Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】 THE TURN-TABLES(2004年10月号)- いっつもお互い褒め合ってるからね、このバンドは

いっつもお互い褒め合ってるからね、このバンドは

2004.10.01

 PEALOUTのTAKAHASHI(Dr)、KONDOH(B&Vo)、LONESOME DOVE WOODROWSのTARSHI(Vo&G)、JIGHEADのRYOTA(G&Vo)というスペシャルなメンバーによるパーティー・ロックンロール・バンドTHE TURN-TABLESが衝撃的なファーストアルバムをリリース! これは一体壮大なジョークなのか!? マジなのか!? 遊びだからこそ出来るロックがあるのか!?  (interview : 北村ヂン)

──みなさんそれぞれ他にバンドを持っているわけですけど、何でこのバンドをやることになったんですか。
 
TAKAHASHI:郡山のイベントにPEALOUTが誘われてたんですけど、諸事情で出れなくなっちゃったんですよ。でも、行かないのは悪いなぁ~と思ってて、電話で「じゃあバンド組んで行きます」って言っちゃったんですよね。
 
TARSHI:その発想がそもそもおかしいよ。他にバンド紹介するとか出来なかったの?
 
TAKAHASHI:なんか他に選択肢を思いつかなくって…。そしたらあっちも「それいいっすねー」ってすごい乗って来ちゃったんですよ。で、しょうがないからまずTARSHIに電話をして、それからRYOTAさんを紹介してもらって…って感じですね。
 
TARSHI:そんでRYOTAくんからKONDOHを紹介してもらってね(笑)。
 
TAKAHASHI:そうそうそう(笑)。ベースは誰もいなかったんで…。
 
RYOTA:オレとKONDOHくんは昔からの友達だからね。新宿の馬券場で…。
 
KONDOH:お互いミュージシャンっぽい格好してるなぁ…なんて思ってて。
 
──どこまで本当なんですか…。まあ、そうやってメンバーが集まって、じゃあ何やろうかって話になりますよね。
 
TAKAHASHI:呼ばれてたイベントっていうのがパーティーだったから、カバーバンドを作ってやれたらいいなって思ってたんで、みんなそれぞれやりたい曲を二曲ずつ持ち寄ったんですよ。
 
──誰がどの曲を持ってきたんですか。
 
KONDOH:結構バラバラだったよね
 
TAKAHASHI:ルースターズ持ってくる人がいたり、クラッシュ持ってくる人がいたり、ジョニー・サンダース持ってくる人がいたり…。
 
TARSHI:みんな結構共通項があるから、現場で「ああ、あの曲もあるじゃん」みたいな感じで増えていったしね。
 
RYOTA:世代が一緒だもんね。
 
KONDOH:だから全然ピント外れっていう曲を持ってくることはなかったね。
 
RYOTA:いきなりレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンとか持ってこられても、オレ弾けないもんな。オレ、コピーってあんまりやったことがないからね。TARSHIはよく知ってたから、大体どの辺持ってくるか予想できたんだけど、PEALOUTの音楽性って割と複雑じゃない、オレ達に比べて。…だから、そういうの持ってこられたら困るなぁ~って思ってたんだよね。
 
TAKAHASHI:オレも正直、みんなどんな曲持ってくるのか、ちょっとドキドキしてたけどね。
 
TARSHI:でも、奇をてらったものとかはなかったよね。
 
──パンクベストに入ってそうな選曲ですからね。
 
RYOTA:だから、一回も聴いたことない曲ってなかったな。
 
TAKAHASHI:全部家にあるよ。
 
RYOTA:でもわざわざ(TAKAHASHIが)MDに録ってくれたんだけどね。…聴かなかったけど(笑)。
 
TAKAHASHI:今初めて聞いたよ、ショック! 録んなきゃよかった。
 
RYOTA:だってオレの家、MD聴けねぇんだもん!
 
KONDOH:まあ、聴かなくてもやれるような曲をみんな持ってきたんだけどね。
 
──それでまず最初のライブをやったんですよね。
 
TAKAHASHI:去年の九月にやって…ちょうど一年前だね。それがすっごい楽しかったんだよ。ライブ終わった後にライブハウスの近くの焼き肉屋に四人で行って…。
 
TARSHI:網を囲んでセカンドステージをね。
 
TAKAHASHI:その後ISHIKAWAさんも合流して。
 
ISHIKAWA(TIGER HOLE):オレが行った時には、その焼き肉屋に客がこの四人しかいなかったんだけど「ウヒャヒャヒャヒャー」って、妙に盛り上がってて…。
 
KONDOH:この四人でいるのが新鮮だったっていうのもあるし、楽しかったんだよね。
 
TAKAHASHI:それで、もう一回くらいやってもいいかなっていうノリになったんだよ。
 
──「もう一回」っていうのが、なぜ音源をリリースするまでに至ったんですか。
 
TARSHI:それはもう五人目のメンバー(ISHIKAWA)が…。
 
ISHIKAWA:こんな楽しそうだったらやろうよって言ったんだよね。
 
TARSHI:ここには金の匂いがするって(笑)。
 
──それからはどれくらいのペースで活動していたんですか。
 
TAKAHASHI:イベントに呼ばれたらライブやるっていう感じで、三ヶ月に一回くらいやってましたね。だからやるたびに曲を覚えなおしって感じで…。「PIPELINE」ですらみんな弾けなくなってたからね(笑)。ようやくこの夏に東名阪のツアーをやって、普通 にライブがやれるようになったんだけど…。
 
RYOTA:レコーディングやるとバンドって上手くなるっていうじゃん…ホント思ったね。
 
KONDOH:キャリア何年目にして思ったんだって感じだけどね(笑)。
 
──オリジナル作ろうっていう動きはいつ頃出てきたんですか。
 
TAKAHASHI:七月にレコーディングだったんですけど、その前にPEALOUTが六月半ばにレコーディングやってたんで、かなり忙しかったですね。
 
TARSHI:しかもアルバム作ることになってから、曲を作り始めたからね。
 
TAKAHASHI:かなりギリギリだよ。曲作りからレコーディング終了まで一ヶ月だったから。
 
── 一ヶ月! それは早いですねー。
 
TAKAHASHI:名盤作る時ってこんな感覚なのかなって思った。デビューのファーストってすごい集中力でいいアルバムが出来ることがあるじゃない。それってそういう感じなんだろうなーって初めて感じた。
 
KONDOH:初めてって…言っちゃったよ(笑)。
 
ISHIKAWA:もう、レコーディングはヤバかったよね。タイトな雰囲気は微塵もなかったもん。
 
TAKAHASHI:スケジュールはめちゃくちゃタイトだったけどね(笑)、七日間だもんなー。
 
KONDOH:しかも全員が揃う日っていうのがあんまりなくって。
 
ISHIKAWA:一日10時間としても、実質は五時間くらいしかやってなかったしね。
 
KONDOH:さらに、一人は五時間くらいやってるのに、一人は十時間なーんにもしてないとか…。
 
TAKAHASHI:オレ、一日中絵しか描いてない日とかあったもん(笑) 。
 
一同 (爆笑)
 
──絵ってなんなんですか?
 
ISHIKAWA:AKAHASHI画伯が描く絵が、死ぬ ほど面白いっていう話になって、みんなで次から次にお題を出して描かせてたんだよ。
 
RYOTA:オレは見たことなかったんだけど、みんなが「すごいすごい」って言うからすっごい気になるじゃん。それでコウモリとかハムスターとか描いてもらったら、それがもう…本当にすごくって(笑)。
 
TARSHI:ホント、破壊力があるんだよね。TAKAHASHIはレコーディングやっていない時には大抵ロビーで絵描いてたもん。
 
KONDOH:しかもドラム録りは最初の二日しかやってないからね。残りはずーっと絵を描いてたんだよ。
 
TARSHI:特にRYOTAくんがすごい気に入ってたよね。スタジオのロビーで絵を握り締めて悶絶してたもん(笑)。
 
TAKAHASHI:「時間がもったいないからオレがギター入れしてる間にこれ描いておいて」ってお題だけ出してスタジオに入って行って、戻ってきたら見て笑ってるっていう繰り返しだった。時間がもったいないっていう意味が全然わかんないけどね。まあ、それでプレイのテンションが上がってくれるんだったらね。
 
RYOTA:上がったよ~、あれは。オレ、40年生きてきてあんな笑ったの初めてだもん。
 
ISHIKAWA:画伯の絵はCDジャケットの中にもいっぱい描いてありますんで、よろしく(笑)。
 
──しかし…、レコーディングの思い出はTAKAHASHIさんの絵しかないんですか。
 
ISHIKAWA:あとは、近所のそば屋の大盛り定食かな。
 
TARSHI:量がとにかくすごいんだよ。
 
TAKAHASHI: マヨネーズ頼むとボトルで出てくるし(笑)。
 
──イヤ、もうちょっと音楽的な話を…。
 
ISHIKAWA:音楽的には、とりあえず遊べた感はあるんじゃないの。
 
TARSHI:遊べたね。「ここはこうじゃなくちゃいけない」みたいな制約なしでやったから。
 
──自分たちのバンドイメージみたいなものを気にせずやれたって感じですか。
 
KONDOH:自分のバンドだったら、ベタ過ぎてやんないだろうっていう事も、このバンドでは敢えてやってたもんね。
 
TAKAHASHI:「これどうかな~?」って思っても、みんなが笑ってたらオッケーかなって。
 
TARSHI:もうベッタベタで、カッコワリー…っていう。
 
──でも、結局の所そういうのが好きなんですよね。
 
RYOTA:そうそう。だってTHE TURN-TABLESっていう名前からして…ありえないもん(笑)。
 
一同 (爆笑)
 
TARSHI:THE TURN-TABLESっていう名前いいんじゃない派と、ありえない派で別れたからね。
 
──誰が考えたんですか。
 
TARSHI:それはリーダーが…。
 
TAKAHASHI:クラブイベントで呼ばれたから、そういうイベントでターンテーブルに載っかるような曲をやるバンドってことで「THE TURN-TABLES」…これでオッケー! …みたいな。
 
RYOTA:最初聞いた時はね…ホント、ビックリした。まあ、一回くらいだったらいいかなって思ってたんだけど…。
 
TARSHI:でも、こう言ってるRYOTAがライブでは「オレたちがTHE TURN-TABLESだ!」って胸張って叫んでたからね(笑) RYOTA ライブはね…。まあでも名前はともかくとして、曲は格好いいからいいんじゃないかな(笑)。
 
──リズム隊の二人は普段から一緒にやってるわけですけど、PEALOUTで合わせているのと感覚的に違いましたか。
 
KONDOH:うん、なんか新鮮だったな。「TAKAHASHIのドラムっていいなぁ~」って(笑)。
 
TARSHI:いい話だねぇ~。
 
TAKAHASHI:オレもKONDOHっていいベーシストだなって思った(笑)。KONDOHから「今日のドラムよかったよ」って夜中にメールで送られてきたんだけど、急に褒められちゃったから驚いて、返事出せなかったよ。
 
TARSHI:いっつもお互い褒め合ってるからね、このバンドは。
 
──THE TURN-TABLESは今後も定期的に活動していくんですか。
 
KONDOH:どうなの?
 
TAKAHASHI:とりあえず、年内はライブが決まってるんで。
 
TARSHI:オレらが知らない間に決まってるんだけど(笑)。
 
TAKAHASHI:みんなのスケジュール聞かないでオレがオッケーしちゃってるんで…。
 
KONDOH:もしかしたら決まってるライブにオレら出られないで、他のメンバーになってるかもしれないからね(笑)。
 
TARSHI:そうだよ、メンバー変わってるかもしれないよ。
 
──そのシステムも、また新しいですけどね。
 
TAKAHASHI:来年のインタビューでは「広島のイベントに誘われてたんですけど…」とか言ってるかもしれない。
 
TARSHI:ホントにやりかねないからなぁ~…。
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻