Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】ONE FOR ALL(2004年11月号)- 型に収まらない比類無き音楽性

型に収まらない比類無き音楽性

2004.11.01

 Oi/SKINSとしてのプライドを胸に抱きながら、ジャンルに囚われない活動を繰り広げているパンクロックバンド ONE FOR ALL。活動期間の長さのわりに、今まで単独音源のリリースのなかった彼らが、満を持してアルバム「ROCK LOVE ROLL」を完成させた。力強く、男臭いサウンドを基本にしながら、様々な要素を取り入れ型に収まらない比類無き音楽性は、今後の飛躍を否応にも熱烈に期待させる。(interview : 北村ヂン)

合わせた瞬間にバッチリだって感じた

──バンドの結成はいつ頃なんですか。
 
SHINJIN:2000年ですね。でも、今のメンバーになってからは一年くらいです。
 
──「Oi UNITED NATION」(Oiバンドオムニバス)に参加したのも2000年とかですよね。
 
SHINJIN:そうですね、組んですぐだったから。あの頃はフル・スキンズバンドだったんですけど、今は大分変わりましたね。ベースは三代目で、ドラムは二代目で。ずっとやってるのはオレとギターのGOだけなんで。
 
──当時はモロOiサウンドでしたよね。
 
SHINJIN:そうですね。元もとオレはスパイキージョーっていうバンドをずっとやってて、全国を回ったりしてたんですよ。その時に色々なスキンズのバンドとも出会ったりして、こういうバンドをやりたいなって思ってて、それで作ったのがONE FOR ALLだったんで。それから色々メンバーチェンジを繰り返して、今みたいな形になっていますけど、元もとはOiがやりたくて組んだバンドですね。
 
──今回のアルバムなんかでは割とロックンロール色が強く出てきてますが。
 
SHINJIN:そうですね。前から、Oiとロックンロールを混ぜたいっていうのがあったんですよね。多分前に比べるとイキオイも出てると思いますよ、リズム隊が変わったこともあるし、速い曲もやるようになったし。基本的にはロックバンドなんで、Oiだとか、パンクだとか、変なこだわりなしに自分らはやって行きたいと思っているんで。そもそもそんなこだわりを持ってたら今のメンバーじゃやれないですからね。
 
──自分のやりたい音楽に素直に進んでいった結果こうなったという。
 
SHINJIN:まあ、やりたい事って言うのは基本的に変わってないですよ。自分の中でのパンクロックをやりたいっていうだけだから。別にこれ聴いたからこういうのやりたいとか、新しい音楽がやりたいとか、そういう気持ちはないからね。大体新しい音楽知らないし。未だにCOCK SPARRERとかSTIFF LITTLE FINGERSとかばっかし聴いてますからね。オレはパンクがやりたくって、それでオレと一緒にパンクがやりたいって言ってくれる人がいて。今のメンバーはホントにベストって感じでいいんじゃないですかね。
 
──JOEさんが入ったきっかけは何だったんですか。
 
JOE:オレは前にLAST TARGETっていうバンドをやってて、それを辞めた時に「さあ、これからどうしようかな」って思ってたら、お誘いがあったんですよ。それでスタジオで一回合わせてみたら、ガッツリ来たんで「コレだ」って。
 
SHINJIN:合わせた瞬間にバッチリだって感じたよね。
 
JOE:スタジオの中での空気がすごいんですよ。SHINJINさんの歌と、GOさんのギターと、TAMさんのドラムと、オレのベースがガッとぶつかり合って。その、空気がガチッと来たときの熱さがすごく楽しくて。
 
SHINJIN:それまで、ベースが抜けてからは、オレがベース弾きながら歌ってた時期もあったんだけど、やっぱりそれだと限界があるわけじゃないですか。そこで彼が入って弾いてもらったら、やっぱり餅は餅屋だなって思いましたね。ベースはベーシスト。ボーカルはボーカリストなんだなって。
 
──ONE FOR ALLの楽曲ってリズム的に変わったこともやってるから、弾きながら歌うのは大変そうですしね。
 
SHINJIN:でしょ。だから、出来ない曲とかもあったしね。今回のアルバムも、パッと聴くとストレートに聴けるんだけど、実はリズム隊とかすごい凝ったことをやってたりするし。同じストレートなパンクをやってても、ただ単にAメロ・Bメロ・サビって並べてダーッとやっている曲と、すごい考えてやってるんだなっていう曲って聴いたら絶対違いますからね。
 
──かといって、変にややこしい事をやってる感は感じさせてないですよね。
 
SHINJIN:それはもちろんそうですね。曲自体は普通のパンクロックというラインは外さずに、でも一曲作るのに時間はかけてますね。最初、オレはすっごいシンプルに作って来るんだけど、今のメンバーは個人個人で引き出しもたくさん持ってるし、腕もあるから、このメロディーに、どんなリズムが合うのか、どんな展開が合うのか、とか毎回ああでもない、こうでもないって言いながら練ってますね。だからホント、新曲作ってる時の空気は悪いですよ(笑)。でもそれだけに、一曲一曲でかなり思い入れがあるんで、捨て曲になるような曲ってないと思う。捨て曲になるくらいならその前にボツになってますからね。今回のアルバムは12曲入ってるんですけど、どの曲を入れるのかっていうので随分悩みましたね。
 
──やはりそれは今のメンバーになって音楽的な振り幅が広がって、選択肢が増えたからこそってところでしょうね。
 
SHINJIN:そうですね。今のメンバーになってからだから、こんなに揉めるの(笑)。
 
──普通、考えて作った曲ってやたらと展開があったり、長くなったりするもんですが、そこでシンプルにまとまっているっていうのはすごいですよね。
 
SHINJIN:ウチの場合は曲を練ると言っても、どんどん削っていってるんですよ。出来るだけコードを使わないようにして、メロディーを乗っけて。展開にしても削っていく作業ですね。曲の中で何が一番言いたいかって言ったら、やっぱり大サビの部分なんでであって、いかにそれを効果的に聴かせるかっていうところに集中してますね。一点豪華主義で。
 
──今回音源を出すに当たってなんでタイガーホールから出そうと思ったんですか。
 
SHINJIN:きっかけっていうのは、よく企画に呼んでくれるSET YOU FREEのチバくんが「何で単独音源を出さないの、作った方がいいよ」って言ってくれて。でもオレら別にレーベルも知らないし、以前自分もレーベルやってたりもしたんだけど、そこから出す金もないしっていうところで、チバくんの知り合いのレーベルを紹介してくれたんですよね。その中でタイガーホールを選んだっていうのは、ここは長くつきあえるレーベルなんじゃないかなって思ったんですよ。タイガーホールって抱えているバンドは少ないんだけど、そのバンドがずっとタイガーホールからセカンド出して、サード出して…ってやっているイメージがあったんで。それにISHIKAWAさんの日記を読んでいると、ずっと前に出したバンドなんだけど、ちゃんとイベントに遊びに行ってたりしてて、こことは長くつきあえるかなって。でも、ISHIKAWAさんが最初にライブ観に来た時は全然いい反応じゃなかったんだけど「チバが言うから観に来たよ」くらいの感じで(笑)。でも、それから色々話をしているウチに「じゃあやってみようか」っていう感じで決まって。 ぶっちゃけ最初会った時は軽い人なんじゃないかと思ってたんですけど(笑)、レコーディングの時にはアドバイスも的確だし「さすがだなー」って思いましたね。雑誌とか読みながら聴いてるのに、ちゃんと「今のはダメ」とか、自分たちが気付かなかったような不協和音とかを指摘してくれたり。…初めて聴いたくせに…。それだけ音楽を知ってる人なんでしょうね。
 
──今のメンバーでのレコーディングは初めてだったんですか。
 
SHINJIN:オムニバス用に一曲だけ録った事はあったんですけど、長いことやるのは初めてですね。
 
──レコーディング中は揉めませんでしたか。
 
SHINJIN:全然揉めなかったですね。第三者(ISHIKAWA)が入るレコーディングっていうのが初めてだったんで、最初はイヤだなーって思ってたんですけど(笑)。逆に、居てくれたことによって場が和んだし、煮詰まることなくスムーズにやれましたね。最終的にはすごく早く終わって丸々一日空いちゃいましたからね。じゃあ飲みに行こうかって…。それでいて、出来上がった物に一個も妥協はないですからね。今回、自分の中でのジャッジっていうのがすごく楽に出来たんですよ。今までは歌ってても、ここがちょっと…とか自分のパートの細かい所にばっかり目が行ってたんですけど、今回はバンド全体のサウンドとして広い目で見てのジャッジが出来ましたね。だから今までずっと「CDよりは絶対ライブの方がいい」って思ってたんだけど、今回はライブと同じくらいアルバムもいいと思ってますよ。
 
──今まであまりレコーディングとかは好きじゃなかったんですか。
 
SHINJIN:うん。…だからこそ単独音源を今まで出してなかったのかもしれないですね。あとは、このメンバーになるまではなかなかバンドの体勢も固まってなくてツアーにも行けないし、土日しか活動出来なかったりして、今のメンバーになって、やっとバンド中心の生活が出来るようになったっていうこともありますね。
 
──今後の活動は。
 
SHINJIN:とにかく、色んなバンドと一緒にライブをやっていきたいですね。カッコイイバンドってジャンルとか関係ないですからね、要はみんなロックバンドじゃないですか。オレだって、いつもスキンズバンドばっか聴いてるわけじゃないし。出してる音が良ければいいわけですからね。今のONE FOR ALLにしても、メンバーの歳もバラバラだし、元もと聴いてきた音楽とかもバラバラだし。でもこの四人が一個になってウチのバンドの音を作り出しているわけだから、そこで変なこだわりはなくてもいいかなって思ってますね。自分個人としては、スキンズだっていう意識はすごい持っているけど、ONE FOR ALLは別にスキンズバンドだって言われなくってもいいしね。
 
──自分はスキンヘッドでも、メンバーにまで「髪剃れ」とは言わないと。
 
JOE:(笑)
 
SHINJIN:そういうスタイルは好きにやってくれればいいからね。JOEは前、LAST TARGETっていうストリートパンクバンドをやってたんだけど、JOE的にはONE FOR ALLはストリートパンクだって思っててもいいし、彼の中のロックな部分と、自分のロックとが一致すればいいだけだから。
 
JOE:まあ、ウチはホントにどんなバンドとでも一緒にやれますからね。この間なんて、18、9のメロコアバンドの企画に呼ばれて出たりしましたから。
 
──それもすごいですね。どういうきっかけだったんですか。
 
JOE:同じ練習スタジオを使ってるバンドだったんだけど、そのスタジオがすごい音漏れするんですよ(笑)。それで、そのバンドがいつも外で漏れてくる音を聴いて、カッコイイと思ってくれてて、それで誘ってくれたんですよね。
 
──そのイベントは他のバンドも同じような年代のバンドだったんですか。
 
JOE:そうですね。
 
──その中、一個だけ異常に年齢層が高いという。
 
SHINJIN:絶対この中で一番年上だなって思ったもん。ライブハウスの店長含めて(笑)。でもライブやってみたら「結構若い子相手でもいけるかな?」って思ったんだけど。
 
──反応はよかったと。
 
JOE:ああいうイベントにもたまに出たいですね。
 
SHINJIN:イベントに呼んでくれるところには、どんなのでも極力出たいと思ってるんですよね。だって呼んでくれるっていう事に悪意はないでしょ。
 
──まあ、ジャンルにこだわってもしょうがないですからね。
 
SHINJIN:そういう面では常にオープンマインドでいたいなとは思ってますね。ただ、そこで「なんでもいいや」っていうことじゃなく、バランス良くこだわりは持ってやっていきたいですけど。
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻