Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】髭(2005年1月号)-初のワンマン・ライヴを新宿LOFTにて遂に決行!!

初のワンマン・ライヴを新宿LOFTにて遂に決行!!

2005.01.01

「髭ちゃんですよ~」。一度観たら忘れられない、妖艶でありながらとことんロックを追求するバンド・髭(HiGE)が、1月30日、新宿ロフトにて遂に待望のワンマン・ライヴを決行する。2004年は精力的にライヴをこなした彼らに2005年1発目となるインタビューで、魅惑の根元(笑)。須藤寿を徹底解剖!? 髭ちゃんのつかみどこない魅力が少しずつ紐解けてくる......かも!(interview:和田富士子)

今年はすごくいい音源をプレゼント出来ると思う

──2005年1発目のインタビューと言うことで、髭ちゃんにとって2004年はどんな年でしたか?
 
斉藤祐樹(guitar, piano):楽しい1年だったすね。メンバーもみんな健康で元気に音出して過ごせたのは良かったです。
 
──今まで行ったことない場所にもライヴで行ったりして。
 
須藤 寿(vocal, guitar):そうですね。地方はだいたいどこも初めてだったんですよ。そういう意味ではいろんな人に会えてすごく良かったと思ってます。
 
──昨年の10月にはミニ・アルバム『BATTLE OF MY GENERATION』も出ましたね。
 
須藤:あれは“おひさしぶり”的な感じで。そういう意味合いというか、すごい気軽だった気がするんですけど。
 
──2004年のリリースは実はその1枚だけなんですね。話題が多かったせいもあって、てっきりもう1枚くらい出してたかと思ってました。
 
須藤:音源出してみてびっくりしたのが、作ってから発売されるまでがすごい時間があるということ。俺達はもっと早いタイミングで完成したものを聴いているから。俺は完成したら1週間後にはみんなが聴けるものなのかと思ってました。そういうタイムラグに驚かされましたね。
 
──(笑)。そう考えると1年があっという間だったんじゃないですか?
 
須藤:あっという間ですよ。あっという間におじいちゃんですよ、このまま。
 
──実は、今またレコーディング中っていうお話を伺ったのですが。
 
須藤:もう俺は今までの中で一番興奮しているんだけど。単純にいい感じで出来ているんです。今回は新しく絡む人達ばっかりなんだけど、それがすごく相性がいいなっていう。
 
──何合目くらいまで出来上がっているんですか?
 
須藤:今ちょうど真ん中? 5合目くらいですかね。どうなるか判らないけど、ただ、今年はきっとみんなにすごくいい音源がプレゼント出来るような気がして。
 
──その曲はライヴで既に聴けている曲もあったりするんですか?
 
須藤:そうですね、今度出すのはライヴで聴いてもらっているものとか、今までインディーで出したものとかもリメイクしたりして。もっと多くの人達に聴かせることができることになるかな? と思っているんですけど。
 
──ん。なんかそれいい話っぽいですね(笑)。
 
斉藤:だから、今まで作って来たもののベスト盤的な意味合いもあったりして、それを今めいっぱい集中して作ってて。春頃には聴いてもらえると思います。
 
須藤:で、すごいわくわくしてる。
 
このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻