Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】NICOTINE(2004年10月号)- 国境を超えた"SESSION"を経て、更なる世界標準へ──!! 

国境を超えた“SESSION”を経て、更なる世界標準へ──!! 

2004.10.01

多彩なゲストが友情参加した豪華な“SESSION”

──今回はゲスト陣も豪華ですよね。VANDALSを始め、NEW FOUND GLORY、GUTTERMOUTH、HOME GROWN、DEATH BY STEREOのメンバーが参加してて。
 
HOWIE:ゲスト・ミュージシャンは最初から予定してたわけではなくて、YASUが友達のミュージシャンと電話で話してるうちに“明日、来るって言ってるよ”“あ、判った。オッケー”って感じで。
 
──曲に関しては、どんな反応なんですか?
 
YASU:“いい”って言ってくれましたね。ウォーレンがさ、必ず『ティダ』(『太陽〈ティダ〉の樹の下で~THE TREE OF THE SUN』)を聴かせるんだよね。
 
HOWIE:“これ、面白いんだよ”って言いながら。
 
YASU:そう、さも自分が考えたかのように(笑)。
 
HOWIE:でも、『PREJUDICE』が一番反応あったかな。“やられた!”っていうか、“この曲は、どうやって書いたんだ?”とか訊かれて。
 
NAOKI:あと、どんどんアイデアを出してくるんですよ。“ここにこんなコーラスを入れようよ”とか。
 
──NICOTINEの曲が好きなんでしょうね、かなり。
 
YASU:っていうか、友達だから(笑)。でも、パンク・バンド同士だったら、お互いにそうするのが当たり前だし。
 
HOWIE:こっちに来たら面倒みてやろう、っていうのがあったみたい。車もわざわざ日本車なんだよね。“ミツビシ~!”とか“トヨタ!”とか言いながら、日本車で乗り付けてたから。
 
──なるほど。まさに“SESSION”って感じですね。
 
HOWIE:このタイトルはね、マスタリングのスタジオで、お腹が痛くてトイレに行った時に思い浮かびました。スタジオって結構警備が厳重なんだけど、スタジオに入ろうとすると、必ず“何のセッション?”って訊かれるんですよ。あっちって、“レコーディング”って言葉は使わないんですよね。みんな“セッション”って言ってて。
 
──日本で言う“セッション”とは、意味合いが違う?
 
YASU:日本で“セッション”って言うと、“共演”って感じになるのかな。向こうはね、人が集まって何かをやると、わりと何でも“セッション”って言うんですよ。こういう取材とかも“セッション”って言うんじゃないかな。
 
HOWIE:PVの撮影も“セッション”だし。
 
YASU:で、今回のアルバムはホントにいろんな人が参加してるじゃないですか。ウォーレンはもちろん、たくさん友達が来てくれて。だから、“セッション”って言葉は合うんじゃない? って。ふさわしいタイトルだと思いますよ。今までみたいに自分達だけでやってたら、“セッション”って感じじゃないから。
 
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻