Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】MOSQUITO SPIRAL(2007年9月号)- 究極の世界へ──。 ロック・レジェンドに燦然とその名を刻む4人の猛者が放つ新たな咆吼!!

究極の世界へ──。ロック・レジェンドに燦然とその名を刻む4人の猛者が放つ新たな咆吼!!

2007.09.01

驚異の"新人"バンドの登場である。新人とはいえ、その布陣は日本のロック史を鮮やかに彩った錚々たる顔触れだ。BAKI(vo/ex. GASTUNK)、KASUGA(g/LAUGHIN' NOSE、ex. THE POGO)、穴井仁吉(b/ex. TH eROCKERS)、KYOYA(ds/LAUGHIN' NOSE、ex. WILLARD)という4人の凄腕から成るMOSQUITO SPIRAL。セカンド・アルバムとなる『MARBLES』は各人のキャリアの重みを微塵も感じさせない軽やかなスタンスでプリミティヴなロックが具象化されており、そのサウンドは"新人"の名に相応しく無軌道な疾走感と闇雲なエネルギーに満ち溢れ、とてつもなく瑞々しい。未だ現状に安息することなく、全身全霊でロックの可能性に懸け続けている4人の猛者達にバンドの結成から今日に至るまでの軌跡を訊いた。(interview:椎名宗之)

4人で音を合わせると煌めく瞬間がある

──結成のきっかけは2002年秋、赤坂BLITZで行なわれた中山加奈子さん(VooDoo Hawaiians)主催のカヴァー・イヴェント“BALLROOM BLITZ”だったんですよね。

KASUGA:加奈ちゃんがDAMNEDのカヴァーをやるバンドを探してるというところからすべてが始まったんです。それまでは各々が顔見知りではあったんだけど、4人全員が面識あったわけでもないんですよ。

KYOYA:穴井さんが俺に加奈ちゃんを紹介してくれたんです。で、「ヴォーカルは誰がいいですか?」って加奈ちゃんに訊かれて、その時にどういう訳かBAKIのことがパッと頭に浮かんだ。それですぐに連絡してみて、同じように「ギターは誰がいいですか?」と訊かれたから、KASUGAがいいと思って連絡して。

KASUGA:穴井さんはJoan Jett&the Black Heartsのコピー・バンドでそのイヴェントに参加していて、打ち上げで意気投合しまして。で、僕達のステージを客席で観た穴井さんから「是非バンドに入れて欲しい」という申し出があったんです。

穴井:そのDAMNED組のライヴがホントに格好良かったんですよ。雰囲気も凄く良かったし。最初は少し遠慮もあったんですけど(笑)、KYOYAのことは昔からよく知ってたから、彼を通じてバンドに入りたいことを伝えて。

──そしてこの不動の4人が揃ったわけですね。その年の暮れにリハーサルを開始して、ライヴを始めたのは翌2003年に入ってからということですが。

穴井:俺が入ってすぐにライヴをやらなかったっけ? 春くらいに1回ライヴをやったような気がする。

KYOYA:それは、穴井さんが入ってまたDAMNEDのコピーをやろうっていうライヴだよ。その時はまだ正式なバンド名もなくて、単純にDAMNED COVER BANDっていう名前だったんだよね(笑)。

KASUGA:その時に、またDAMNEDのコピーをやるだけじゃ面白くないし、せっかくもう一度やるならオリジナル曲を作ろうかっていうところから本格的にバンドが始動したんです。DAMNED COVER BANDと言いつつ、オリジナルも少しやったんですよ。

──初歩的な質問なんですが、このバンドのリーダーは誰なんでしょうか。

穴井:特にいないんじゃないかな。何となくうまく役割分担ができてる気がしますね。

KYOYA:まぁ、長老は間違いなく穴井さんですけどね(笑)。

──当初、音楽的にはどんな方向性で行こうと考えたんですか。

KASUGA:きっかけはDAMNEDだったわけだし、そういう部分がボトムにはあるんじゃないですかね。

KYOYA:音楽性云々については改めて話し合ったこともないですね。各々がフレーズを持ち寄ったらこんな形になったというか。「こういうネタがあるんだけど」ってみんなに聴かせてから実際に合わせてみて、BAKIが唄って…。

穴井:…それをKASUGA君が家に持ち帰って、音を整理してくれる(笑)。

──じゃあ、サウンド・コーディネイター的役割を果たしているのはKASUGAさんなんですね。

KASUGA:まぁ、そういう部分もありますけど、基本的にはみんなでセッションしながら曲作りをしていますね。

穴井:ただ、セッションと言ってもダラダラやってるわけじゃなくて、目的が定まってるから作業も早いし、凄く簡潔で合理的なんですよ。

──そこはやはり、各々のキャリアが為せる技という気がしますね。

KASUGA:化学反応って言うと大袈裟だけど、この4人で音を合わせると煌めく瞬間みたいなものがあるんですよ。そこを絶対に逃がさないようにしていますね。そうすると、自ずと曲がまとまるのも早いんです。

穴井:このバンドは、ベースを弾いていても制限がない感じが個人的にはしてるんですよ。みんなそうだと思うけど、それでうまくまとまっているのが面白い。

──BAKIさんのベスト・アルバム『マストバキ』(2004年2月発表)に収録された書き下ろしの2曲「LUCKY JACKY THE JUMP」「BELIEVE IN POWER NOISE」は、BAKI・KASUGA・KYOYA・ANAI名義でしたよね。

BAKI:あの2曲は凄くタイトなスケジュールで、一発録りでやって、ミックスまで全部1日で仕上げたんですよ。

穴井:今思うと、あの2曲からバンドに弾みが付いていった感じなんです。それまでもスタジオにはコンスタントに入っていたけど、作品として形にするまでには至らなかった。あの2曲が完成した時は自分達でも手応えを感じたし、今回出るセカンド・アルバムにも少し曲名を変えて(「L.J.T.J」「POWER NOIZE」)セルフカヴァーしているほどの自信作なんです。

KASUGA:その時もまだMOSQUITO SPIRALっていう名前はなくて、名前をどうしようかって考えてるうちにリリース日になっちゃったんですよ(笑)。その後にDAMNEDのトリビュート・アルバムに参加して(『THE CURSE OF THE DAMNED ~A TRIBUTE TO THE DAMNED FROM JAPAN ~』、「TEENAGE DREAM」をカヴァー)、その時から正式にMOSQUITO SPIRALを名乗るようになったんです。DAMNEDがバンドの始まりだったから、デイヴ・ヴァニアン=吸血鬼の白塗りメイク。吸血鬼と言えば蚊(MOSQUITO)かな、と(笑)。

──そして2004年の暮れにようやく、当時通販とライヴ会場販売のみで入手可能だったファースト・アルバム『Isolation Of The Vampire』(『MARBLES』のリリースに合わせて一部全国流通が決定)を発表することになり。

KASUGA:それまでにセッションを重ねて曲の断片は幾つもあったから、レコーディングの日程が決まってからそれを一気にまとめ上げた感じですね。レコーディングもミックスも集中して1日で終えたし、凄く勢いのあるアルバムだと思いますよ。何せ新人バンドなので(笑)、無軌道に突っ走った感じがよく出ていると思います。

06_ap01.jpg06_ap03.jpg06_ap02.jpg06_ap04.jpg

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻