Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】ニューロティカ(2005年7月号)- 88ライダードラゴンとしてまさかの復活!!

88ライダードラゴンとしてまさかの復活!!

2005.07.01

メンバー出演中の音楽情報番組『音神GIGTV!』内のドラマから飛び出したニュー・シングル! なんと、まさかの88〈ややうけ〉ライダー再登場。しかも88ライダードラゴンとしてパワーアップしての復活なのだ! ロック・バンドとしてここまで突っ走っちゃっていいのか、ニューロティカ!? ...と心配してしまったものの、内容は特撮ヒーロー物の主題歌風の皮を被った完全なるニューロティカ・ソングだった。結成21周年を迎えてもなお一所に落ち着くことなく、ビンビンに突っ走っているニューロティカ、一体どこまで行っちゃうの!?(interview:北村ヂン)

ドラゴンに決まっとるやないか!

──今回のシングル『88ライダードラゴン』ですが、わりと急に作ることになったらしいですけど。
 
カタル:アルバムのレコーディングを先にしてたんだけど、そのアルバム用の曲作りが終わって、抜け殻のようになっている時に、シングル用に曲を作ることになっちゃったんだよね。
 
──これは完全に番組での企画が先だったんですか。
 
カタル:そうですね。『音神GIGTV!』っていう番組の中で88ライダーのドラマがあって、その中でオレが「カタル博士」っていう役だったんだけど、88ライダーが人々を勇気づける素晴らしい曲を作ってきて、オレがそれを気に入ったら改造してやるっていう設定だったんで。
 
──博士とか改造とか…この話、ドラマ見てなかったらロック・バンドのインタビューだとは思えませんよ。
 
カタル:(笑)。まぁ、それで番組用に実際はオレが曲を作ったんだけど、せっかく作るんだったら、じゃあ発売しちゃえっていう感じになったんだよね。
 
──「88ライダードラゴン」っていう名前は誰が考えたんですか。
 
シズヲ:番組MCのスマイリー原島さんが…(笑)。
 
アツシ:「ドラゴンだろ、絶対ドラゴンだよ!」って何だか判らないけどすごいイキオイでね。
 
──元ネタが仮面ライダーだったら「V3」とか「X」とかなら判るけど、「ドラゴン」っておかしいですよね。
 
シズヲ:そうだよねー。まぁ「アマゾン」辺りが近いのかもしれないけど…。
 
アツシ:でも、会議の時のあのイキオイで言われたら絶対に口答え出来ないよ。「アツシーッ! 何言っとんじゃ、ドラゴンに決まっとるやないか!」って(笑)。あんだけ強く言われたらねぇ。草野球でアウトかセーフかで怒ってる原島さんと同じくらい怖かったから。
 
カタル:もう、メンバー的には何にも参加していない状況でタイトルが決まってたからね(笑)。
 
アツシ:最初、違う名前を出してたんだけど「違うんだよー、ドラゴンだよー」って原島さんが言った瞬間に、20人くらいのおっさんが「そうだ、そうだ!」って頷いちゃって。もうそうなったらロフトの上下関係的にオレも従うしかないから…。
 
──普通、シングルのタイトルを上下関係で決めないですよ。
 
シズヲ:すごいよなー。原島さんが世界のトップに立ったら争い事がなくなるよね。
 
──デザイン的にはやっぱり「ドラゴン」ってことで、ブルース・リーのトラックスーツをモチーフにしてるんですかね。
 
アツシ:衣装のデザインはゲルググのGENちゃんだから。でもイメージ的にはブルース・リーと『キルビル』なんじゃないかな。…まぁなんにせよ、夢見たタイアップですからねー!
 
──タイアップとはちょっと違うような気がしますけど。
 
アツシ:あ、変なこと言うなよ~。オレたちの夢なんだからさー。ロック・バンドのみんなの夢を壊すなよー!
 
──「タイアップ、タイアップ」って言ってるバンドのほうが夢ないですよ(笑)。
 
シズヲ:確かにねぇ~。
 
このアーティストの関連記事
松本ロフト
ロフトアーカイブス
復刻
lpo
lpo