Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】MATCHY TRIBUTE発売記念鼎談! / マーティ・フリードマン×ROLLY×宮城マリオ (2006年2月号)- 近藤真彦25周年記念、ヒット曲満載の『MATCHY TRIBUTE』リリース!

近藤真彦25周年記念、ヒット曲満載の『MATCHY TRIBUTE』リリース!

2006.02.01

 '80年12月12日にシングル『スニーカーぶる~す』で史上初めてオリコン1位デビュー、いきなりミリオンセラーの大ヒットを飛ばし、その後は国民的アイドルとして一時代を築いてきたマッチこと近藤真彦氏のトリビュートアルバムがデビュー25周年を迎えた今、遂に実現した。数々の名曲をロック・ダンス・パンク・ヒップホップ・ヘビメタ等、ジャンルを超えた個性溢れるアーティストたちによりリリースされることになった。
 今回は、このトリビュートに『愚か者』で参加しているヘビメタサンダースからMarty Friedman氏とROLLY氏、そしてホストに宮城マリオ氏を迎えて対談が行われた。今までマッチの声で聞き慣れていた『愚か者』が彼らの手によってダークに、そしてヘヴィーに変身した過程を聴くことができた。このインタビューを読むと、トリビュートを聴くことがもっと楽しみになります。(ホスト:宮城マリオ、text:やまだともこ)

傷ついたオオカミが月に吠えてる感じ

マリオ:さっそくですが、『MATCHY TRIBUTE』はどういう経緯でお話が来たんですがか?
 
ROLLY:Martyがマッチのトリビュートで何かやるってウワサで耳に入ってきて、一緒にやらせて欲しいなと神様にお願いしてたんです。そしたらオファーがあったので飛び上がって喜びました。
 
Marty:ROLLYさんと『ヘビメタさん』(テレビ東京系列で放送されていた伝説の番組)では(セッションしたり)遊んでたんですけど、今回話をもらってチャンスだなと思いました。それで、ROLLYさんに頼もうかなって思って、できあがったらすごくうまくいって自信作になりました。1曲だけなんですけど。
 
マリオ:最もパワフルな曲になりましたよね。Martyさんは近藤真彦さんのことはご存じですか?
 
Marty:正直、あまり詳しくなかったんですよ。女性ボーカルとかそういうほうが知ってるので、名前は知ってたかもしれないけど音楽までは詳しくなかったです。でも、『愚か者』を1回2回曲聴いててやりやすいなと思ったから、どうやってアレンジするかすぐにピンときました。他の曲もやる可能性があったけど、やらなくてよかった感じ。今の曲はちょうどいい感じ。僕とROLLYさんと鮎貝さんで、ラッキーな組み合わせでした。
 
マリオ:『愚か者』は作曲者が井上尭之さんってギタリストの方なんですよ。
 
ROLLY:井上尭之さんは日本で最も有名なガレージバンド、“ザ・スパイダース”のギタリスト。“ザ・スパイダース”は堺正章さんがボーカルで、ギターが井上尭之さん、もう一人ギターがムッシュかまやつさんっていうスーパーバンドです。僕は井上さんの熱狂的なファンなので、Martyが『愚か者』選んだ時点で大賛成でした。
 
Marty:やっぱギターリストが曲作るとギターに解釈しやすくなるじゃないですか。でもピアノだとフレーズがギターリストっぽくないじゃないですか。キーも違うし。だからいろいろ変わってはいるけど雰囲気は昔の曲なんだけど現代っぽくヘビメタっぽくするのはそんなに難しく無かったですよ。
 
マリオ:ROLLYさんは近藤さんに対する思いはありました?
 
ROLLY:そうね。マッチと言えば“たのきんトリオ”。“たのきんトリオ”の一員の野村義男くんは『ヘビメタさん』でわりと近くにいる感じ。僕は今回マッチ関係のパイプができたので、次はトシちゃんの何かできないかなと思うんですけど…。
 
マリオ:そしたら“たのきんトリオ”全員制覇ですね。
 
ROLLY:マッチのイメージとしては、2代目石原裕次郎っぽいですね。『嵐を呼ぶ男』なんかやったりして注目はしていましたが、自分が楽曲をカヴァーするとは思っていなかったのでいい体験でしたね。
 
Marty:この曲ってけっこう知られた曲なんですよね。
 
マリオ:レコード大賞とってる曲なんですよ。
 
Marty:かなり簡単にできたし、レコーディングもスムーズにできた。いい曲の証拠。
 
マリオ:オリジナルのボーカルは、若い男の人が背伸びして歌っている印象があったんですけど、こっちのバージョンだと、完璧にひっぱってくぜ! みたいな力強い男らしさがしてかっこよかったです。
 
ROLLY:鮎貝さんのボーカルは傷ついたオオカミが月に吠えてる感じ(笑)。
 
マリオ:負けて傷ついたんじゃなくて、傷ついてるけど勝った感じ。
 
ROLLY:永井豪のマンガに出てきそうなね。
 
Marty:けっこうパワフルだよね。
 
ROLLY:これをやらせてもらって、僕は『ヘビメタさん』って番組が大好きなので感謝してますよ。
 
Marty:曲を作るなんてチャンスがあまりないですから、そのチャンスがあってすごくうれしいですよ。スタジオの感覚も楽しかったし、楽しみながらやれた。これは最高の楽しい経験だから曲聴いたらわかるかも。
 
マリオ:『ヘビメタさん』でギター真剣に弾いてたからギターが上達したって言われてましたよね。
 
Marty:僕はね、ギターがすごく簡単になってしまいました。『ヘビメタさん』チームで作るって楽しい。
 
マリオ:『愚か者』の中間のソロ回しで最初はROLLYさんで後半Martyさんですよね。
 
ROLLY:意外とうまくつながってるでしょ。
 
マリオ:でも聴いててすぐわかりましたよ。ROLLYさんはストレートなフレーズで、MartyさんはMarty節というか…。
 
ROLLY:僕はMartyのギターがすごく好きで、“なき”の感じがちょっと似たところがあってね。何回か弾いてMartyに選んでもらったんです。ロックンロールっぽいところから入ってチェッカーズっぽいフレーズがあって。
 
このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻