Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】FULL MONTY(2005年2月号)- PxBxR=PUNKxBRASSxROCK!! さあ足を鳴らせ たった一つの自分である為に

PxBxR=PUNKxBRASSxROCK!! さあ足を鳴らせ たった一つの自分である為に

2005.02.01

ライヴ1本1本をどれだけ大事にできるか

──いわゆるパーティー・バンド的な側面は“納得するまでバカをやる”が信条のFULL MONTYにとって非常に重要な部分だと思うんですが、本作ではもっと自分自身の内面 を見つめ直したような、より深みのある作風に変化してきていますよね。前作『WILL』から幾分そんな兆候は見られましたが…。
 
KEITARO:単純にパーティー・バンドとしてではなく、ちゃんと自分達のメッセージ、自分達のスタンス、楽曲、そういうのもライヴでしっかりと表現していけるバンドになりたいですね。騒いで盛り上がったからOKってわけじゃないんですよ。自分達の弱みもさらけ出していかないと。僕らはそんなに強い人間じゃないし、もっともっとそれを含め、ライヴやCDでお客さんと接することができて、楽しいだけじゃダメだし、逆にどんなことに対しても楽しいことって必ずあるはずだし、それをお互い見つけながらやっていきたいです。だから、バカをやるってことも勘違いされないように伝えなきゃ、ってのも感じています。
 
──「見上げた空は曇り 一人ぼっちの迷い道」(「迷い道」)のなかだけれども、 「今を感じ 振り返るその足下に 見つけた道しるべ」(「道しるべ」)へ向かって、それでも前へ歩いていこうとする揺るぎない強い意志が全編に貫かれていますね。絶望に正面 から向き合った人間だけが感じ取れる希望の光…みたいなものが、本作の主なテーマじゃないかと思うんですが。
 
KEITARO:(笑)それだけだと、ものすごくカッコいいですね!! しかしそうだと思うんですね、悪いことが起こるから前向きに考えることができるし、その悪いことを自分でちゃんと理解して消化して、それから前向きにやっていかないと、本当に僕らはただのバカになってしまいますからね。そのなかで希望の光を見つけようとするか、しないかだと思うんですね。小さな問題だろうが大きな問題だろうが、人それぞれで重要度は違うし、だからこそ考えなきゃダメだし、考え過ぎもダメだし。こう思うって素直さ、見直す勇気、そういうのは大事だと思います。
 
──スピード感、爽快感、パワー感、グルーヴ感も、これまで発表されてきたどの音源よりも格段に増しているし、バンドとしてのまとまりがよく出た作品になりましたね。サウンド面 で今回気を留めた点はどんな部分ですか?
 
KEITARO:やはり5人としてのバランスですね。その5人のバランスでFULL MONTYらしさって出てくると思うんですね。誰かを前に出す時は、誰かが引っ込む、皆が皆でしゃばるんじゃなくて、5人として、歌として何処までお互いが判り合えるか、そこを一番気にします。僕らは皆自分大好きっ子なので、大変ですが、お互い理解もしてます。個々の音も良い音を出せてると思うし、誰かの邪魔をしない音作りってのも考えました結果 がこの『PxBxR』です。
 
──これまで以上にコラース・ワークにこだわったのは、バンドとして新機軸ですよね。
 
KEITARO:そうですね。僕らには今回重要でした。その辺は変わったというか、FULL MONTY的に成長したと感じて欲しいです。一番挑戦してみたところですね。いい感じのバランスだし、表現はできたと感じています。5人としてできる音の厚みを増やしたかったし、その部分を強調したり、単純にここに入ったらいいよね~って話しながら決めていきました。ホーンとのバランスが難しかったですね。
 
──FULL MONTYの真髄はやはりライヴでこそ発揮されるものだと思いますが、それにしても全国57ヵ所のツアーを敢行したと思えば、またすぐにアルバムのレコ発ツアーが現時点で32本も決定していて…(笑)。これだけの本数のライヴをこなすのは、やはりFULL MONTYがあくまで“現場主義”を貫く故ですか?
 
KEITARO:ツアーやライヴハウスにこだわりすぎるのも嫌なんですね。ライヴハウスは自分達が育っている場所ですし、大事にしていくことは当然で、まだ全国のライヴハウスに恩返しもしていないし、今後もやっていきたいと思ってはいますが、大きい場所などでもやっていきたいんです。ただそれが現状でできるのか? というと、正直そうでもないし、ライヴに関してやりたい場所などはたくさんあります。ライヴはやって楽しいですしね。ただライヴを数多くやれれば良いって問題でもなく、どれだけ1本1本を大事にできるかだと思うんです。ダラダラ100本やるぐらいだったら、年間10本とかをキッチリやりたいし、本数では決してないです。
 

ライヴハウスからこの世界を変えていく

──ライヴでのダイレクトなファンの反応に励まされることも多いでしょうね。
 
KEITARO:もちろんです、正直ありますよね。皆の反応がないと不安になってくる時もあるし、だからと言って不安なままステージに立てないし。自分達だけ満足して、お客さんを置いていくわけにいかないですしね。皆が僕らの曲を聴いて、良かった!! とか、元気になります!! とか言われるとやっぱ嬉しいですし、逆にそういう声で僕らもやんなきゃな!! とか、皆に元気を与えるだけじゃなく、皆からも元気は貰ってるよって曲もあります。僕らもいつまでもテンションが高い人間ではないですし、皆が落ち込む時があるように、僕らも落ち込む時はありますからね。ぶっちゃけ大事です。
 
──そこまでライヴにこだわり続けるFULL MONTYだからこそ、「LIVE HOUSEの夜」のような歌にも説得力があると思うんですよ。「LIVE HOUSE そうここから 届く君のその声が/この世界を変えていく 時が果てるまで」という…。
 
KEITARO:変えることは僕らだけじゃ単純に無理があるんですね。皆の声であったり、ライヴハウスの声であったり、スタッフの声であったり、そういうのがウマい具合に重なれば、どんなジャンルでさえ、変えていくことができると思っています。僕らが育った場所、リアルタイムで感じられる場所としてライヴハウスってのが一番近いし、最初は小さいかもしれないけど、ここからできることってたくさんあると思っています。単純に想い出の場所にしたくないですしね。そこから次のステップに行きたいと思っていますけど、まずはここからだとも思っています。そのなかで皆と過ごす空間で楽しい夜を僕らは過ごしていきたいって感じです。
 
──ライヴに臨む際、一番気にかけるところは?
 
KEITARO:ん~、何でしょうね?(笑) 集中してるけど、如何に力を抜けるか。力を抜くって言い方は悪く聞こえるかもしれませんが、手を抜くってことじゃなく、リラックスですね。実際は100%なんだけど、それを80%でやるみたいな…判りづらいですか? 特別120%出そうとも思わないし、手を抜くなんてことはしたくない。毎回が100%だけど、次に繋げる余力も残しとかないと、次のステージで100%出せない、僕らはそんなバンドなわけです。あとは、その日の体調、状況がどうであれ、自分達を出すってことでしょうか。
 
──自主企画『極』が来たる2月18日の渋谷club asiaで遂に30回を迎えますね。もう一方の自主企画である『KNOCK OUT NIGHT』もまた復活させて頂きたいところですが、それぞれのイヴェントの趣旨を改めて聞かせて下さい。
 
KEITARO:『極』は単純に好きなバンド、カッコいいと思うバンドに出演してもらい、バンドもお客さんも楽しめるイヴェントにしたいです。全国各地にカッコいいバンドって年齢関係なくたくさんいるし、今後もいろんなバンドに出演してもらいたいと思っています。いろんなバンドが“出たい!!”って思ってくれるイヴェントにしたいですね。『KNOCK OUT NIGHT』は、友達なんだけれども、ただ仲が良いだけでなく、お互い刺激し合ってライヴしようよ!! どっちが勝つか? 負けるか? みたいな感じで、結局勝ち負けって決められないんですけどね。お互いが勝ったと思ってるし。単純にお客さんも好きなバンドを長い時間観たいだろうな~と思って、じゃあ2マンはどう? って感じで始めました。
 
──ツアーに次ぐツアーの日々ですが、2005年のFULL MONTYの展望を。
 
KEITARO:ん~、秘密です!! やりたいことはたくさんありますが、まずは目の前の問題などをちゃんと消化していきたいですし、焦りたくはないですね。きっちりライヴして、そのなかでまた曲作りもするだろうし、曲があれば、出したいアルバムが出来れば出すだろうし、海外でもライヴやってみたいんですけどね~。大きなイヴェントや学園祭にも出してもらいたいし、けど声が掛からないし……ヨ・ン・デ・ク・ダ・サ・イ~~~!! 個人的な今年の抱負はもう制覇してしまったので、あとはバンドのみに集中します!!
 
──最後に、ツアーで訪れる全国のファンへメッセージをお願いします。
 
KEITARO:初めての人とかが多いとは思いますが、とにかく今回のアルバムを聴いて足を運んでもらいたいです!! ライヴに来てもらえれば、もっと理解できて一緒に楽しめると思います。今回のアルバムのツアーはツアー・ファイナルを決めていないので、皆のところへも行くことができると思いますし。逆にいつ終わるか判らないので、スケジュールをガンガンチェックして、近所に遊びに来て下さいね!! 今年は昔の曲もやるし、コアなお客さんから、新しい方まで楽しめると思いますよ!! ぜひ皆さん遊びに来て下さいね!!
このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻