Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】音速ライン(2005年11月号)- 素敵な思い出を未来へと繋ぐ『風景描写』

素敵な思い出を未来へと繋ぐ『風景描写』

2005.11.01

 まいった。実にまいった。何がって名曲ばっかりじゃねえか、と。時に激しく、時に切なく...そんな陳腐な言葉しか思いつかないわ。でもさ、音速ラインのファースト・アルバム『風景描写』を聴いて思ったのは、ごくごく当たり前の賛美の言葉しか似合わないってことだ。名盤。文句なし、以上! みたいな。大体、過去に名盤とか言われているアルバムほど、当たり前の賛美の言葉が似合ったりするもんだしね(と開き直り)。ギター・バンドっていう体裁にこだわることなく、純粋に「音楽」をただひたすらに追求している無垢な3人の姿が音に刻まれているわけで、まずそこに感動。そしてソングライター、藤井敬之が紡ぎ出す楽曲群の美しさ。すべてが絶妙のバランスで繰り広げられる、全12曲。しかも35分以下だぜ? なんて潔いんだろう。そんな彼らの姿をライヴだけで楽しむのは実にもったいないことだと俺は思うのです。がっちり聴きまくってこそ、この無垢なロック・ミュージックを奏でる"音速ライン"というバンドの全貌は理解出来ると思うわけで。
 とにかく、だ。この冬、彼らのアルバムは新しいコートや暖房機具と同じぐらいマストなアイテムだってこと。そんな彼らの魅力を少しでも伝えるべく、新作インタビューを敢行してきました。どうぞお読みになって下さいませ。(interview:スズキダイスケ/key station#)

今までのベスト盤みたいなものを作りたかった

──久々だよね。実は。
 
藤井:意外と久しぶりに会った気がする。えっと…5月ぐらいかな?
 
──いや、それは遡り過ぎだわ。
 
藤井:夏前だった気はするんだけど。
 
大久保:SONG-CRUX祭りの時以来じゃないすか?
 
菅原:少年隊とかね(笑)。かけてましたもんね。
 
──ああ、あの俺が酷いDJで参戦した時以来か(笑)。
 
藤井:ロフトのバーホールで絡まれた記憶がある(笑)。
 
大久保:俺も絡まれた。
 
──いや、それ嘘だし(笑)。確かに酔ってはいたけど。全然覚えてないや。
 
大久保:じゃあ酔っぱらっていたんじゃないすか(笑)。
 
──かもしれない(笑)。って、そんな話はもういいよ! んで、あっという間にファースト・アルバムの話なんですけどね。いやはや、早い展開ですなぁ。
 
大久保:6日間で録り終わったんすよ。TDまで終わらせましたから。
 
──えらい早いよ、それは。
 
藤井:期間決められるとね。ついついやっちゃうんですよ。
 
──ああ、なるほどね。でもさ、アルバム自体はけっこう前から取りかかってたんじゃないの?
 
大久保:全然。
 
藤井:なぁ。
 
──あ、そうなの。
 
大久保:8月ですよ。
 
藤井:それだけだよな。8月の中盤ぐらい。1曲目と最後の曲は自宅でやりましたもん(笑)。
 
──じゃあ、アルバムに関しても「こんな作品にしたい」とか考える暇もなく?
 
藤井:いや、もともとそういうのはありましたよ。結成当初から今までのベスト盤みたいなのが作りたいなっていうのはあって。出来たから良かったなって。
 
──ああ、それはそうだね。これ聴くとすっごいよく判るんだけど、音速ラインってバンドはイメージとしてやっぱりギター・バンドっていうのがあると思うんですよね。
 
藤井:そうですね。
 
──でも、そういうわけでもないんだなっていうのがよく理解出来るんだよね。このアルバム聴くと。実は色んな音楽性の元に成り立っているというか。
 
藤井:そうですよね。やっぱりね、固定されたイメージを作るのが嫌だから。シングルは判りやすく、こういう感じで出して、アルバムでは色んなことを試したいって思いは最初からありましたね。
 
──そうか、そうか。その思いは確実に形になってるんじゃないの?
 
大久保:そう思います。
 
──「逢いたい」とかはその代表格な出来だと思うなぁ。ライヴで何度か観てた曲だけど、えらいゴージャスな出来になってて(笑)。
 
藤井:生弦入れたからねぇ。
 
──印象、えらい変わったよ。
 
藤井:ゴージャスって言われたのは初めてだなぁ(笑)。
 
──いや、いい出来だしさ(笑)。
 
藤井:確かにね(笑)。ワナダイスとか好きなんで、生の弦を入れるのは昔から憧れてたんですよ。で、この曲が出来た時も生弦のイメージは最初からあったんですけど。ビートルズとかもそうじゃないですか?
 
──そうだね。中期以降は。
 
藤井:やっぱいい感じですもんね。オアシスとかもそうだし。で、とりあえずディレクターに相談してみたら「入れりゃいいじゃん」と(笑)。
 
大久保:それで入れたんです。
 
──あ、そう。なんて美しいエピソードなんだろ(笑)。ちなみに俺は今回、アルバムの中ですっごい気に入った曲が2曲あってね。その中の1曲ですよ。
 
井:あ、そうなんだ。それは嬉しい。ちなみにもう1曲は何ですか?
 
──「流星ライン」だね。
 
藤井:やっぱり。
 
──多いんじゃないかな、この曲好きな人は。
 
藤井:取材で会う人とか、みんなそうですね。
 
──なんつったって、この2曲でしょ。
 
藤井:なんかね、昨日別なライターさんには「この曲、光GENJIに唄わせたい」って言われた。
 
──なるほどね。俺はどっちかっつうとKinki Kidsなんだけど。
 
藤井:ああ。そういうカラーもあるよね。でも、どっちにしろあの辺に唄わせたら絶対にはまると思う。
 
──だって完璧に歌謡ロックじゃない。
 
藤井:そうですよね。
 
──少なくとも俺にとっては音速ラインの曲の中で最高峰かな。
 
菅原:究極に切ない部分が入ってますからね。
 
──そうだよね。それはある。
 
大久保:どんなところが気に入ったんですか?
 
──なんつったって、こぶしでしょ。
 
藤井:ははは(笑)。
 
──いや、間違いない。
 
藤井:みんな敬遠してやんないとこでしょうね。
 
大久保:うん。絶対にやんない。
 
──そうなんだよ。でもそこがいい。だってほら、歌詞見てよ(と、スズキ、メンバーに自分でこぶしの部分にしるしをつけてるところを見せびらかす。意味不明)。ここまで聴き込みましたよ!
 
藤井:はははは(笑)。
 
大久保:偉そうだな、スズキさん(笑)。
 
藤井:のど自慢大会の審査員みたいだな(笑)。
 
──それだけ気に入ったんだよ! この曲を。
 
藤井:ありがとうございます(笑)。でも、こういうのもアリなんだよってところを見せていきたかったんですよね。
 
──でもさ、俺なんかはこの曲聴いて今後の音速ラインの方向性ってこういうことなんじゃないの? って思ったりしたんですけど。
 
大久保:かもしれないですね。
 
藤井:うん。
 
大久保:でも、次のシングルはもっといいですよ。
 
藤井:そうだな。
 
──あ、もう出来てるんだ?
 
藤井:はい。
 
──いっつもそうだね。早いって(笑)。
 
藤井:はははは(笑)。
 
──いつもそうじゃん。出来上がったものに対してどうっていうよりも、「次のほうがいいっすよ」って軽く言うじゃん(笑)。
 
藤井:ははは(笑)、確かにそうだね。
 
菅原:でも、とりあえず録ってある曲はあるってことです(笑)。
 
大久保:そうだね。
このアーティストの関連記事
松本ロフト
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo