Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】ストレイテナー(2005年2月号)- 初のワンマンツアー敢行!

初のワンマンツアー敢行!

2005.02.01

1stフルアルバム『LOST WORLD'S ANTHOLOGY』から1年。ついに2ndアルバム『TITLE』がリリースされた。前作から、ベースには日向氏(現ZAZEN BOYS)が加わり、以前にも増してさらに重量感のある音を響かせている。また、ホリエ氏の作る詞は楽曲の世界をより鮮明に、そして映画を見ているかのようにストーリーを想像させる。 今回アルバムをリリースし、初のワンマンツアーを行うということで、ホリエ氏に直撃インタビューを敢行! ライブ中の彼らの実態はつかもうにもつかみきれないところが多いのだが、素顔は意外と話しやすく、終始なごやかなムード(?)でお話を聞くことができました。(interview:やまだともこ)

 

あうん度が高まりました

──昨年2月号のROOF TOPにストレイテナーさんが掲載されているんですが、日向さんが加入したりという直後でもあり、そこから約1年ということで、今のストレイテナーというのはホリエさんから見てどうなんでしょう?
 
ホリエ(vocal&guitar)バッチリですね。最初からバッチリだったんだけど、“あ・うん”度が高まったように思います。僕がアコギで曲を作ってバンドでアレンジするとき、何も言わなくても固まって行くんですよ。
 
──思ったことを言わなくてもみんながわかってるっていう状態?
 
ホリエ:そうです。
 
──日向(bass)さんもバンドにも慣れたというか…。
 
ホリエ:スキルもあるし、ムードメーカーでもあるしイイ感じですね。3人になって前よりも…うるさくなりましたね(笑)。
 
──じゃあ今バンドの状況ってすごくいいんですね。そこで、今回のアルバムは日向さんが入ってからの2作目になるんですよね。
 
ホリエ:ファーストの時は曲を作るあたりまではナカヤマ(drums)君と2人でやってたから、ベースは骨組みがある上で入れてもらったんですよ。でも今回は土台から全部やってもらって気持ち的に全然違いました。楽曲的にも変化はあると思いますよ。未完成なところからアイディア出し合ってるから今までにない展開をする曲もあるし。
 
──私は今回一番最後の曲「KILLER TUNE」が新しい感じがしてすごくいいなと思いました。
 
ホリエ:コレはボーナストラックで完全に僕の趣味なんですけどね(笑)。オリジナルバージョンのワンフレーズをループさせて、ギターとか効果 音とか足して作ったんです。「KILLER TUNE」をシングルで出したから、そのままアルバムに入れてもつまらないし。初期衝動でできた曲ですよね。なんかに似てると言われても文句の言えない初期衝動。昔から聞いてくれてる人には懐かしいし、最近の人には新しいかもしれないですね。
 

アルバムにはありのままのアイディアを詰め込んでます

──では、アルバムのタイトルを「TITLE」にしたのはどんな意図があったんですか?
 
ホリエ:もともと短い単語一言で題名付けようと思って、これが閃いたんですよ。このアルバムを表していると思いますね。自信もあるし、「無題」とか「UNTITLE」っていうのはよくあるんですけど、題名が「TITLE」っていうのはね。まわりがやってないことをやりたいと思ったんですよ。
 
──制作期間はどれぐらいでした?
 
ホリエ:レコーディングは2ヶ月ぐらいですね。リズム隊は最初の1週間ぐらいでやって、その後ギター入れたり歌入れたりミックスやったりっていうので2ヶ月間ぐらい延びてるんですよ。
 
──順調には進んだんですか?
 
ホリエ:はい。ある程度作ってからスタジオに入るんで、迷ったりとかしないですしね。あとは、思い通 りにできるまでやり続けます。妥協しちゃうと上がってきてからめちゃめちゃ後悔しますから。
 
──確かにそうですよね。ではアルバムが出来上がって手応えはいかがでした?
 
ホリエ:わりとゆっくり作れたし、すごくいいアルバムだと思いますね。
 
──以前シングルでリリースされている「TENDER」(M-4)をリテイクしようと思ったのは?
 
ホリエ:ん~。ちょっと悔いがあったのかな。アルバムにはもちろん入れようと最初から思っていたんだけど、出したい音が明確にあったから、その音に録りたいっていうのがあって。より「TENDER」の世界が出せたと思います。
 
──あと、「泳ぐ鳥」(M-3)も気になった曲で、これは唯一英語詞なんですね。
 
ホリエ:曲が最初にできて、英語じゃなきゃかっこよくないだろうって思って…。無理に日本語に変えなくてもいいかなと思ったんですよ。それでタイトルが日本語なのは遊び心というか…。でもすごく溶け込んでると思うし。
 
──アルバム全体の流れとしてもいいですしね。
 
ホリエ:そうなんですよ。あと、流れと言えば「TENDER」の詞の頭が「12月」っていう言葉なんですけど、前の曲の「泳ぐ鳥」の詞の最後が「DECEMBER COME」で繋がってるんですよ。そういう流れはまだあるんですけど、アルバムタイトルが『TITLE』じゃないですか。それで1曲目の「SAD AND BEAUTIFUL WORLD」の詞の頭が「題名~」っていう言葉で始まっているんですよ!!
 
──おぉ! ホントだ!!!! これは意図的に?
 
ホリエ:後から気付きました(苦笑)。
 
──(笑)。ではこういう繋がり以外に、このアルバムを制作する前に考えていたことってあります?
 
ホリエ:ファーストアルバム出したときにそれまでの僕らの持っているものを全部出し尽くして、今回は日本のバンドもそうだし、海外のバンドも取り入れて消化するっていうことを考えました。
 
──ということは、1から新しい気持ちでやれたんですか。
 
ホリエ:はい。
 
──海外のバンドを取り入れたということなんですが、最近ホリエさんがよく聞いているのはどんな音楽ですか?
 
ホリエ:いっぱいありすぎてどれとも言えないんですけど、昨年1年では北米のインディーバンドかな。やさしいカンジでリズムを打ち込んで入れてみたりとか、ギターの音がクリーンだったりするんですよ。だから今回そういうものをやってみたくて『LOVE RECORD』(M-9)を作ったんです。あと、1曲目『SAD AND BEAUTIFUL WORLD』なんかはドラマティックに展開していくかんじだし。
 
──やさしい曲と言えば、ストレイテナーの曲は激しい中にもやわらかさがあると思いますが。
 
ホリエ:昨年はやさしい曲が作りたい心境だったんですよ。でも今年はがつがつせめていきますから(笑)。
 
──それはそれで楽しみですね。では、今回レコーディングをするにあたって気を使ったことってあります? ライブでやることを前提に作ったとか。
 
ホリエ:それは考えなくもないけど、だからと言ってとらわれることもないですね。ライブでできなかったらできなくてもいいし、ライブで良くならなかったらやらなければいいだけで。レコーディングの時はアイディアをありのまま全部詰め込んで、ライブでやることは後で考えてます。
 
──そういえば、今回は重たい曲とポップな曲が入り交じってるという印象を受けましたが。
 
ホリエ:僕は全編ポップだと思うんですよ。でも今回はよりドラマティックさが増してますね。クリーンな音で悲しいと美しいの両方を表現してますし。あと、エレピの音は僕が弾いてるんですよ。普段はギターやベースだけだからやっぱりそれだけで雰囲気がガラっと変わるんですよね。
 
──そうですね。じゃあもしこの曲をライブでやるとしたらどうやるんですか?
 
ホリエ:考えてないですね~。ライブではやらないかもしれないです。
 
このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻