Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】吉村智樹(2004年10月号)- 頭おかしいと書いて【東京】と読む

頭おかしいと書いて【東京】と読む

2004.10.01

VOWマシーン登場!で路上観察人口(女子)増加中!

──今WEBでは【日刊 耳カキ】と【excite ブログ】と【街のヘンなモノ!VOW(携帯サイト)】の三つサイトをやられていますよね。
 
吉村:携帯は僕の作品じゃなくて一般からの投稿なんですけど、このIT革命がVOWにめちゃくちゃ影響しているんですよ。exciteblog一日のアクセ ス数は5000ですよ。なんで今頃流行っとんねん、って思いますけど(笑)。とにかくね、カメラ付き携帯の普及ってすごいんですよ。今までVOWって男 社会やったんですよ、カメラを持ち歩くなんてね。で、こんだけ日本中の街を掘り起こして、もうネタないでと思ったら、カメラ付き携帯が出来てから女性の 投稿が増えたんですよ。今、半分以上女性ですよ。デジカメですらまだ男社会やったのに。例えば自分の家の近所に面 白い看板があったとしても、女性ってわ ざわざカメラ持ち歩いてそんな写真撮ったりしないじゃないですか。ところがカメラ付き携帯だと撮るんですね。しかもすごいのは、写 真撮るじゃないです か、もういきなり携帯の文字でキャプションを書けるんですよ。で、送信! VOWマシーンですよ、これ。
 
──確かに(笑)。でも携帯サイトってことは月額費用もかかるんですよね?
 
吉村:最初この企画を始めた時に“今単行本しかないVOWに誰も送ってきぃへんで”言うて、仕込み入れなあきませんねって言ってたら、全然そんなことなく て。もう泣く泣くボツにする作品とか出てくるんですよ。ここに来て路上観察の人口が一気に増えているんです。またそれをネットにアップできるじゃないで すか。
 
──そうすると同業者が増えてしまいますよ(笑)。
 
吉村:もう大歓迎ですよ! だって日本中行けませんからね」
 
──あぁ! 逆に各地に特派員がいると思えば。
 
吉村:そうなんです。それにね、これが腹が立つのが東京からの応募がすごい少ないんです。東京ってVOWの宝庫なんですよ! なのに東京からの応募が少な い。なんでかっていうと、東京の人らってやっぱり傍観者なんですね。“まぁ笑わしてもらおうじゃないの”みたいな。いや、そんなことないねん、東京に いっぱいあるねんて。っていうこともイベントで訴えたいんですよ。東京こそですよ、ほんま。こんなに商業地域があってね。よく“大阪の看板は面 白いですね、やっぱり大阪の庶民の笑いでおかみに対しての反骨精神みたいなのが看板に現れているんですかね”って感じで、インタビューを受けるんですよ。あほな こというな、東京がめちゃめちゃ多いんや! って。東京の一駅一駅全部歩いてみてください。ほんまにすごいですから。東京って頭おかしいですよ。それを訴 えたいですね、イベントで。
 
14_01.jpg
これアパートですよ。アパートの郵便ウケ(個人用)。
これどこやったか忘れたんですけどね、アパートの入り口に各自の専用のポストがないんですね
 
──東京は頭おかしいぞ、と。
 
吉村:頭おかしいと書いて【東京】と読むくらいの。
 
──ちなみにストックとかどれくらいになるんですか?
 
吉村:ストックは──おもろいかおもんないかは別にして、1万はあるでしょうね。大体年間100枚が及第点。そこから更に次回のイベントにも使えるものと 言ったら10枚くらいですね。だからイベントをやるたびに新ネタやるねんけど、やっぱり旧作とリンクしていく写 真が多くて、前のイベントでやった写真も いっぱい残るんですよ。そうするとなんかウナギ屋が戦前からのタレを継ぎ足し継ぎ足しやっているみたいで(笑)、どんどんイベントをやる度に濃くなって いくんですよ」
 
──じゃイベントに向けて言っておきたいこの一言、ありますか?
 
吉村:僕だけじゃないんですよ。まったく無名のカメラマンで屯田(名人)っていう元蟻地獄のメンバーが動物面 白写真をものすごく持っているんですよ。で、生 きているものでもVOWがあるっていうのを楽しんでもらえるんじゃないかなと。だから動物好きな人が笑えるコーナーもあります。あとコメンテーターがほ とんどモダンチョキチョキズのメンバーなので、モダチョキのファンも楽しいんじゃないかなと思います。フィリップくんとか、結構久々にステージに上がる んで。そういう楽しみもあったりしますから。あと写真を持ってきてくれたらステージに上がってもらって。
 
──お! 持参コーナーありですか。
 
吉村:アリです。あと初めての試みとしては、今まで映写 機でやってたんですが、さっきITの話もしましたが、今回初めてパワーポイントでやるんで、今までと 違って近づいたりとか、並べたりとか出来るんで、見せ方もちょっと工夫を。看板の写 真を撮り歩くっていうアナログな行為とITがリンクしているというの を、実践してみたいなと。大失敗したらどうしよ。パソコンでの上映ってやったことないんですよ、一回も(苦笑)。でもほんまにパソコンとか進化してか ら、こっち関係の呼び声がものすごい増えた。一時期自分の中でも“VOWとかもうええで、ダサいで”って思っていたんだけど、そんなことはなくて、IT のソフトとして十分。もう楽天が球団作るくらいだから、もう一回VOWでもう一周してみようかなと思って。
 
このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻