Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】 怒髪天×THE BACK HORN(2005年3月号)- フィーリング・カップル4対4爆笑鼎談!

フィーリング・カップル4対4爆笑鼎談!

2005.03.01

激しく繊細!(坂詰)

松田晋二×坂詰克彦
──では、ドラムのお2人は?
 
松田:俺はまだ力任せや若さのエネルギーでごまかしてる部分もあるんですけど、坂さんは貫禄が音に出てるんですよね。みんなが使ってるライヴハウスのドラム・セットでも、坂さんのドラムはちゃんと坂さんの音になってる。実際、丸裸になった時にごまかせない感じが好きですね。俺もまだまだ経験を積まないと…って思います。
 
増子:ホントそうだね。坂さんはバンドやって20年で、去年やっと自分のドラム・セットを買ったからね(笑)。
 
坂詰:う~んとね、松田くん!
 
松田:ハイ。
 
増子:何で名前を呼んでんだよ(笑)。
 
坂詰:えぇ~、ヘヴィ&タイト! 激しく繊細!
 
増子:えッ!? キャッチコピー?(笑)
 
坂詰:そういうのを合わせ持っていて。激しくありながらも、冷静に全てをコントロールしてるような感じです。ライヴを観ると、そういうのが伝わってきて、俺に持ってないものをたくさん持ってらっしゃる!
 
松田:いやいやいや。
 
坂詰:勉強させてもらってます。
 
松田:そんな(笑)。なんかドラムをやってると、栄純みたくバカになりきったらヤバい! っていうのがあるじゃないですか?
 
増子:ドラムがバカになって凄いスピードだったら困るよ(笑)。
 
坂詰:でも、ひとつバカになるところを持ってないと。どうでもよくなるのは簡単だからね。
 
増子:オッ!
 
坂詰:いいこと言うでしょ?
 
菅波:いいこと言いますねぇ。
 
増子:自分で訊いちゃったよ(笑)。やっぱり、バックホーンはリズム隊の重なり具合も面 白いんだよね。
 
上原子:うん、重いよね。
 
増子:ステレオタイプのロック・バンドでは考えられないような感じだからね。
 
松田:バンドの中ではドラムもリズムを叩いてるだけではなく、キャッチーなフレーズもあったり、抑揚感があってギターの後ろでもひと味出したいなって。でも、怒髪天を聴いてもその感じはありますよ。
 
増子:4ピースをやる上で大事なことだよね。各楽器が何をできるか? っていう。下からの支えがちゃんとなかったら安定感もなくなるし。それができないと、音源でキッチリ聴かせられないからね。
 
菅波:あと、今3ピースのバンドって一杯いるじゃないですか? だから4ピースでちゃんとやってるバンドって貴重だなとも思ってて。
 
増子:俺もギターを“ギューン!”ってやって、両ヒザついて滑り込みてぇもん、フライングV持って(笑)。
 
上原子:フライングVはムリムリ(笑)。
 
──最終的に“いい歌”を聴き手に届かせるために、それぞれのパートが過不足なく役割を全うしている点は両バンド同じですよね。
 
増子:うん。やっぱり、このメンバー4人でやってることに意味があるからね。
 
菅波:奇をてらったりすることがないのが、俺らと近いんだろうなぁと思いますけど。
 
増子:そんなことしてもしょうがないもん。4人でやれることをやらなきゃ。グラグラ煮えたぎる感情さえあれば、何でもできると思うしさ。今さら…俺らなんて特にそうだけど、何かに憧れてっていうことはもうないからなぁ…。
 
坂詰:いや、あるある!
 
一同:大爆笑
 
増子:話が変わってるじゃん!(笑)
 
松田:憧れだけでやってたら、ある程度到達した時点で終わっちゃいますからね。
 
増子:そう。それじゃ続くわけないよ。
 
菅波:俺が怒髪天をいいなぁって思うのは、匂いで感じてるところがあって。俺は体臭が出てるバンドが好きだから。もしも、俺らの音楽を聴いて「体臭が嫌いだ」って言われたら諦めがつくんですよ。でも例えば、オーデコロンをかけて「その匂いが好きだ」って言われて近寄って来たとして、いざセックスする時に汗かいて体臭で嫌われたら、もの凄く悔しい。なら最初から“この体臭が俺の匂いだ!”っていうのだったら、やっていることの軸がブレないのかなって。そこだけはいつも意識してますね。
 
増子:ホントそうだね。自分達が面 白いと思うことをそのままやりたいからやるっていうことだよね。それが「間違ってる」と言われようともね。そういうバンドは絶対にいい曲を作ってると思うんだよ。
 
松田:昔、増子さんが「アーティストを憎んでも、曲は憎まず」って言ったじゃないですか? あれ、凄い名言だなぁと思っていて。どんなバンドでも「カッコはダサイけど曲はいい」って言えるような音楽の聴き方をしたいなぁって。
 
増子:まず、“憎んでる”って言った時点でどうかと思うけどな(笑)。
 
松田:ははは。でも、そういうの大事ですよね。
 
増子:うん。…ね、坂さん?
 
坂詰:(急に目をまばたきさせて)…ハイ。
 
増子:もう眠たくなっちゃってるよ(笑)。
 
このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻