Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】INSK@UT(2004年10月号)- INSK@UT 超弩級のポップでカラフルでハッピーな衝撃!!

INSK@UT 超弩級のポップでカラフルでハッピーな衝撃!!

2004.10.01

DOMINO88のKeyossieが主宰するレーベル"P.O.S"期待の有望株、それがこの女性ヴォーカルを含む男女混合7人組ブラス・ポップ・バンド、INSK@UTである。プロデューサーにKeyossieを迎えて制作されたファースト・ミニ・アルバム『GET HAPPY』は、極めて単純明快なアレンジがどこまでもポップで親しみやすいメロディに彩 りを与え、スピード感溢れるホーン・フレーズがいい塩梅に緩急を付けたメリハリある好作品に仕上がっている。スカの門外漢ですら問答無用にサのヨイヨイと楽しめるこんな大らかな音楽を真面 目に論じても野暮なだけなので、早速フロントマンの2人の話を聞くことにしましょう。(interview:椎名宗之)

楽しくて勢いのある音を重視して詰め込もう

──こうしてINSK@UTの名刺代わりとなる1枚が完成して、どうですか。
 
SHINY@(Gt, Cho):レコーディングはDOMINO88のKeyossieと大騒ぎしてバシバシやってたんで。苦労してひとつのアルバムを作り上げたっていう達成感みたいなものはありますね。
 
SAE(Vo):Keyossieがまるでお父さんみたいにみんなをまとめてくれてたんで、凄くやりやすかったんですよ。こっちは好き勝手にやらせてもらって。
 
──Keyossie氏のプロデューサーとしての手腕はズバリ、どうでしたか?
 
SHINY@:プロデューサーと呼ばれる方と関わったことが余りないので基準がよく判らないんですけど、プロデューサーっていうのはきっとこんなものじゃないんだろうなぁ…というか(笑)。
 
──(笑)。でも、レコーディングは円滑に進んでいったんですよね?
 
SAE:いやぁ…いろいろありましたよ(笑)。
 
SHINY@:決して円滑とは言えなかったですね。ホーン録りあたりで一部揉めたりして(笑)。
 
SAE:ある日、スタジオに着いた途端、Keyossieにカンペを見せられて“ホーンのみんなをどうにかしてくれ!”って(笑)。
 
──プロデューサーもサジを投げたわけですね。全然“GET HAPPY”な雰囲気じゃないですね(笑)。
 
SAE:今振り返ると笑い話なんですけどね。でもあの時はとにかく真剣だったんで。
 
──だけど、メンバーが7人もいればまとまるのが大変でしょうね。
 
SHINY@:個性強いのが多いですからね。奥底はネガティヴなタイプが実は多いのかもしれませんけど、基本的にはバカな連中なんで。僕ら2人は比較的まだマシなほうですよ。まともなほうの1位 、2位かってくらいで。あとは本当に…才能のあるバカどもですよ(笑)。
 
──INSK@UTにはバカの精鋭が集結している、と(笑)。
 
SHINY@:ええ、バカのサラブレッドですね(笑)。
 
──どういう経緯を経て今のメンツになったんですか?
 
SHINY@:もともとは、INSK@UTの前身にあたる女性ヴォーカルのバンドを僕がやってまして。そのバンドをやっていく過程でいろいろとメンバーが替わって、今のヴォーカルのSAEとドラムのTECCHINとサックスのTAICHIが入りまして。その後バンドはすぐに解散してしまったんですけど、何人かで“もう1回やろうよ”って話になって。それからベースやホーンを募集して、2年前にINSK@UTを結成したという感じです。だから前のバンドの末期は今のINSK@UTと音楽的にも近いものがありましたね。
 
SAE:学校の友達でもないし、仕事の同僚でもないし、何というか微妙な関係なんですけど、バンドの仲間ってやっぱり一緒にいて楽しいですよね。普通 だったら出会えないような顔ぶれですからね。私はステージの一番前で唄うからメンバーの姿は見えないんだけど、後ろを振り向けばみんないるし、横を向くと暴れてるし(笑)、面白いですよ。このメンバーでいると安心しますね。
 
──結成当初から今のようにポップでカラフルなサウンドを目指していたんですか?
 
SHINY@:最初はそれほど深くは考えてなかったんですけど、曲を書いていくうちにポップで楽しい感じの曲ばかり溜まっていったんですよ。どうやらそういうタイプの曲しか書けない人間のようで。
 
──本格的なレコーディングというのは今回が初めてですよね。
 
SHINY@:そうですね。オムニバス用の音源を1~2日で録るのは今まで何回かあったんですけど、半月くらい時間をかけてミックスまで立ち会うのは今回が初めてですね。
 
──収録曲はどれもライヴではお馴染みのナンバーばかりで。
 
SHINY@:はい。結成からずっとライヴでやってる曲を中心に、少し新曲も書き下ろしたりしながら8曲入れました。
 
──どの曲も明るくポップで単純明快というか、Keyossieの意図する“P.O.S”のカラーにピッタリのサウンドですね。
 
SHINY@:まぁ、彼のレーベルの趣旨も、どこへ行こうとしているのか僕らもよく判ってないんですけど(笑)。DOMINO88との相性という面 ではわりと近いものは感じますけどね。とにかく聴いて楽しめればっていう部分を狙ってるところとかは。
 
──ライヴでもそれは貫かれてますよね。小難しいことを考えるのではなく、とにかく楽しんじゃえ、っていうか。
 
SHINY@:そうですね。“コイツらバカだな”って思われながらお客さんに楽しんでもらえればいいし、面 白おかしくやってますね。ここまで開き直ってやってるバンドも今時なかなかいないんじゃないかと我ながら思いますよ(笑)。
 
──そういうライヴでの勢いをアルバムに封じ込めるのって、なかなか難しいですよね。
 
SHINY@:確かにそうですね。キレイに録れたものよりも、楽しくて勢いのある音を重視して詰め込もうっていうのはKeyossieとも話してたんですよ。失敗した部分もあえて残そうとしたりして。そういう未完成的なドタバタしたところもしっかり表現していこう、ってことで。…まぁ、言い訳としてそう書いておいて頂ければと(笑)。
 
ロフトチャンネル
平野悠
keep the rooftop
どうぶつ
癒されたいカルチャー
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻