Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】THE STREET BEATS(2004年10月号)- 結成20年を経てもなおロックンロールの最前線に立ち続ける意味

結成20年を経てもなおロックンロールの最前線に立ち続ける意味

2004.10.01

今まで書いた曲よりいいものが出来なければやめたほうがいい

──φKIさんとSEIZIさんはどうですか? 2004年にTHE STREET BEATSをやってる気分というのは?
 
φKI:どうだろうね。やってるのが当たり前で、他に何もないわけだから、俺達には。これがなかったら…っていうのは全く想像できない。だから、“BEATS IS OUR LIFE”っていうタイトルを付けた、っていうのもあるしね。この言葉はライヴの途中で叫んだんだけど、これがバーンとひっかかって、そのままタイトルになって。
 
──異常な説得力がありますよね、このタイトル。
 
SEIZI:これはいつも継続して思ってることだけど、明日のステージが終わったあと、“今日が今までで一番恰好良かった”って言われたいっていう気持ちがあって。今年はそのことを再確認させられることが多い。
 
──この前、THE MODSの森山(達也)さんに取材させてもらったんですけど…。
 
φKI:うん。
 
──「俺は音楽以外では、全く使い物にならない」って言ってましたよ。
 
φKI:全く同感です(笑)。俺も音楽以外のことは全くやったことがない。バイトもしたことないんだから、社会復帰は無理。他の選択肢は、あり得ない……それは“仕方ない”ってことではなくて、自分で選んだことだから。それを続けさせてもらってるというのは、ありがたいことだと思います。感謝ですよ、ホントに。自分がいくら一生懸命やってても、誰にも響かなければしょうがないし。自分達のバンド活動がしっかり形になっていて、いつも次の展開が待ってるっていうのは、凄く幸運なことだと思ってます。今はツアーのリハをやってるんだけど、今年中にはレコーディングに入って、来春くらいには新しいアルバムを出したいと思っているので。ロック・バンドとしては、これ以上素晴らしい流れはないですから。
 
──新しい曲をどんどん聴きたいですからね、ファンとしても。
 
φKI:うん、曲作りもやってるんだけどね…(と言いつつ、額の汗をふく真似をする)。
 
──やっぱりしんどいですか、新曲を作るのは?
 
φKI:しんどいっていうかねぇ…。もの凄くたくさんの断片とかフレーズが頭のなかでとっちらかってて、それをまとめる作業なんですよ、曲作りっていうのは。あれもやりたい、これもやりたいってことばっかりで、何にも形になってないっていう時期ですね、今は。それはしんどくもあり、楽しくもあるんだけど、まぁ、自分が試される時ですよね。今まで書いた160曲よりいいものが出なければ、やめたほうがいいわけだし。
 
──どんどんハードルが高くなる。
 
φKI:そうです。もちろん勝算があるから、挑むわけですけど。俺達に出来ることっていったら、いい曲を作って、聴いてくれる人に何かしらの力強さとか、前に進み出す勇気を与えてあげることなので。
 
──ロックが必要な人って、確実にいますからね。
 
φKI:うん、必要な人には必要ですよね。少なくとも、自分にとっては必要ですから。
このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻