Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】鉄と鉛(2006年9月号)-"NEW DAYS"+"NEW MUSIC"+"NEW DANCE"="GOOD MORNING MUSIC!!!!"

“NEW DAYS”+“NEW MUSIC”+“NEW DANCE”=“GOOD MORNING MUSIC!!!!”

2006.09.01

「せーの!」で均等な力で岩を持ち上げた感じ。

──以前、『emotional High-King』のリリースに際してインタビューをしたときは、「持ち上げようとしていた岩の下にようやく手が入ったアルバム」とおっしゃっていましたが、今回その岩はどこまでいきましたか?

井上:持ち上がったな。でもまだいけるな。

濱野:うん。でも前の感じだと、サボってるやつもおれば、ちゃんと持ってるやつもおるっていう感じだった。でも今回は4人とも「せーの!」で均等な力で持ち上げた感じやな。

井上:それか、前は違う岩を持とうとしてたのかも知れへんね。

鞍本:あ、これね! この岩かいな! って。何で言ってくれへんかった? って。でも、言うてないし聞いてない人もいたから。だから何が悪いって、コミュニケーションがないのが悪かったんだよ。

濱野:例えプレイができてなくても、歩み寄りができるようになった。

──幻の1枚の経験が全く無駄になったわけじゃないってことですよ。ところで、『OPEN』(M-4)はストレートな曲に仕上がっていて、鉄と鉛らしくないと言えばらしくないですよね。

鞍本:でも俺等ずっと一緒にやってるから違和感がない。セッションして作った曲だったんですけど新しい感じでした。今やからできるんやって思いますね。

濱野:俺等のレベルもそこまでいった? って(笑)。

──それを言ったら一番最後の『SHE IS MY MUSIC』(M-7)はドアーズの『The End』っぽい壮大な感じで、この曲も2年経ってようやくできたのかもしれないですね。

井上:いろんなアレンジがあっていろいろ試してみて、今やからそのアレンジになったんですよ。試してみた中にはファンクというかロックっぽいものもあったし。

柴原:スタジオ3回目ぐらいでそろそろやりすぎなんちゃう? ってなってきて、さりげなくやった演奏が「ええやん!」って。

濱野:アルバムとして何を出したいかっていうのは、全曲そうなんですけどライブを意識したのが多い。『emotional High-King』はスタジオの空気をそのまま入れたかったけど、今回はメロディーも、ライブの空気感を持ったアルバムを作りたかったんです。家のステレオでCDかけてるときに、これライブ盤なん?っていうアルバムを作りたかった。だから一発録りですね。でも『KANOJO's Piano』(M-2)だけは別なんですよ。これはその場の空気感を大事にしました。

──今思えば、『emotional High-King』は大胆だけど実は緻密な音の作り方で、スタジオに籠もって作ったようなイメージを抱かせるアルバムですよね。それに比べると今回は、もっと骨太な感じがそのまま出てる。

濱野:おさまりたくなかったんです。アレンジもライブ直前に変えたりね。

鞍本:そういう意味でみんなのすごい意識がハイレベルなところで曲作りができた。

──ところで、歌詞で気になったのが『KANOJO's Piano』と『SHE IS MY MUSIC』なんですよ。両曲とも“彼女”がキーワードになってるんですが、曲を作られてる井上さんは音楽に女性的なものを感じてらっしゃるのかなと。

井上:そうかもしれないですね。だから僕に音楽の神様がいるとするならば、女の人かもしれないですね。 鞍本・濱野・

柴原:へぇ~。

濱野:オレ女ちゃうわ。俺のは悪魔や(笑)。

──(笑)あと、『Good Morning Music』(M-1)の曲解説では、「自分にとって音楽は夢ではない」って言われてますけど。夢ではなくて現実?

井上:そうですね。

濱野:そうなんや!!!

──事務所に歌詞ダメ出しされて、開き直れよって言ったのに全然歌詞読んでないんですね…(笑)。

濱野:俺等この性格で歌詞読んで、何か意見してたら気持ち悪いでしょ(笑)。

鞍本:この歌詞いいよね~!って。

濱野:…らしくない。

全員:(笑)

バンドにしか出せない空気感

──曲順の話ですが、A&Rの高木女史に任せたという話を聞きましたが…。

井上:売れへんかったらそのせいしようかと思って(笑)。

──いやいや(苦笑)。でも、アルバムでの曲の流れって大事じゃないですか。

井上:今回は音源録った時点で満足したんですよ。だから『KANOJO's Piano』のPVにも一切口出してないし。

濱野:コンセプト自体がいらなかったんですよ。

──いい曲ができたから、あとはどうなろうが任せようという自信もあったと。

井上:自信はありましたね。

濱野:めちゃくちゃ自信あるなぁ。

──曲順に正解はないと思うんですけど、いい流れだと思うんですよ。最初に高木さんに聴かせてもらったときに「いいじゃん!」って素直に思った。

柴原:僕らも「いいやん!」って感じでした。

濱野:好きにしいや~って。

──PVを『KANOJO's Piano』にするのも、みなさん2つ返事でOKだったようですが…。

濱野:何出しても恥ずかしくないよっていう。

──『KANOJO's Piano』って、ただ単にピアノの意味だけじゃないですよね。

井上:古き良き思い出というか。

──井上さんの悲しい過去のコイバナも昇華されているというね。うねりもあり、勢いのある曲でしたよ。

濱野:でも、聴いた人がびっくりするかもしれないけど、『SHE IS MY MUSIC』以外は全部クリック聴いてるんですよ。『Curly Ron』(M-3)とか好き放題やってるように聴こえるけど。クリック聴いたら縛られるっていう固定概念がありますけど、崩したかったんです。すごい狭いけど(笑)。

──そういう意識の変化は全部音に出るんですね。

濱野:空気感を大事にしたいとか、ライブ感を出したいイコール一発録り。そうしないと空気が出ないっていうことを覆したいんです。あと、クリック聴いてもここまでできるんだよっていう。隠したがるリズム隊が多いけど、僕はあえて出していきたいんです。

──今回の柴原さんのギターはどうでした?

柴原:ちゃんとバンドができましたね。完璧にやったからっていいとは思えないんですよ。音で聴くものだから、その時の空気はそこに残される。もしミスったテイクでも、気持ちがこもってたら聴いてる方は受け止めると思うんです。そういう意味でも一発録りだったり、ミスっても空気感が良かったらそれはOKにしようって。そういうのはバンドにしかできない。バンドだからできるっていうのは重要かな。せっかく音楽しに東京まで来てるのに。

──『GOOD MORNING MUSIC!!!!』みたいに手応えのあるアルバムができて、皆さんの中で「バンドっていいな」っていうのを改めて感じているということですね。

柴原:ですね。

このアーティストの関連記事

GOOD MORNING MUSIC!!!!

rpc-006
1,800yen(tax in)

amazonで購入

RECENT NEWS最新ニュース

6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻