Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】鉄と鉛(2006年9月号)-"NEW DAYS"+"NEW MUSIC"+"NEW DANCE"="GOOD MORNING MUSIC!!!!"

“NEW DAYS”+“NEW MUSIC”+“NEW DANCE”=“GOOD MORNING MUSIC!!!!”

2006.09.01

いつやっても鉄と鉛だねっていうライブを

──鉄と鉛のライブって、野獣みたいな勢いがすごくありますよね。ライオンのようでしたもん。

柴原:なんてこと言うんですか!

全員:(笑)

濱野:ルックス的にも野獣かもしれないですけど、考えてやってるんですよ。俺がよくメンバーに言うのは「打率上げていこう!」って。ホームランか三振かじゃなくてイチロー型。いつ来てもいいライブをしてるような。だから自分の中で目指している絶対的なものがあって、それに沿ってやっていってる感はあんねんけど、お客さんには匂わせない。だからベースもワーってアホやってるけど、そういうフリをしている。いつやっても鉄と鉛だねっていうライブを。この間おもしろかったけど今回おもしろくないねっていうライブはしたくない。

──演じてるとは違うんですか?

濱野:あるかもしれん。演じてないことはないかもしれない。でもちゃんと曲も伝えたいし、歌詞も伝えたい。でもめちゃくちゃしてるところも見せたい。見せるワザを磨いてはいます。

──これだけの充実作ができるとライブにもまた気合いが入りますね。9月から『GOOD MORNING MUSIC TOUR!!!!』も始まりますし、12月のツアーファイナルシェルターワンマンぐらいには『GOOD MORNING MUSIC!!!!』に収められてる曲がさらに獣化してそうですね。

濱野:たぶんエロ~くなってると思う。

──エモくはなってない?

濱野:エモくもなってる。

──どんどん獣の匂いを充満させて…。では最後に締めのお言葉を一言ずつお願いします。

鞍本:ワンマンやることもあるし、『GOOD MORNING MUSIC!!!!』をその頃演奏するにはもっと楽しくゆとりがある感じでできると思うので…今は難しいんですけど(笑)。楽しく演奏してゆとりがあるっていうことはパフォーマンスがもっと広がると思うので。

──自分達でも複雑な曲構成だと思ったりするんですか?

鞍本:簡単なフレーズにしても絶対よくしようと難しくしちゃうんですよ。そういう意味でツアーに出て、いっぱい弾きこんでゆとりのある感じにしたいな。

柴原:売れても売れなくても活動して6年。負け惜しみじゃなくて初めて気持ち的に納得がいった音源ができた。

──今までで一番自分らしさが出てるっていう。

柴原:そうですね。気持ちよかった。

井上:6年目の自分らを収められた。次のアルバムも自分達を切り取ればいいし、曲だってそうやし、ワンマンもその日の自分達を切り取ればいいし。

濱野:自分を出すって言うのもあるけども、もうひとつ裏で大人のエロさみたいなものを…ね(笑)。

A&R高木女史に聞く!――この曲順構成にしたのは???

1曲目の『Good Morning Music』と7曲目の『SHE IS MY MUSIC』は最初にレコーディングした音を聴いたときから決めてたんです。あとはこのCDを聴いてくれる人の気持ちを自分に置き換えて、テンション上がったり下がったりっていう気持ち良いところで。『KANOJO's Piano』を2曲目にしようと思ったのは井上くんが「ライブで二千人のお客さんと大合唱をしてる画が目に浮かぶ」って言ったんですよ。歌詞自体は、ぱっと聴き意味がわからなかったんですけど、「彼女のピアノに飛び乗って~」というところで、大合唱しているのが私も想像できたので、「これだ!」 って。PVにも一番リンクするものがあったので。

このアーティストの関連記事

GOOD MORNING MUSIC!!!!

rpc-006
1,800yen(tax in)

amazonで購入

RECENT NEWS最新ニュース

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻