Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】オナニーマシーン(2006年2月号)- 日本でもっとも酷い(!?)ライブを収録! どーかしているライブアルバム発売

日本でもっとも酷い(!?)ライブを収録! どーかしているライブアルバム発売

2006.02.01

ウチはステージ上が一番立場が低い

イノマー:でもまあ、ライブ盤はライブ盤でいいですよね。だから普通のアルバムも、新曲が10曲くらい出来たら変にスタジオに入って録るよりも、ライブで録って出しちゃった方が楽なんじゃないかと思いましたけどね。演奏グダグダだろうけど。オナマシも6年目とかになるのに、オノチンは未だに「ドーテー島」のイントロ弾けないんですよ(笑)。今回のライブ盤を聴いてたら案の定イントロが抜けてましたから。
 
──オノチンさんは曲が始まってからコードを探り探り弾いてる時ありますからね。
 
イノマー:オノチンはコード知らないですからね。だってライブの前に、オノチンのセットリストには曲名の横に「曲の始まりがEで……」とか書いて渡してますからね、それでも弾けてないから(笑)。でも、なんか海賊版っぽくていいんじゃないですかね。まともなライブ盤というよりは、テープで売ってるヤツみたいな。前にも、オノチンが自分のギターソロの間にチューニング始めちゃった時があって、アレ面白かったなぁ~(笑)。アレも入れたかったな。初めて見ましたよ、ソロの間にチューニングするギタリストなんて。
 
──律儀なのか律儀じゃないのかわからないですよね。
 
イノマー:そんな音程気にしてる場合じゃねーだろって。でも、横にオノチンがいると見てるだけで楽しいですからね、ボクは。世界で一番好きなギタリストだし、彼と一緒にやれるっていうのは幸せですよ。そうじゃなかったら一緒にやってないですよ、あんなめんどくさい人。『恋のABC』を出した時、The ピーズのハルさんに「イノマー、いいギター見つけたね」って言ってもらって嬉しかったんだけど、ホントその通りだと思いますね。オノチンがもしいなくなったら、代わりのギターをどうするって言われても、頭がおかしい外人とかしか想像出来ないですからね。
 
──ギターがすごい弾けて、チンポを出せるっていう。
 
イノマー:「チンポ出せる外人募集」みたいな。
 
──外人が脱いだらちょっとひきますけどね。
 
イノマー:デカイからね。
 
──でもそういう意味ではドラムもそうですよね、チンポを出してても怒らないドラムって貴重ですよ。
 
イノマー:そうですね、ガンガンもいないと。やっぱドラムだけは上手くないとどうしようもないですからね。これでドラムもメチャクチャだったら収拾つかないですから。悪ふざけは三人中二人でいいのかなって。一人は申し訳ないけどプレイに徹してもらって。
 
──イノマーさんとオノチンさんが前であんだけやってる中、ガンガンさんが黙々と叩いてる姿はすごい面白いですよ。
 
イノマー:途中、ドラムの個人練習みたいになってますもんね。申し訳ないなとは思うんですけど、オノチンの着替えの時間が長いんで……。
 
──脱いでるだけじゃないですか(笑)。
 
イノマー:でもガンガン、ストリートロックファイルの「好きなドラマー三位」に入ってましたからね。オノチンはギターの四位とか五位に入ってて、ボクはベースにもボーカルにも入ってないんですよ! アレ、むかついたなー。なのに「フラれてばっかりいそう」とかは一位だし。まあ、それでいいんですけどね、ボクの立ち位置的には。
 
──ライブでの客席とのコール&レスポンスとかでも完全になめられてますからね。
 
イノマー:ウチはステージ上が一番立場が低いですからね、……平均年齢41とかなのに。これでさらに10年経って、50歳とかになっても全く同じ事やってたらすごいですよね。
 
──それはストーンズよりもすごいですよ! ある意味。
 
イノマー:大概バンドって30、40とかになると自分のルーツミュージックに帰依して、ブルースに走ったりとかレゲエに走ったりとかしてくじゃないですか。ウチは頼る物がなんにもないですからね。
 
──だからルーツのオナニーに走っちゃうわけですね。
 
イノマー:そうそう。これで60とかになってボケちゃったらもっと大変ですよ。……不安ですね、老後は。年金も払ってないし。「アリコ」とか入った方がいいのかなぁ。
 
──その辺は気にしてるんですね。まだ香酢とかも飲んでるんですか。
 
イノマー:やずやの香酢と、亜鉛と、ウコンと、アトピーの薬も飲んでるし……調子悪い時はキャベジンとかも飲んでますからね。
 
──ある意味ドラッグ漬けですよね。
 
イノマー:「オナニー、ドラッグ&ロックンロール」っていうオナニーマシーンのライフスタイルを提唱していきますよ。でも、やずやの香酢って一粒がデカイんですよ、飲みにくいんでもうちょっと小さくしてもらいたいんですけどね。その辺はオナニーマシーンのスローガンとして訴えたい所ですね。
 
──そんな事を訴えてるバンドなんていないですよ。まあ、今後も健康に気を遣いつつ……。
 
イノマー:それしかないですよね、これからは。とにかく生き延びるっていう。十代の子とかはシド・ヴィシャスに憧れて、「オレは22才までに死ぬんだ」とか言ったり、死へのちょっとした憧れとか持ってたりするけど、もうここまで来たら、どんだけ長生きするかっていう事しかないですからね。
 
──もうシド・ヴィシャスの倍くらいの年齢ですからね。
 
イノマー:だから食べ物とかにも気を遣って行かないといけないのかなって、バランスのいい食生活を考えてますよ。
 
このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻