Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】acid android(2006年4月号)- purification──構築された幻想の果てにある"浄化"

purification──構築された幻想の果てにある“浄化”

2006.04.01

ひどく無機質なインダストリアル / ニュー・ウェイヴ / ゴシック / ノイズ......。L'Arc~en~Cielのドラマー、yukihiroによるソロ・プロジェクト=acid androidにそんなイメージを抱いている人達は、最新2ndアルバム『purification』の躍動するグルーヴ感に驚くことだろう。重くうねるサウンドは確実に人力的なトーンを強めているし、yukihiroによる歌詞もかつてない生々しさを感じさせる。基本的に彼は構築美を求めるアーティスト。熱いメッセージではなく幻想的なイメージを、リアルよりアイディアルをずっと求めてきた人だ。変わらない部分と、変わってきた理由について、じっくりと語ってもらった。(interview:石井恵梨子)

第三者のエンジニアに委ねた“今までとは違う音”

03_ap01.jpg──シングル「let's dance」の時に感じた印象と、アルバムを聴いてみての感触がけっこう違いまして。

yukihiro:あ、そうですか?

──ええ。もっと即効性の高いものになるかと思ってたんですけど、もっとグルーヴィでメロディアスで。いわゆるインダストリアルの様式からは遠ざかっているような。

yukihiro:そうですね。たぶん打ち込みの比率なのかなぁ。今まで……まぁ、そんなに作品を出してないですけど、今までよりは今回(打ち込み比率が)低いですね。

──そうなったのはなぜでしょうか。

yukihiro:うーんと……ぶっちゃけて言うと時間のかけ方の差、みたいな気もするけど。今回のほうが短いんですね。

──時間が長いほど、インダストリアルっぽくなるということ?

yukihiro:うん。やっぱり(インダストリアルは)アレンジのひとつの要素だと思うんで、どれだけ時間をかけるか、っていう差はあると思いますね。

──もうちょっと時間があったら変わっていたんですかね。

yukihiro:うーん、でも曲が呼ぶものもあると思うんで。そうなり得た曲もある、っていうくらいで。

──でも結果的にyukihiroさんはこれで良しとしたわけで。気持ち的に、インダストリアルへのこだわりが薄れているとか?

yukihiro:うーん、いや、こだわりは逆にあるって言えばあって。要素が少なくなったぶん、確実に入れてはおきたいよな、っていうものになってる。

──この中ではっきりインダストリアルだと言えるのは「let's dance」と「daze」、あと「egotistic ideal」くらいで。

yukihiro:うん、そこはその狙いでやってますね。

──それ以外の曲ではどういう狙いがあったんですか。

yukihiro:曲単位の話になっていきますけど、まぁ重い曲は重く、変な曲は変に、っていう感じですね。綺麗な曲は綺麗に。

──全体に、いわゆるヘヴィ・ロックの方向性が強まってますよね。

yukihiro:それは……そうですね。そこまで僕は意識してないんですけど、出てきた音はそう感じるものになってるかもしれないですね。たぶん、要因はエンジニアさんじゃないかな。一番そこが強調されたミックスになってるかなぁって思いますけど。

──インダストリアルってタテでザクザク刻むギターがメインですけど、今回はもっとレイヤーな感じで。

yukihiro:たぶんそれもね、僕が思うにミックスの違いだと思うんですよ。今までも凄い音は重ねてるんで。ただその、僕の趣味でミックスしていくとわりとタテに割れていく感じが強くなる、一つ一つの音が重く残るっていうミックスになるんですけど、今回はわりと曲としてのミックスというか、全体が一つになってる感じなんですね。僕はどうしてもひとつひとつの音に凄くこだわって、凄い時間がかかっちゃうんですけど、やっぱりプロの人のミックスはまとめるのが上手いよなぁって。

──なんで今回は外部に委ねたんでしょうか。

yukihiro:僕が、それを聴いてみたかったんですね。僕がミックスする音っていうのは、自分で想像できるから。そうじゃない音を聴いてみたかった。今までとは違うacid androidを聴いてみたい、そのために第三者のエンジニアに委ねたわけで。

──いざ聴いてみて、どう感じましたか。

yukihiro:……最初は全然馴染めなかった(笑)。

──そうですか(笑)。それでもその手法を選択したってことは、yukihiroさんの中に、acid androidを違う境地に進ませたいっていう意識があったから?

yukihiro:違う境地、っていうのは全然ないです。さらに進化させたいっていうのは

──まぁどんな人もあるでしょうけど、普通にありましたね。ただ、これまで来た道を曲げようとか、そういうのは全然ないです。だから変化っていうのも人に言われて「そうなんだ?」って思うくらいで。「劇的に変わりましたね」とか言われると逆に戸惑っちゃうんですね。

いくら編集しても生演奏の匂いは消えない

──劇的かは判らないけど、インダストリアルをやってるacid android、というイメージはこの作品で崩れますよ。

yukihiro:あぁ……やっぱりそうかなぁ?(一同笑) ……まぁでも、インダストリアルをやってるacid android、っていうのも、そんなに頑なものではないんですよね。インダストリアルしかやらない、っていう意識はなかったし。

──ただ、こだわりは相当強かったですよね。

yukihiro:うん、こだわりはいっぱいありますよ。それはでもインダストリアルだけじゃなくて、マイブラみたいなシューゲイザー系のこだわりもあるし、あとゴスのこだわりもあるし、そういうこだわりも同じくらいある、っていうことなんですね。

──周囲が思うほどには、インダストリアルやってるぜという意識ではなかっ?るたと。

yukihiro:そうですね。ただインダストリアル大好きです、っていう公言はしてましたけど(笑)。でもacid androidはインダストリアルやるんです、っていう存在ではない。そう自分では思ってましたけど。

──なるほど。あと変化で言えば、音がバンド・サウンドになったっていう変化も大きいですよね。

yukihiro:まぁ、やっぱりそうですね。制作の仕方が全然違うんで。いわゆるバンド・サウンドって言われてるものが多いですよね。ドラムも生ドラムで。そこが一番大きいんじゃないですかね。

──バンド・サウンドになって、yukihiroさんの中から出てくるものは変わったりしますか?

yukihiro:うーん……いや、そうでもないですね。バンド・サウンドにしたかったわけでもないんで、実際は。

──あれ? そうですか。

yukihiro:うん。ベースは全部シン(セ・)ベ(ース)だし。逆にあんまりそういうふうに言われると、バンド・サウンドって何すかね? っていうことになるし。

──今までだと、最終的に一人でもできちゃう音楽だったと思うんです。でも今回はドラム、ベース、ギター、ヴォーカルっていう、少なくともその4つがないと始まらない音楽になってる。

yukihiro:なるほど………………そうだね。

──(笑)それこそがバンド・サウンドだって言いたくなる所以なんですけど、そういう方向になった理由って何か思い当たりませんか?

yukihiro:いや、一番は制作の違いですよね。今までも生ドラムありきではやってたんですけど、実際は打ち込みのドラムで生ドラムのパートをやらせてる、って感じだったから。でもそこを本当の生ドラムに変えてみて、肌触りとしてはバンド・サウンドっぽくなったって……言われるのも無理もない、って感じかなぁ。

──バンドっぽく見られるのはそんなに不本意ですか(笑)。

yukihiro:あんまりそこを目指してないですからね。僕はacid androidは構築美だと思っているんで、それ以外、別にバンド・サウンドにしたいとか、そういうのは全然ないんですね。

──バンドって「せーの」で出すダイナミズムとか、ズレちゃってもいいから気持ち優先、みたいな方向に進みがちだけど、それはacid androidで目指すべきものではないと。

yukihiro:うん、ガンガン編集してますからね。拍に合わせて強制的に、ドラムにしろギターにしろ編集してますよ。ただ、それでもやっぱり打ち込みで作るスクエアなドラムとは違うし、いくら編集しても生演奏の匂いは消えないもんで。

──なるほど。ではヴォーカルについてはどうでしょう。よりメロディアスになってますけど。

yukihiro:そこは意識しましたね。もうちょっとメロディに対して考えようと。もうちょっと耳に残るようなメロディ・ラインを考えたし。それまでって、別に喋ってるだけでもいいや、っていう捉え方だったんで。

──音のひとつでしかなかった。

yukihiro:うん。曲のパートの構成として必要なもの。これがAパート、Bパートです、くらいの捉え方だったんだけど。でも今回はもうちょっとメロディってものを意識して。

──メロディにyukihiroさんの癖みたいなのが強く出てますよね。ダークだけどどっか綺麗というか。

yukihiro:そういうふうに思ってもらえてるなら凄い嬉しいですね。そういうものが好き、っていうだけなんですけど。どうしてもハッピーな方向には行かないから。でもそういうふうに聴かれてるなら嬉しいかな。

let's dance

初回限定盤(3曲収録)
Ki/oon Records KSCL-979 / 1,223yen (tax in)
「ring the noise」(05.10.25 shibuya-AX)を3曲目に収録
通常盤(2曲収録)
Ki/oon Records KSCL-980 / 1,020yen (tax in)

amazonで購入

purification

初回生産限定盤
Ki/oon Records KSCL-984~985 / 3,200yen (tax in)
CD+DVD(「faults」「let's dance」PV収録)+デジパック仕様
通常盤
Ki/oon Records KSCL-986 / 3,059yen (tax in)

amazonで購入

ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻