Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】メレンゲ(2005年4月号)- とにかく楽しく音楽をやりたいです

とにかく楽しく音楽をやりたいです

2005.04.01

メレンゲ 眩しく瑞々しい新曲『君に春を思う』、 そして初の新宿ロフト・ワンマン決行!  前作『初恋サンセット』より待ちに待った待望のシングル・リリース。その間、日本全国へライヴ・ツアーを実施したり、初の渋谷CLUB QUATTROワンマンを実施したり、様々な人と接することによって、新曲『君に春を思う』に辿りついた彼ら。日常のささいな出来事、誰にでも感じることをメレンゲ節が強力に色づけます。またもやドラマチックな楽曲の誕生です。今年も更に素敵な楽曲を届けたい気持ちで一杯の彼らにインタビューを敢行!!(interview:Hiroko Higuchi*)

今までと違うことを書きたいという意識が強かった(クボ)

──『Rooftop』に登場するのは久しぶりですね。今回は、来月に控えている新宿ロフトにて実施するワンマン・ライヴと出来たばかりの新曲についてお話を聞くことが出来たらと思います。まずは、みなさんの最近の近況をお聞かせ下さい。
 
クボケンジ(vo, g):曲作っていますね。常に曲作りモードですね。
 
──2人は?
 
タケシタツヨシ(b):リハしたり、リハしたり(笑)。
 
ヤマザキタケシ(ds):毎日リハしています。
 
タケシタ:クボ君が書く新曲を待っています(笑)。
 
──出来たばかりの新曲『君に春を思う』を聴かせてもらったんですけど、キラキラした作品だなぁ~という印象を受けました(笑)。
 
クボ:キラキラしてみました(笑)。
 
──この曲はいつ頃出来たの?
 
クボ:今年の1月ぐらいには。でも、結構最近の作品なんですよ。今年に入って「さぁ! 新曲を作るぞ!」ってなって。
 
──前々から思っていたのだけど、クボ君はいったいどんな時に歌詞を書いているの? 人柄を知っているだけにとても気になるんだよね(笑)。今回の歌詞もキラキラしているし。
 
クボ:一緒にいるとそんなことないもんね(笑)。歌ではそういったことを歌っていたいというのはあるかなぁ。言葉に出来ないことかもしれないけど、みんな持っているものだと思う。俺達は言葉に出来るよっていうだけで。
 
──新曲『君に春を思う』はあっさりと出来ましたか?
 
クボ:キーワードが生まれるまでにえらい時間がかかってしまった。今回は前向きなものにしたいなぁというのがありました。今まで前向きな曲ってそんなに書けてなかったので、今回は、中でも一番前向きな曲だなぁと思います。今までと違うことを書きたいという意識が強かったです。
 
──新曲『君に春を思う』って、春をイメージしながら書いたの?
 
クボ:春が来たから聴きたい曲を作るつもりはなかったですよ。1年中を通 して、気持ちが春でありたいという感じを出したくて。春に聴くだけの曲にはなっていないと思う。
 
──瑞々しい感じがしてね。私にはとても眩しい(笑)。何度も言うようですが、こういった曲を書けるクボ君が不思議です。二面性があるよね?
 
クボ:何かね、音楽をする時はそうなるんですよね。普段まで少年っぽくなれないというか、歌は歌でありたいというか。日常は日常としてあって。
 
──今回の新曲にはプロデューサーは立てたんですか?
 
クボ:立ててないですね。
 
──自分達でやってみようと…。
 
クボ:そうですね。自分が思っていることをそのまま1回やってみようと…。この1年はそういったことでやってみたいなぁと。まぁ、変わるかもしれないんですけど。
 
──そして、カップリングとして起用された楽曲は、以前発表した「ムカデノエキ」ですね。何でこの曲を起用したの?
 
クボ:「ムカデノエキ」は流通を広げて出したことがない曲なんですよ。
 
──レコーディングし直したんですよね?
 
クボ:はい。以前参加した『midnight charm』のテープに参加した曲ですよ。いつか出したいなぁと思っていた曲で。なかなかタイミングがなくってね。カップリングだったら、1曲目と差別 化出来るかなぁって。
 
──今回はこの2曲入りとしてリリースされるんですね。「ムカデノエキ」は随分と前の曲だよね。
 
クボ:むちゃくちゃ前ですね。3年ぐらい前かな。
 
──今回この2曲をレコーディングした上で気を使ったことは?
 
クボ:ミックスですかね。キラキラさせるということにこだわってみたりしました。
 
──個人的には今までで一番キラキラ度が強く感じたよ。
 
クボ:それはコンセプトとしてあったかな。
 
──2人はどうですか?
 
ヤマザキ:今回はあまりひねったりすることなく、何も考えずにやったという感じかなぁ。第一インスピレーションを大事にしたいというか。昨年はレコーディングのスタイルもいろいろと経験したので、今回そういったことも良いのかなぁと。 
 
タケシタ:今まででこういったノリのベースを僕はやったことがなかったので、やり慣れてない部分があったんですけど。それをどのようにノリを出すかを大切にしながらフレーズを作りました。
 
──これから、ジャケットやらPVやらが順々にあがってくるかと思うんですけど、イメージはありますか?
 
クボ:ジャケはね、デザイナーさんとイメージを話し合って。PVはまだかなぁ。まだイメージがなくって。逆に周りの人からイメージが欲しいぐらいなんだよね。
 
──このジャケを見たら“メレンゲだよね!”って判るような感じ?
 
クボ:それはあるかもね。
 
──今回も前回同様、Central67さんに担当してもらうんですか?
 
クボ:そうですね。前のジャケもそうだったんですけどね。出来る限り、お願いしたいデザイナーさんです。
 
──前回『初恋サンセット』もとても素敵なジャケットでした。女の子をモチーフにしたジャケットやPVがとても印象に残っています。
 
クボ:今回はさすがに女の子ネタも尽きたので(笑)、そろそろ違うものを出したいなぁと。
 
──僕らはそろそろ違う切り口をしようかなぁと。
 
全員:そう!
 
──新曲を聴く限りだと、そういったアプローチは感じたよ。
 
クボ:“CDでいかに聴かせるか?”を考えて作ったところはありますね。
 
このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻