだから。誤解を恐れずに言っちゃえば、俺がやってるのは芸術だと思ってるからね。ビジネスじゃないんだよ。そこで大手のメーカーさんなりと手を組んでやるっていうのは、まったく性格が違う物なので、どこかで共通点を見つけない限り難しいんじゃないかなと思ってる。まあ今の状況ではそういう人もいないし、自分で全部やるっていうのが自然な形じゃないかと思ってるんだけどね。自分で曲を作ってレコーディングしてCDを作って、発送まで自分たちでやってるから、「一枚売れる」っていうことのありがたみっていうのはすごいわかるよ。「これは一枚じゃなくって一人なんだな」っていうことがね。

──今、個人でもそういう活動出来る環境があるっていうのも大きいですよね。

KENZI:そこは本当にありがたいって思うね。こういう小さな団体が、ホームページみたいなものが出来たおかげで自分たちで商品を作って売れるっていうのはね。10年前じゃ考えられないよ。インターネットがなかったら多分今のケントリはないね。

──そういうバンドっていっぱいあるでしょうね。リスナーからしてもいい加減テレビで流れてる曲だけが音楽じゃないっていうことに気付いてきてるんじゃないですかね。

KENZI:そうだとしたらいい傾向だよね。今はニューロティカにしろストリートビーツにしろストラマーズにしろ、みんな自分らでやってるからね。まあ俺たちもやれるとこまでやりたいね。パンクロックに巡り会って、シド・ヴィシャスに憧れてた十代の頃なんかは、それこそパッと咲いてパッと散るみたいな生き方をしたいと思ってたんだけど、それは間違っていたと思うよ。こういう体力も精神力も必要とされるハードなジャンルで自分があとどれくらいやれるのかはわからないけど、やれる間は全力でやりたいね。「なんでやめないのか」っていうことになると、やっぱり歌を作って歌うっていうことが好きなんだよね。ホント、それだけかもしれない。結局アーティストっていうのはそういうもんだと思うけどね。

──九月からは今回のアルバムをひっさげての全国ツアーが始まりますね。

KENZI:まあ今回は新生ケントリのお披露目全国ツアーになると思います。去年やった全国ツアーのときに、全国各地に待ってくれてる人がいるんだなって思ったんだよね。数は少ないかも知れないけど、そこにすごい待ってくれてる人がいるならば年一回でもいいから行ってあげたいなって。だから一回一回のライブを大事にしたいですね。地方のライブも大事に、思いっきりやりたいと思ってますね、だから楽しみにして欲しいですね。そして、ファイナルはロフト! 友情出演でストリートビーツが出てくれるから、自分としても楽しみだよね。ビーツもさすが20年選手、同志っていう感じだから、最終日のロフトではお互いに気合いの入った面白いライブが出せると思うよ!

6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻