Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】仲野茂(アナーキー/SDR)×シズヲ(ニューロティカ)(2007年8月号)- ニューロティカ ロフト通算ライブ回数200回記念! カウントダウン対談その1

ニューロティカ ロフト通算ライブ回数200回記念! カウントダウン対談その1

2007.08.01

今年11月のライブで、新宿ロフト出演200回という前人未踏の記録を打ち立てる予定のニューロティカ。それに向けてロフトでは8月からマンスリーでのライブが行われるんですが、ルーフトップでもニューロティカを強力に応援していきますヨ! ......ということで特集第一弾は、かつての新宿ロフト夜の帝王・アナーキーの仲野茂さんと、ニューロティカへは一番最後に加入してきたギターのシズヲさんによる対談です。あまりない組み合わせのふたりですが、対談開始早々ビールを要求され、出してしまったのが運の尽き......とにかく飲むわ飲むわで話も弾んだものの、誌面には載せられそうもない話題が八割。それでも他では読めない面白い対談になったんじゃあないでしょうか!? (interview : 北村ヂン)

メンバーを変えて復活できたっていうのはすごい力だよ

──シズヲさんはニューロティカに入る前、茂さんと面識はあったんですか。

シズヲ:面識はなかったですけど、もちろんアナーキーは知ってましたよ。茂さんと初めて会ったのが……。

茂:中央高速の谷村サービスエリアでな(笑)。

シズヲ:まだロティカに入ったばっかりで地元から高速でリハに通ってる頃だったんだけど、谷村のラーメンが美味しいんで食っていこうと思ったら食券の販売機の前に茶髪のモヒカンの人がいるんで、「あれ、茂さんかな~?」って(笑)。「今度ニューロティカに入ったシズヲです」って、おそるおそる声をかけましたね。

──茂さんはずっと昔からニューロティカを観てきたと思いますけど、シズヲさんたちが加わりメンバーが新しくなってからのロティカはどう思いましたか。

茂:やっぱり大したもんだなとは思ったよね。シズオが入る前に、あっちゃんがメイク落としてやってた時期なんかもあってさ、「お前キャンディーズかよ!」みたいな(笑)。

シズヲ:ああ、普通のおじさんに戻りますって(笑)。

茂:まあキャンディーズじゃかわいそうだから、KISSくらいにしておいてあげたいけど(笑)。あっちゃんにしても「オレは一生ピエロだけなのか?」っていうのがあったんじゃない? でもメイク落としたら人気なくなっちゃってね。それからメンバーを若手に変えて、メイクも戻して復活出来たっていうのはすごい力だよね。

シズヲ:まあ、年齢はそんなに変わらないんですけどね(笑)。

茂:でもメンバーが変わってからビート感やサウンドが変わったもんね。ずっと続けてると音からも加齢臭が出ちゃうんだと思うんだ(笑)、それは年齢じゃなくてさ。そういう新装開店の感じがあって、ロティカ再生にあたってはナイス・メンバーチェンジだったと思うよ。アナーキーなんかは、ドラムに名越を入れて新生アナーキーとしてデジロックの先駆けみたいなことをやったんだけど、新しいことをやろうとしてもちょっとオヤ汁が出ちゃっててさ……(笑)。「あー、惜しい!」って。

シズヲ:いや、そんなこともないと思いますけどね。

茂:でも結局オレに求められるのはアナーキーだし、なおかつオリジナルメンバーでやれってことになっちゃうんだよね。しかもメンバーがみんな生きてるからねぇ……。死んでくれればそうも言われなくなるんだろうけど(笑)。いちいち説明できないじゃん、バンドの内情なんか。

シズヲ:この前アナーキーのドキュメンタリーで、バンドが出来た時の話を観たんですけど、最初にメンバーが集まってて、そこから楽器をジャンケンで決めたらしいですね。

茂:それはアナーキーの前のバンドだけどね。

シズヲ:でも、僕なんかは最初にギターを初めて、ひとりでやっててもつまんないからバンドやろうかってメンバー集めた感じなんで、最初に五人集まってて、そこでギターやろうかベースやろうかっていうのとは違うんだろうなって思いますね。メンバーチェンジの理由でよく音楽性の違いとかあるけど、アナーキーにはそういうのが当てはまらないのかなって。

茂:音楽をやる前から友達だったからダチっていう部分が大きかったんだよな。それがアナーキーっていうバンドになってプロになっていくにつれ、同い年で同級生っていったって全員がそういうロックの世界に向いてるわけじゃないからね。特にオレたちはいきなりデビューだから。また、デビューしてすぐにちょっと売れちゃったからね。いきなり来年のスケジュールまで決まってて、ツアー終わればレコーディングして。あの頃は年二枚出してたからな、いつ曲作るんだよって。そういう忙しい中で、「それはそれでしょうがない」って思えるヤツとダメになっちゃうヤツが出てくるんだよ。だから同級生でやるのは難しいよ、みんな同じ歩調で成長していければいいけどさ。

──ロティカも初期のメンバーはそういう友達同士で組んだという感じのバンドでしたよね。

シズヲ:それが、あっちゃんとジャッキーさん以外ほぼ同時に抜けちゃったわけだからね。その時にあっちゃんがどう思ったのかはわからないけど、友達がそのままバンドになった難しさっていうのはあるのかな。

茂:でもメンバーが抜けちゃうっていうのはバンドの状態もよくない時だからね。ずっとやってきたメンバーが抜けるのはさみしかったり、つらかったりするかもしれないけど、「もしかしたらチャンスかな」みたいな考えもあったかもね。そうやって思えたから今成功してるんだろうと思うよ。

「昔は良かったな~」とか話するのは20年先でいい

──そういう友達だったメンバーでずっとやってきたバンドに後から入ったシズヲさんとしては、どういう感覚だったんですか。

シズヲ:まあそこまで気負いとかはなかったですね。もともと聴いてて、いい歌を作るバンドだなって思ってたファンの立場だったんだけど、別に誰かの代わりに入ったっていう感じではなかったんで。ただ、インターネットでボロクソに書かれたことはあったけど(笑)。

──どうしてもオリジナルメンバーの方がよかったっていう意見の人はいますからね。

茂:そりゃそうだよ。でも名越なんかもさっぱりしてるというか、オレたちの方が心配してたくらいだからね。こっちは同級生でずっとやってきたメンバーだから、そこに入ってやってけるのかなって。でも本人は意外とあっけらかんとして、初めてのレコーディングでもいいたいこといってたからね。「新人がうるせーよ!」って(笑)。

シズヲ:これもドキュメンタリーで観ましたけど、オーディションの時、ドラムのスティック三本しか持ってこなかったらしいですね(笑)。一本折れたら残りの一本と取り替えるっていう。

茂:それが折れたらどうするんだよって。普通、偶数じゃないのか、バチは(笑)。しかもオーディションなのに曲も覚えてこないしよ(笑)。でもそれくらいじゃないとオレたちの中ではやってけないだろうな。オーディションには何人も来てくれたんだけど、ガッチガチのヤツとかもいてさ。ドラムがどうこうっていう以前の問題で、「コイツ、オレたちと一緒にツアー行ったら具合が悪くなっちゃうんじゃないの?」って。まあ、ロティカなんかは総取り替えみたいなもんだったから上手くいったんじゃないかな。

シズヲ:僕が入った時にはオリジナルメンバーもあっちゃんしかいませんでしたからね。もうナボちゃんとカタルがいてリズムパートはまっさらだったし、そこに新たに入ったのでそんなに昔のイメージがどうこうっていうのはなかったですね。

茂:ほとんど新しいバンドを始めるのと同じ感覚だよな。それがロティカの成功につながったのかはわからないけど、アナーキーはちょこっとだけ変わったっていうのが難しかったのかもしれないな。どうしても一枚目がよかったってことになっちゃうからね。アナーキーのコアなファンっていうのは音楽のファンじゃなくってアナーキーのファンだから、新しいことをやってもあんまり意味がないんだよね。もちろん名越を入れて新しいアナーキーで三枚作れたっていうのは、自分たちにとっては意義があったんだけど。「ずっとそのままでやっていて欲しい」みたいな考えもわからなくはないけど、オレは「お前らじじくさくないか?」って思うんだよな。縁側で番茶すすって「昔は良かったな~」とか話するのは20年先でいいかなって思うんだよ。

シズヲ:そうですね。たとえオリジナルメンバーでずっとやってるバンドでも、常に新しいことを取り入れて、その年に初めて聴いた人にもファンになって欲しいと思いますからね。

茂:最近、かぐや姫とか吉田拓郎が集まって嬬恋フォークジャンボリーやったり、おっさんの青春時代の「なつかしの名曲」みたいなコンピアルバムがやたら売れてたりしてさ、世の中が妙にじじくさくなってるような気がして、それがすごくイヤな感じなわけ。

シズヲ:現役でやってる側としてはそうですよね。

茂:あんまり昔ばっかり振り返ってもなってのがあるじゃん。飲み屋で「オレも昔は悪でさ~」なんて言ってるヤツなんか絶対にダサイからね。本当に悪いことしてたら恥ずかしくって言えないよ。

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻